« ちょっとそこまで | トップページ | 10年ひと昔ふた昔・・・ »

お大寒さま

 おねげえしますだ。お慈悲でごぜえますだ。というような寒さが続く、よくぞ寒中とはいったもの。今年も比較的寒さにしろ雪の量にしろやや穏やかかと思っていたのだが、そうはいっても寒中、大寒を過ぎてというものなのかと。

 東京あたりも例によって雪だというので大変な騒ぎになっているわけだが、まあ普段降らない、凍らないところというのはそういうものであろうし、まあそれは仕方ないのだろうけれども、それにしてもの大騒ぎという感想はあながち間違いでもなかろうと思う例年のお定まり。

 正直こういう雪の降り方をするのは春先の特徴ともいえて、この冬の始まりがいきなり早くやってきたことを思うと春の訪れは案外早いのかもしれないとも思う。まあそれにつれて花粉の季節もやや早まるのかなどと不安もつきないけれど。

 昔に比べて楽とはいえ、また暑さも寒さもあっての季節というものであるし、それがなくなるような地球がやってきても寂しいことではあるし、さりとて燃料価格高騰の折、厳しい寒さは勘弁してほしいというのも正直なそして切実な願いであることも間違いない。

 お願いですからお大寒さま、大過なく寒中が過ぎますようおとりはからいのほど。

|
|

« ちょっとそこまで | トップページ | 10年ひと昔ふた昔・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/17795673

この記事へのトラックバック一覧です: お大寒さま:

« ちょっとそこまで | トップページ | 10年ひと昔ふた昔・・・ »