« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

bk1ポイント倶楽部

 7 月にはブリーダープログラムも終了し、魅力が薄くなっていた bk1 でひっそりと始まっていた「bk1 ポイント倶楽部」というサービス。簡単にいえば購入金額の 1% をポイント還元しますよ、というもの。アマゾンもポイントをやっているとはいえ、通常は 1% なので同等。どちらもポイントのつかないサービスや商品があるものの、どちらが魅力というほどでもない。

 当初はトップページの上部にバナーもあったが、それも今はなくなり、あまり告知らしいものもなかったので(メールマガジンにもなかったのでは?)知らない人のほうが多いのではないのか。同じ頃に行われたシステムのリニューアルに含まれていたのかとは思うのだけれど、さてどうしたいのだろう。

 正直、同等のポイントがつくのであれば、bk1 を選びたいという気持ちもある。何度もいうけれどメール便がメール便として機能しているから。アマゾンではすぐに宅配便になってしまいその点は不便。コスト削減という意味でもきっちりメール便を利用すべきなのではなどと余計なお世話をしたくなるくらいなので。

 とはいえ、もはやあちこちにポイントを分散させるくらいならアマゾンに集中させてしまおうか、という気持ちもあるわけで。

 bk1 そのものは利用価値が高いと思っているので、購入しないまでも利用はするので、まあ状況しだいということか。

 それにしても、何ゆえにこれほどひっそりと始めたのか。それは謎。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

災いの古書


4151704094災いの古書 (ハヤカワ・ミステリ文庫 タ 2-9)
ジョン・ダニング 横山 啓明
早川書房 2007-07

by G-Tools

 前作ではちょっと毛色が変わったのもあって、そろそろこのシリーズもいいかなと思っていたのだけれど、このところあまり新しいものを探索するということがなくなってしまったので、どうしても知っているものに手をだしてしまう。素直に言えば、今回はシリーズ1作目と似たような雰囲気ということでそこそこ楽しめたといえるか。

 といって、今回はさほど古書に関する薀蓄のあれこれが出てくるというほどではない。ごく一般的なところにとどまっている、というかカギのひとつではあるが、とりたててということではない。

 物語の展開そのものは楽しめたのだけれど、どうにも冗長すぎるきらいが強くなった。弁護を依頼された女性との面会についても、意図したものではあるのだろうけれど、あまりに煮え切らない繰り返しばかりなので読んでいて嫌になることがあるくらい。全般にそのもっさりした感じが続くのでもっと短くてもよかったのではないかと思ってしまうのが難点のひとつ。

 さらには、事件の真相が途中でほぼ見えてしまうので結末のあたりが妙にうそっぽく見えてしまうのが残念。結末の部分の描写などはどう考えても無理があって(対決する部分)いったいどうしてしまったのだ、と思わんばかり。古書にまつわる面白い話が挿入されていれば、まだそれでゆるせる気にもなるだけに残念さがよけい強くなってしまうか。

 続編はあるようだし、ダニング氏は体調がすぐれないという情報もあとがきにはあるが、さて今後を期待していいものかどうかやはり微妙な気持ちになってしまったり。

 やはりお薦めは、「死の蔵書」と「幻の特装本」といったところかな。

#校正もれが多数あったのも、気をそがれたところではある。

 P.198 本のことは待ち出さないようにした。
 P.199 「このまま進んだほうがいのか、戻るべきなのか、思案のしどころだな」
 P.290 事態は事態は紛糾する一方だ。
 P.478 現場を台無したあとに張り巡らせたテープではなく」
 カバー登場人物名 ジェリーがジェニーになっている


死の蔵書 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
ジョン ダニング John Danning 宮脇 孝雄
4151704019


幻の特装本 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
ジョン ダニング John Dunning 宮脇 孝雄
4151704027

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

おいしいのは、お蕎麦です

 新聞にでていた週刊文春の広告。内容は読んでいないのでわからないが、類似のことなのではないかなと思った。近年のバレーボールのテレビ中継のこと。

 昔、というときっと 20 年くらい前なのかもしれないが、当時は好きで見ていたものだった。ひとつにはそこそこ強かったからという理由もあるのかもしれないが、それだけではなかったはずだ。近年はさっぱり見る気にすらならない。ひとつは日本があまりにも弱くなってしまったことかもしれないが、それよりも強いのはアイドルショーでしかなくなってしまったことのように思う。

