« 学習RoR(9) | トップページ | 学習RoR(10) »

発売日と号数

 arton さんが寄稿されたというのを見て、ふと気になったことがひとつ。いや内容とかではなくて雑誌の号数のことが。

 amazon を見ても、また「月刊Computerworld : 最新号の案内 - Computerworld.jp」を見ても発売日は 12 月 18 日で号数は 2 月号だとされている。普通に考えるとちょっと変だ。

 というのも雑誌の発売日と号数とには一応協定があって、おおむねそれに沿っているはずなのだがそれに外れるものだから。

 で、正確なところをと思い、検索してみたけれど、あまりこれだというものは見つからない。日本雑誌協会にはそうした情報がまったく見つけられない。「雑誌の発行日ですが、実際の発売日より先の日付になっているものがほとんどです。 ... - Yahoo!知恵袋」程度のものならいくつか見つかった。

 経験的な記憶では、「毎月 20 日から翌々月号を出してよい」というものだった。これは先の Yahoo!知恵袋の回答の 40 日というものと合致するのであっているのだと思う。現在でも。

 それに則ると本来 12 月 18 日には 1 月号までしか出せないというのが業界的な結論なのだが、年末ということで特殊な事情が生じる可能性もなくはない。いわゆる年末進行に伴う発売日の前倒しということもなくはない。ただ、発行元で見る限りにおいて毎月 18 日発売になっている。となると協定違反ということにもなりはしないのかな? という疑問も。

 もっとも、これは法律というわけではないのだし、どれほどの強制力をもって運用されているのかは定かに知らないのだが、ただ大幅に逸脱した例は記憶にないので果たしてどうなのだろうという感じはする。(あるいは雑誌協会に加入してもおらず、協定についても賛同していないとか? あるいは協定そのものが変わっているとか?)

 本来の趣旨は先付けになっている号数の方が、読者にたいして新しいものであるという印象を与えやすく、著しく先へ先へと増長されてしまうのはどうだろうか? というあたりから設定されたものだったかと記憶しているので、一応それに沿って発行すべきではないかなとは思うのだが。さて、真相としてはどうなのだろう。

|
|

« 学習RoR(9) | トップページ | 学習RoR(10) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/13122519

この記事へのトラックバック一覧です: 発売日と号数:

« 学習RoR(9) | トップページ | 学習RoR(10) »