« なぜテストしない、と反省 | トップページ | 1から始める詰め将棋 »

るびま21号インタビュー、アップデート

 るびま 21 号のインタビューの完全版が公開されていた。長い。こりゃテープ起こしは大変だ。ご苦労さまです、スタッフの方々。

 で、以前はどこまでだったのだろう、と思いつつ飛ばしていってなんとか読む。ディックとかバラードとか、やっぱりそっち方面の話題は必須なのだろうか。「ザップ・ガン」も創元推理文庫SFですぐに読んだはずなのだが、もうすっかり内容は忘れている。

 サンリオSF文庫に関していえば、珍しい翻訳も多かったのだが、既存のものを妙な翻訳でまったく異なるタイトルで出版したために新しいものと思って重複して買ってしまったという例も多く、そういった意味でもお騒がせだったのは確かだ。ひとつのステータスだったのは確かなのだけれど、もう少し翻訳がしっかりしていたらなあというところが残念でもあるか。

 ディックもあのころは盛んに出版されていたものの、今となってはそれらもあまり姿をみないようなので残念な限り。まあ読者を選ぶのは確かだけれど。いくつかの映画となって原作を売り出すものの、多くの一般の人にとっては、なんだかわけのわからない小説でしかない場合も多いわけだし。

 次回は(以前から告知はされていたが)原さんの予定ということで楽しみ。はじめて買った Ruby 本は原さんの「Ruby プログラミング入門」だったので。先日の森さんの講演会ビデオというのも、いずれ見てみるとしようか。

ザップ・ガン
フィリップ・K. ディック 大森 望
4488696023


 このジュブナイルは評判がいい。

ニックとグリマング
フィリップ・K. ディック 菊池 誠
4480831177


 残念ながら 1.8 には対応していない。

Rubyプログラミング入門
原 信一郎
4274063852


#あらためて確認しようと思ったら、なんだかエラーで落ちているような。jp.rubyist.net 。

|
|

« なぜテストしない、と反省 | トップページ | 1から始める詰め将棋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/17069667

この記事へのトラックバック一覧です: るびま21号インタビュー、アップデート:

« なぜテストしない、と反省 | トップページ | 1から始める詰め将棋 »