 おこちゃまな若いアイドル(という呼び名のタレント)を前面にだしてショーを繰り広げ、若い女の子をたくさん動員してテレビ的には観客がたくさんいるかのような映像が撮れる、ということなのかもしれない。随所にそれがはいってちっともバレーボールに集中できない。

 さらに選手のアイドル化も激しくて、これまでの苦難の道なんて過剰な演出をする時間が長くて見る気が失せる。どんなスポーツでも選手のファンはいるし、アイドル的な存在になったりというのはあるが、昨今のそれはちょっと度を過ぎているのでかえってしらける。

 テレビ局としてはすべては「視聴率」という実態のないお化けに振り回されて、本質を見失っているところなのだと思いたいが、主客転倒しているのかもしれないという思いもぬぐえないか。

 日本が弱くなったので、アイドルショーにしてなんとか視聴率を稼ごうとしたのか、はたまたアイドルショーにしたのでつまらなくなっただけなのか、そのあたりは定かではないものの、中継そのものがつまらなくなったのは間違いのない事実なのだと思うのは、おこちゃまに興味のない年寄りのたわごとなのだろうか。

 などと世迷言を考えてしまう見出しなのであった。

 「おいしいのは、お蕎麦です」八幡屋磯五郎

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

PS2で将棋

B00009PM3GSuperLite 2000シリーズ 将棋
サクセス 2003-07-31

by G-Tools

 怪我をしたり手が不自由になっていたりという人が、ちょっとゲームでもして遊びたいかなというときにできるゲームというのは、あまりない。どうしてもアクション系のゲームのほうが多い。その少ないなかで好みにあうとなれば、なおのこと難しいことになる。

 ひとりでできて、ゆっくりとできてそれでいてなかなか考えさせるので飽きの来ないという意味では将棋は結構おすすめ。まあ好みなので飽きはくるかもしれないし、合わないこともあるかもしれないが。

 それでもこの値段ならそう悪くはないと思う。そもそも将棋ソフトで安いものはあまりない。中古もあまり出回らない。絶対数が少ないうえに、子供などと違って飽きたからといって中古店に売ってしまうということが少ないという購入層の事情もあるらしい。

 まあ、このソフトにも問題がないわけではない。ゲームバランスの悪さは見事なくらいだ。まあ、そこが面白みと思えればこのソフトも悪くない。キャラクターが 10 人あまり作られており、そのキャラクターに強さや個性が割り振られている。強さは星の数で表示されているのだが、これがどう考えても実情に合わない。一番弱いはずの星ひとつが妙に強かったり、最強のはずの星五つが案外弱かったり。なので、将棋をはじめて間もないという人は星ひとつに負けてもがっかりせずに対戦相手を変えてみて欲しい。女子高校生キャラが一番弱いというのは間違いなさそうだ。

 途中から妙な指し手をしだすというのも困りものだが、これもまあ楽しむ余裕をもてばいいことかもしれない。ことに入玉するととたんにおかしくなる。

 初心者でも使える将棋のソフトは少ないので、興味があったら使ってみるのに遜色はないと思うというか、選択肢はこれくらいといってもいいのかもしれない。

 ほかはこれくらいかな。

SIMPLE2000本格思考シリーズ Vol.1 THE 将棋 ~森田和郎の将棋指南~
B000065U0F

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

1から始める詰め将棋


48399258871から始める詰将棋 [マイコミ将棋文庫SP] (マイコミ将棋文庫SP)
週刊将棋
毎日コミュニケーションズ 2007-09-28

by G-Tools

 後々に回していたらいつの間にやら月日は経って、気がつけばきょうは「将棋の日」なのだそうで、とあればこの機会に書いておくしかあるまい。

 将棋を始めてみて、駒の動かし方も覚えた、なんとか指せるような感じにはなったが、いかんせんどう詰めたらいいのかさっぱりわからない。という人にうってつけの詰め将棋の本がでた。しかも文庫。よくある詰め将棋の本は手数がせいぜい三手からというところなのだが、この本のすごいところは一手からあるということ。つまり自分が一手指すだけで詰みになるというところから解説してくれるので、ポイントを学んでいくには実にいい。

 駒の利きなどもどう見ていけばいいのかというところが感覚的につかめていくので、覚えたばかりの人にとってはいろいろと学ぶところは多いはず。

 もちろん、だんだんと難しくなっていくので、多少心得があるくらいではしばらく悩むような局面もあるので、ぼちぼちとやっていくのと、いざとなったら解説をみて覚えていけばいい。一ページに一問で、裏を見ると解説というシンプルな作りなのでいつでもさっと始められて、いつでもやめることができる。

