« 一筆啓上 | トップページ | 早川さん »

ライフゲーム


 arton さんのライフゲームをみてきたら、ふと昔 88 で BASIC を使ってプログラムしたのを思い出した。テキスト画面を使っていたのでちょうど同じようなイメージで、なんだか懐かしい。(画面は狭いし、遅かったけれど)

 どうやって判定させるのが効率的だろうか、といろいろ考えたのも思い出す。JavaScript は分からないのだが、どう判定させているのだろうか。

 やっぱり「 r ペントミノ」がライフゲームの基本だよな、と妙に嬉しかったり。

 この本がまだあるのも嬉しい。

ライフゲイムの宇宙
ウィリアム・パウンドストーン 有澤 誠
4535783837


#ライフゲームについてはライフゲーム - Wikipediaあたりをどうぞ。

|
|

« 一筆啓上 | トップページ | 早川さん »

コメント

アルゴリズムはRuby本のをそのまま利用しているので、
・アクティブなセルの情報を座標系とは別に持ち、走査を高速化
・各セルあたりの隣接点の座標情報をルックアップテーブルに持ち条件判断を最小化
とかです。後者は別のところで余分なことをしている(僕のJavaScriptの書き方がいまいち)のでそれほど有効には機能していないようですけど。

投稿: arton | 2007.04.19 23:18

Ruby本ですか。やっぱりいずれは買っておかなくては(イメージすらつかめていない)。BASIC だったので単純に配列でやっていたので、常にすべてを調べていたような。

投稿: ムムリク | 2007.04.20 12:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/14752700

この記事へのトラックバック一覧です: ライフゲーム:

« 一筆啓上 | トップページ | 早川さん »