« 1本で3台まで | トップページ | 決壊の危機? »

イン・ザ・プール


416771101Xイン・ザ・プール
奥田 英朗
文藝春秋 2006-03-10

by G-Tools

 話題にはなっていたけれど、ずっと放っておいてしまったのをようやく読んでみた。なるほど、こんな精神科医が本当にいたら絶対にお世話になりたくない。とはいえ、あるいはこれこそ理想的な精神科医の姿なのかもしれないなどという考えにもまた襲われてしまう、そんな魅力が伊良部にはある。

 どの話も読み始めは、「あー、気の毒に」と患者を思うのだが、読み終えるころには「そうそうそれでいいんだよ」などと思ってしまう。絶対に自分では診て欲しくないのだが、不思議と読後は微笑ましく思ってしまう。

 奥田さんの文章はもともと好きだった。というか、知っているのはかつて「モノマガジン」に連載していた「モノモノしい話」というエッセイだったわけだが。これが読みたくてずっとモノマガジンを読んでいた。後年書籍として発行されたものの、現在では絶版。気が付いたらいつのまにか小説家になっていたという。はじめは同じ名前なだけかと思っていたのだが、同一人物らしい。

 いやしかし、エッセイのころの空気は残っているか。

 昨年のテレビドラマ「空中ブランコ」では阿部 寛が伊良部医師を演じていて、怪演という感じでもあったけれど、原作を読むとやはりちょっと違う。けれどもあれはあれで結構はまっている気もする。

 で、どうやら映画になっているらしく DVD も出ていた。(廉価版らしい)。うーむ。

B000FI9P3Kイン・ザ・プール
奥田英朗 三木聡 松尾スズキ
ポニーキャニオン 2006-07-19

by G-Tools

|
|

« 1本で3台まで | トップページ | 決壊の危機? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/12330180

この記事へのトラックバック一覧です: イン・ザ・プール:

« 1本で3台まで | トップページ | 決壊の危機? »