 とはいえ、いくつかこれは間違いではないかと思われる解説もあったので、そのあたり是非確認して欲しいところ。

156問:同玉、2二銀成、とあるのだが、この局面では2二桂成でないと詰まないと思う。
200問:5二香成、とあるのだが、4二香成ではないのか。

 それとも、だから素人は、ってことだと恥ずかしい限りなのだが。

 将棋はせわしく手を動かすようなアクションゲームとは違い、じっくりと考えることができてなかなかに奥深いゲーム。将棋界のごたごたはともかくとして、純粋に楽しめるゲームであり、思考力を鍛えるという点でも、もっと見直されていいと思うのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

るびま21号インタビュー、アップデート

 るびま 21 号のインタビューの完全版が公開されていた。長い。こりゃテープ起こしは大変だ。ご苦労さまです、スタッフの方々。

 で、以前はどこまでだったのだろう、と思いつつ飛ばしていってなんとか読む。ディックとかバラードとか、やっぱりそっち方面の話題は必須なのだろうか。「ザップ・ガン」も創元推理文庫SFですぐに読んだはずなのだが、もうすっかり内容は忘れている。

 サンリオSF文庫に関していえば、珍しい翻訳も多かったのだが、既存のものを妙な翻訳でまったく異なるタイトルで出版したために新しいものと思って重複して買ってしまったという例も多く、そういった意味でもお騒がせだったのは確かだ。ひとつのステータスだったのは確かなのだけれど、もう少し翻訳がしっかりしていたらなあというところが残念でもあるか。

 ディックもあのころは盛んに出版されていたものの、今となってはそれらもあまり姿をみないようなので残念な限り。まあ読者を選ぶのは確かだけれど。いくつかの映画となって原作を売り出すものの、多くの一般の人にとっては、なんだかわけのわからない小説でしかない場合も多いわけだし。

 次回は(以前から告知はされていたが)原さんの予定ということで楽しみ。はじめて買った Ruby 本は原さんの「Ruby プログラミング入門」だったので。先日の森さんの講演会ビデオというのも、いずれ見てみるとしようか。

ザップ・ガン
フィリップ・K. ディック 大森 望
4488696023


 このジュブナイルは評判がいい。

ニックとグリマング
フィリップ・K. ディック 菊池 誠
4480831177


 残念ながら 1.8 には対応していない。

Rubyプログラミング入門
原 信一郎
4274063852


#あらためて確認しようと思ったら、なんだかエラーで落ちているような。jp.rubyist.net 。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

なぜテストしない、と反省

 そこでテストじゃないか、と今頃気がついた。遅い。でもテストは難しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

はじまりはや。おわりはこ。

B00006RT89トリック -劇場版- 超完全版
仲間由紀恵 阿部寛 生瀬勝久
東宝 2003-06-21

by G-Tools

 仲間由紀恵の演じる役名が「や」で始まって、「こ」で終わっているドラマや映画は当たっている、といううわさがあるそうだ。意図してつけていたとか変更したとかはないという話なので(今後はともかく)、一応そんな統計が出てしまっているのは偶然の産物なのかもしれないが、ちょっと面白い。逆にプレッシャーになる要因ともいえるわけだけれども。

 そんな仲間由紀恵というとやはり「トリック」につきる。秋のトリック祭りと銘打って今回と次回映画の2作品が放送されるわけだが、そこになにやら続編の匂いをちらちらさせている。うっとうしいなあ、と思いつつもつい見てしまうのは、それだけこのシリーズが魅力に満ちているからでもあるわけだ。(余談ながら、立冬もすぎて「秋の」というものでもあるまいとも思うが、初冬の祭りというのはちょっとイメージが弱いか)

 言葉遊びのセンスであるとか、動きの面白さ、ちょっとしたところの遊び心。それらが嫌味にならずにでていて楽しませてくれる。似たような路線で作られた「時効警察」も面白いことは確かなのだが、どうもいまひとつもやもやしたものが残ってしまったものだった。どうにも失敗作になってきた「ジョシデカ!」あたりは、このあたりを見習って欲しいような気がする。

