« ささやかな記録の記憶 | トップページ | 説明重要 »

無線の時代のいき方

[ 高木浩光@自宅の日記 - ユビキタス社会の歩き方(5) [重要] 自宅を特定されないようノートPCの無線LAN設定を変更する ]

 自分では無線 LAN を使っていない。セキュリティをきちんと設定する知識を持ち合わせていないというのもあるし(もちろんそれはきちんとした資料を見ればよいことではある)、まあなによりも現状無線でないと不便であるという状況にないので、あえて投資をする必要も感じないから、ということもある。

 とはいえ、無線 LAN を使っている・いないに関わらず、基礎的なところで認識しておくべき事柄というのはあるだろうと。このところ高木さんが書かれているものを読むとそんな認識をあらたにさせてくれる。

 デイリーポータルZでの当該記事は以前に読んだことがあった。そのときはおぼろげに「これってそのまま明かしてしまっていいのかなあ」という程度の感想しかもたなかったのだが、そのあたりも含めていろいろ見えてくる。

 便利だからと安閑として使っていると、昨今の食品偽装ではないが、いつのまにか自分が犠牲になっていたりすることに気づかない。これからはますます無線による接続は普通になっていくのだろうから、具体的にではなくてもそういうリスクがあるという認識くらいは持つべき時代なのだと思うのだが、はたしてそう感じている人はどれほどいるのだろう。

#ある意味ではメーカーの意識の低さというのもあるのでは? などとも思ってしまったが。

|
|

« ささやかな記録の記憶 | トップページ | 説明重要 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/17012456

この記事へのトラックバック一覧です: 無線の時代のいき方:

« ささやかな記録の記憶 | トップページ | 説明重要 »