« 午前・午後 | トップページ | 世代 »

対策

 この4月から定年を無くすようにとか(高齢者の)継続雇用を確保するようにということがより厳しく企業に義務付けられるようになったのをうけてか、いろいろと姥捨て山計画を立てるものです。

 いわばやっかいもの事業とか部門とか、「使(仕)えない奴はあそこに異動させておけ」的な現業部門とか、そうしたところに嘱託としてとりあえず送り込む。目障りなものは自分たちの目に触れないところに。いやはや、なかなかうまい。

 当然、それらの部署で定年を迎えても継続雇用されないので(定年になるのをずっと待っていたのさ的措置)社員は減る。その穴埋めに嘱託社員を。実際の業務の教育は安くこき使っているパートにやらせて、数少ない社員である管理者は自ら面倒を抱え込むことは避ける、と。

 ところが、数箇月もすればまた嘱託として送り込まれてくるので、ようやく多少覚えて使えるようになったころで入れ替わり。常に一から教えなくてはならないパートの苦労はいかばかりか。それでも「教育手当て」なんてものがつくわけでもなく。虚しい作業の繰り返し。

 年寄りが力仕事で汗を流し、若いもんが涼しい顔で片手間仕事。社長は代々息子がついで、同族企業のなれの果ては、はてさて。

[ 厚生労働省:高年齢者雇用安定法の改正のお知らせ ]

|
|

« 午前・午後 | トップページ | 世代 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/11475860

この記事へのトラックバック一覧です: 対策:

« 午前・午後 | トップページ | 世代 »