 映画1作目では、暗号の妙が最後の余韻を残してくれるものになっているなど、トリックそのものも洗練されているのが面白みのひとつ。ネタばらしの欲求とも結びつく。

 テレビ版の DVD では「やむ落ち」バージョンなどがあって、これがお薦め。放送時間枠の関係で削らざるを得なかった部分をそのままにして該当部分に「やむ落ち」の文字がはいる。細かく切られている部分や大胆に切られている部分。放送ではなかったが、こんな展開が間にあったのかと楽しませてくれる面白い仕掛けだ。

 これで続編がないという話にはならないのであろうから、映画3作目なのかテレビシリーズの4作目なのか、はたまた特番として登場なのか。いずれにしても楽しみなことだ。

B000I8ONACトリック -劇場版2- 超完全版
仲間由紀恵 阿部寛 生瀬勝久
東宝 2006-12-15

by G-Tools
B000E41NHQトリック 新作スペシャル
仲間由紀恵 阿部寛 生瀬勝久
ジェネオン エンタテインメント 2006-03-24

by G-Tools


B0000SYA8Uトリック トロワジェムパルティー DVD-BOX
仲間由紀恵 阿部寛 生瀬勝久
ジェネオン エンタテインメント 2004-04-23

by G-Tools

B0000667A8トリック 2 超完全版
仲間由紀恵 阿部寛 生瀬勝久
ジェネオン エンタテインメント 2002-06-21

by G-Tools


 テレビ1作目は BOX がないのか。

B00005HPKRトリック(1)
仲間由紀恵 阿部寛 生瀬勝久
パイオニアLDC 2000-12-08

by G-Tools
B00005HPKSトリック(2)
仲間由紀恵 阿部寛 生瀬勝久
パイオニアLDC 2000-12-08

by G-Tools
B00005HPKTトリック(3)
仲間由紀恵 阿部寛 生瀬勝久
パイオニアLDC 2000-12-08

by G-Tools
B00005HPKUトリック(4)
仲間由紀恵 阿部寛 生瀬勝久
パイオニアLDC 2000-12-08

by G-Tools
B00005HPKVトリック(5)
仲間由紀恵 阿部寛 生瀬勝久
パイオニアLDC 2000-12-08

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

連載コラムを読もうと思ったら

 RSS を使うには利用規約に同意しなくてはならないなんて。

日経ITプラスのRSSは利用規約への同意が必要


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

説明重要

[ アマゾンが「分割発送」の配送料変更、予想外の送料が発生することも::InternetWatch ]

 はじめに知ったのはやじうまWatchの記事でなのだが、まあ変更になることじたいは構わないし、それは運営側の事情でもあるので仕方ない。とはいえ、ちょっと影響の大きい改訂なのだから既存の利用者にはあらかじめ説明のメールくらいあってもよかったのではないかと。

 もちろん買い物するさいには説明がでているのではあると思うが、たいてい変わっているなどと思うことなく使ってしまうはず。これまでのようなつもりで分割配送を選択すると悲しいことになる人も増えるのではないか、という点ではやはりきちんと説明しておくべき事柄のように思う。

 新規のお客に対してははっきりとわかるような説明をページに載せ、利用したことのあるお客に対してはメールアドレスが分かっているのであるから、知らせておけば済むことだと思うのだが。

 それとも、それほどの問題ではない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

無線の時代のいき方

[ 高木浩光@自宅の日記 - ユビキタス社会の歩き方(5) [重要] 自宅を特定されないようノートPCの無線LAN設定を変更する ]

 自分では無線 LAN を使っていない。セキュリティをきちんと設定する知識を持ち合わせていないというのもあるし(もちろんそれはきちんとした資料を見ればよいことではある)、まあなによりも現状無線でないと不便であるという状況にないので、あえて投資をする必要も感じないから、ということもある。

 とはいえ、無線 LAN を使っている・いないに関わらず、基礎的なところで認識しておくべき事柄というのはあるだろうと。このところ高木さんが書かれているものを読むとそんな認識をあらたにさせてくれる。

 デイリーポータルZでの当該記事は以前に読んだことがあった。そのときはおぼろげに「これってそのまま明かしてしまっていいのかなあ」という程度の感想しかもたなかったのだが、そのあたりも含めていろいろ見えてくる。

 便利だからと安閑として使っていると、昨今の食品偽装ではないが、いつのまにか自分が犠牲になっていたりすることに気づかない。これからはますます無線による接続は普通になっていくのだろうから、具体的にではなくてもそういうリスクがあるという認識くらいは持つべき時代なのだと思うのだが、はたしてそう感じている人はどれほどいるのだろう。

#ある意味ではメーカーの意識の低さというのもあるのでは? などとも思ってしまったが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ささやかな記録の記憶

 同じあて先にあてて 40 通近くもメールしていた。携帯から。でもスパムじゃない。テストですよ、テスト。ささやかな記録。でもたいした記録ではないだろうな。世間的には。いや年代的にはそこそこだったりするだろうか。そうでもないか。と、きょうの作業を振り返るのであった。まる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

はいちょう

はいちょう【蝿帳】

ハエよけと風通しとを兼ねる金網などを張った、食物を入れる戸棚
(新明解国語辞典第四版)

 拝啓 サンデーモーニング、橋谷能理子様

 「風をよむ 21 」で紹介していたのは、卓上で使っていた蚊帳状の網でしたが、読み方は「ハエチョウ」ではなく「ハイチョウ」なのでした。残念。年配の方も多かったにもかかわらず、どなたも訂正はされなかったのはあえて大人の対応だったのかもしれません。

 橋谷さんご自身では使われたことはぎりぎりない年齢かもと思うところでもあります。

 敬具

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

そこなのか

 [ ivent.htm ]
 [ 【速報】ホームズ彗星が大バーストして2等台に! ]
 [ ホームズ彗星の大増光::nao ]


 このごろうわさのホームズ君。赤い彗星との声も聞こえてくるに及んで、これは見ずばなるまい、ということで自作望遠鏡を久しぶりにひっぱりだしてみる。

 まずは双眼鏡であたりをつけると案外あっさりと見つかったので、さっそくに望遠鏡で導入してみる。はっきりとその円状に広がる様子が見える。手持ちの Canon A20 で撮影してみたものの、ちょっと無謀かという感触。レベル補正をしたらそれなりに写っていたのであげてみる。周囲の黒くなっているのは接眼部かと。円状のはずれのほうにコマなのか? と思うような光点が見えたのだけれど(眼視では)、さて?

 少なくとも双眼鏡を持っていれば、簡単に導入できると思うので試す価値は十分ある。

 ライブ中継は、東京地方曇天ということで今夜は難しそう。

17p_holmes
(ぼんやりと大きい円で見えているのが視野で、中央あたりに小さくやや明るく円状にあるのが彗星)D=60,f=420,k20mm

#ステラナビゲータ6では違う場所に彗星がプロットされるのだけれど、もはやデータが古いということなのかな? 残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

メモ:しゃべれども

B000UNAE6Mしゃべれども しゃべれども 特別版 (初回限定生産2枚組)
国分太一.香里奈.森永悠希.松重豊.八千草薫.伊東四朗 平山秀幸
角川エンタテインメント 2007-11-09

by G-Tools


 半年を待たずして DVD 。ありがたや、ありがたや。

 小説は大好きなのだが、はたして映画はどうなったのかと思いつつ、例によってなかなか劇場に足を運ばないという不義理ぶり。国分太一が微妙か? と思っていたのだけれど、なんだかだんだん違和感がなくなってきたようでもある。

 ふと見たら発売になるというので、メモ。

 むろんのこと小説は文句なし。

しゃべれどもしゃべれども (新潮文庫)
佐藤 多佳子
410123731X

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今頃になってXP (3)

 XP にしてみてよかったと思ったことのひとつは、これまでうまく再生できなかった DVD-Video がきちんと再生できるようになったこと。

 先日、PC-BSD を試してみたときに、メディア再生ソフトの Kaffeine でなんの問題もなく再生される様をみて、これまで音が割れるようになっていてまともに再生できなかったのは、ハード的な問題というよりはソフト的なものだったのだなと実感。あるいは、たまたまこのパソコンにおける組み合わせがうまくなかっただけということもあるのかもしれない。

 で、それが XP にしたことでも解決されたので逆にいうと PC-BSD の影がやや薄くなってしまった。もっとも、かなりいいせんいっているのは確かなものの、まだごく一般の人が Windows のように使うような状況にないというのも確かなことなので、当面それも仕方ないことかもしれない。


■ウィルス対策ソフト

 これまでウィルスバスター 2007 を使ってきた。最悪だという人もいるのは確かなのだろうけれど、少なくともわたしの環境においてはこれといって問題になるようなことはない。まあ、たいしたことに使っていないということもあるのかもしれないけれど。ウェブを見ていたり、多少のアプリケーションを使っていたところで重くて不便を感じるということはまずない。むしろ、画像や動画関係の処理をさせると、そもそも CPU パワーが今となっては貧弱なので、それによる重さがある程度。

 おそらく環境によって大きくその影響が左右されるソフトの雄というところなのではないかなと。

 体験版などもあるのだから、それらを使ってみたうえで、自分の環境にあうものを探すしかないというのが、現状における選択なのではないかな。

 ということで、軽くなったと主催者側の発表にある、2008 を試してみることにした。Windows 2000 はいよいよサポート対象から外れたので、XP にしようと思ったのはそれもあったわけだが、インストールした感じではそれほど悪い感じはない。一週間あまりになるけれどこれまでとさほど変わらない感じ。ということは軽くなっていないのかというと、操作している限りにおいては如実に変化を感じるということではないというところ。

 とはいえ、ページファイルの使用数をみると、確かにこれまでにくらべて半分ほどに減っていて、物理メモリの空きにしても増えているのは確か。

 ただ、不思議なのは、メモリ使用量が半分になりました、と宣伝している割には、推奨環境のメモリ量が倍増しているのはどうしたわけなのだろう、とは思う。まあ、単純に比較できることではないのかもしれないけれど。

 毎年更新料を払うのはどうにもいやだと思えば、昨年から出てきた更新料なしのソフトという選択もある。ただ、それだけにサービスの面で不十分かもしれないという心配もなくはない。いずれにしても自分の環境にあったものを探すしかないのは事実かと思うので、あまり世評に左右されずに試してみるのが一番なのかなと。

B000VXCZBSウイルスバスター2008 1年版
トレンドマイクロ 2007-10-26

by G-Tools


ウイルスセキュリティZERO (新パッケージ版) (その場で300円割引き)
B000NOKE0E

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

メモ:15

B000VXBUYQロング・ロード・アウト・オブ・エデン
イーグルス
UNIVERSAL INTERNATIONAL(P)(M) 2007-10-31

by G-Tools


 カッコいいわあ。

 昔、本当にたまたま、テレビで「ホテル・カリフォルニア」の歌詞の意味を知ったときのことが、今も鮮烈に思い出されるなあ。

ホテル・カリフォルニア
イーグルス
B000BR2MGC

#そういえば最近宣伝しているこんな映画も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今頃になってXP (2)

 最初の印象は「起動が早い」。素の状態であれば早いというのはもちろんあるのだろうけれど、これまでのソフトなどもいれて設定もして更新もしてという状況でも、起動時間はわりと早い。これからどうなるのかはわからないが、これまでにしても長すぎてイライラしたということはないので、案外この程度でいけるのかもしれない。

 ユーザーのアイコンをクリックするとパスワードなしで誰のアカウントでもログインできてしまう最初の設定はいやなので、パスワード入力が必要に変える。2000 を使っていてすっかりログイン作業になれてしまった。むしろ PC-BSD の標準で自動ログインできるのが怖いくらい。

■Cygwin + tDiary

 なにはともあれこれが動かないと困るので、まずは設定。以前はディスク容量も心配がないからと(当時としては)、全部をいれてしまった Cygwin なのだが、実際のところ使っているのは tDiary だけというような状況もあり、今回は標準のところに Apache と ruby だけ追加してインストールすることにした。なにしろウィルスチェックの時などに、Cygwin のディレクトリだけで相当の時間をとられてしまい難渋していたので。

 まずは、tDiary のドキュメントにそって(ややそっけないので初心者には厳しいところもあるのだけれど)ファイルを設置して、パスワードファイルなどを準備。以前どう設定して使っていたかはすでに忘却の彼方なので、なんとなくそのまま動かそうとするが、動かない。

 そういえば、といくらか思い出し、というかそもそも Apache 側で設定は必要だろうに、と思い直して httpd.conf を見ていくとともに、ネットで検索してみる。<Directory /home/*/public_html/>Allowoverride Options</Directory> などが必要らしいとわかったので試してみるのだが、それでもまだうまくいかない。

 いろいろやってみたが、どうも駄目なので .htaccess の内容を直接 httpd.conf に記載してみると、ようやく動いた。

 本来であれば、きちんと .htaccess が使えてという設定であるべきなのだろうけれど、実際のところ自分以外に使うということはまったくないので Cygwin ではこのまま運用することに。以前からではあるが、なにか問題があってもいけないので、基本的にモデムにつないでいない状態でしか使わないことにしているし。

 Cygwin
 tDiary

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »