« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

百万の手


4488462014百万の手
畠中 恵
東京創元社 2006-06-10

by G-Tools

 「しゃばけ」「ぬしさまへ」と文庫になってから読むようになり、すっかり若旦那のシリーズがお気に入りになったのだが、そうそう文庫になってくれるわけでもない。先日刊行された「うそうそ」は単行本であるし。

 そんななか現代物ということで文庫がでたので、畠中恵であればはずれはないであろうということで読む。

 うーん、やっぱりうまい。内容については解説でも触れられているけれど、いくつかのテーマを盛り込んでいてもったいないくらいにも思える。無論それらがあるから物語の展開に幅ができて、面白みが増すというものではあるのだが。

 それらの今風のテーマを扱いつつもその文章のうまさが何よりも特徴なのではないかなと。難解な文章ではもちろんないし、かといって稚拙な文章でもない。けれども読み手のリズムを崩さずに知らずしらずにページをどんどんと読み進めているという、そんな文章。

 それもこれも都築道夫の門下生とあれば、なるほどとうなずけるところ。

 おかげで久しぶりに短期間に読んでしまった。

 解説では、ぜひとも続編が読みたいと書いてあるが、続編といわず、しゃばけのシリーズにとらわれない作品も今後たくさん出して欲しいなと。

#ひとつだけ気になるとしたら、データ流出を防ぐためにパソコンを破壊する場面。ケースを開けて心臓部に千枚通しを打ち付けて壊す、という場面がでてくるのだが、心臓部というと CPU というイメージかと思うがどうだろう。恐らくはハードディスクを壊すというイメージで書いているのではなかろうかなと思うのだが。ただ、ハードディスクを心臓部というにはちょっと語弊がありそうではあるけれど。
#割とあれこれ詳しく調べて書かれているので、そのあたりがちょっとあいまいで気になってしまった。ま、ささいなことだけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

前と次

 [ 裏表(Phinloda のもう裏だか表だか分からないページ) | ブログの前後の記事に対する危険な先入観 ]

 記事タイトルとかが出ているのだったら、時系列の前後はともかくとして「案内」としては十分な役割を果たしているのだろうけれど、常々悩むのがエキサイトブログでの表示。

< 前のページ    次のページ >

と表示されている。

 さて、時系列としてどちらが古いものでどちらが新しいものと考えるだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

デジタル放送って

 ちょっと時間がたってしまったのでメモとして。

 まつもとさん(Matzにっき)が、

電波が弱いと(たとえば千葉テレビ)ブロックノイズがひどい。

と、書かれていて、やっぱりそうなのかと改めて古川さんの記事を読み直した次第。

 なんだかアナログからデジタルへと(否応なく)移行しなくてはならない一般人とすれば、本来は利用する側の利便性をよりよくするための技術であったり、移行であるのかと思いきや、むしろ自分たちが研究開発していたものをなんとかごり押しして標準にしてしまうことだけに邁進していった結果なのではないかなどと、思ってみたくもなるというもの。

 あるいは双方向性を利用してよからぬことを行う前段階なのだろうか。などというのは考えすぎかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

そっくり

B000FFE2EA星空工房
トミー 2006-06-15

by G-Tools

 [ 星空工房サイト ]

 これって一体。星数はまったく違うとはいえまるっきりのコピー商品かと思うよう。

 アマゾンでの取り扱いは 2006/04/14 からとなっているけれど。どうなんでしょう、学研様。タカラトミー様。

 まさか OEM 商品? たまたま似ただけ?

 [ 大人の科学マガジン09号 究極のピンホール式プラネタリウム ]

4056041865大人の科学マガジン Vol.9 (9)
学習研究社 2005-09

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

かっぱキティ

 いまや全国展開しているというかっぱ寿司で、キティかっぱグッズの販売やプレゼントを始めたそうな。

 折込広告の写真でしか見てないので(ホームページにも特にそれらしいところが見つからない)よくはわからないのだが、なんとなく上高地限定のかっぱキティのほうが可愛いなあとか。きゅうり持っているし(笑)。頭のかぶりものが脱げるし_。<マスコット限定技

 とはいえ検索するとどうやらかっぱになったキティちゃんはそれだけではないらしい。遠野かっぱとかもあるらしいし。いやはや忙しいことです。三菱自動車もキティちゃん頼みですし。かっぱじゃないけど。

 ところでかっぱ寿司。長野発の店だとおぼろげに思っていたら、現在は埼玉県に本社を置くとか、ウィキペディアによれば確かに長野からということらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

吾輩は主婦である DVD-BOX

B000F072HO吾輩は主婦であるDVD-BOX 上巻「みどり」
斉藤由貴 及川光博 池津祥子
ジェネオン エンタテインメント 2006-10-25

by G-Tools

 先ごろ放送終了した TBS の昼ドラマ「吾輩は主婦である」の DVD がそうそうに発売。いや、10 月下旬なのでまだではあるけれど。

 これまで宮藤官九郎はなんとなく敬遠していたのだけれど、ふと薦められて見たらこれが実にいい出来。斎藤由貴演じるみどりに貧乏生活からお札の夏目漱石が乗り移ってしまい、”吾輩”としての生活が始まってしまうというドタバタのコメディ。

 その設定は「いくらなんでも」と思うものの、出演者のキャラクタの良さとテンポのいい会話と言葉遊びが「ドラマなんだしそんなことはどうでもいいじゃん」とストーリー展開の面白さを純粋に楽しめるつくりになっている。

 作中、ナレーション(漱石の声)として本田博太郎さんの語りが入るのだが、これがまたなんともいえない味になっている。いい展開になったところで放送時間が終わるというと、「すまん! 30 分は短い!」などといわれたらねえ。また翌日も見たくなるというものですよ。

 そんな全 40 話が早くも(放送中にすでに宣伝されていた) DVD BOX に。なんとなくドラマの続編が出来そうな気配もあって楽しみは増す一方。ぜひぜひご覧あれ。

B000GPI0R4吾輩は主婦であるDVD-BOX 下巻「たかし」
斉藤由貴 及川光博 池津祥子
ジェネオン エンタテインメント 2006-11-22

by G-Tools


 オープニングテーマのこちらもなかなか楽しい。ここで使われているブロッコリー型マイクのストラップが DVD-BOX についているとか。

家庭内デート(DVD付)
やな家 宮藤官九郎 上杉洋史
B000F6YS6G

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ニュー・ウーマン


4837901816ニュー・ウーマン―いい仕事をして豊かに暮らす法
千葉 敦子
三笠書房 1987-07

by G-Tools

 著作一覧にコメントをいただいたのを機に、再開してみることに。

 わたしが読んだのは知的生きかた文庫となったときですが、当時の平積みのなかで「ななめ読み日記」よりもはるかに多くの女性が買われた本でした。ちょうど時代が女性の社会進出を促し、自立していくというような姿が大きく取り上げられていた頃だったということもあったのかもしれません。

 仕事や生活についてのいろいろのヒントがあるという点で、女性に限らず多くの人に参考になる部分の多い本ですが、なかには今となってはやや状況が異なってきているものもあるかもしれません。コンピュータを使うということは今も変わりませんが、その様子は当時とは大きく異なっています。

 ただ、仕事や生活、生き方といったことに対して迷ったり悩んだりしたときに、勇気をくれるメッセージにも富んでいて、折に触れ読み返したくなる本であるのは間違いありません。

 「いい仕事」というのが、必ずしも会社勤めなどの労働という仕事に限らないというのは千葉敦子自身も書いていますが、これをすべてまねてバリバリに働くという姿はちょっと違うのではないかなとは思います。誰もが同じである必要などないし、同じであるべくもない。自分なりの豊かな暮らしが得られるように参考にできれば一番かなと。

 「少子・高齢化への懸念」が声高に喧伝される昨今ですが、「もう人口をふやさないで」と題した章もあり、もしも彼女が生きていたらこの状況にどうメッセージをかけるだろうか、と思わせます。

考えてみてください。「人生五十年」といわれた時代からみれば、「人生八十年」の時代であり、一人も新しく子供を産まなくても、人口は六割ふえたことになるのです。
現在私たちが直面している問題の大半は過剰人口からきていることを、どうぞ十分認識してください。貧困な住宅事情、受験戦争、通勤地獄、交通渋滞、大気汚染、海や川の汚れ、高い食品の値段・・・・・・これらはすべて日本人が子供を産み続けた結果のツケです。

 むろん、それはもっと適正な人口を維持する社会であるべきだという提案であるのはいうまでもありませんが。

Newwoman


| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

webshot

 [ webshot - サムネイルでブックマーク ]

 リンク元を見ていたらたまたま見つけたサービス。ソーシャルブックマークらしいのだけれど、サムネイルを残せるというもの。

 あくまでもサムネイルという小さな画像だから、それがあることで飛躍的に区別が付けやすいかどうかは難しいところかもしれないけれど、ちょっと面白い。

 基本としては PHP と MySQL の使えるサーバに設置して使うという方法だそうだが、レンタルサービスも始めたということなので登録するだけでも使える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

機械の中の幽霊


4480082174機械の中の幽霊
アーサー ケストラー Arthur Koestler 日高 敏隆
筑摩書房 1995-06

by G-Tools

 The Ghost in the Machine といえばやはりこれ。読んでからかなりの年月がたっていてほとんど記憶にないので(いや理解できてなかったというべきかも)、要再読かな。

 The Ghost in the Shell ってこれのもじりだよね? と思ったのはいうまでもない。

 それにしてもせっかくちくま学芸文庫にもなったというのに絶版状態とは、残念。装丁のイメージとしてはぺりかん社の方(機械の中の幽霊 新装版)が好きだな。

Ghostinthemachine


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ゴーストインザマシーン

 起動時のデスクトップのアイコンに不特定の関係ないアイコンが重なって表示されるようになった。

 起動の最後でアイコンがリロードされるようにして正常には戻るのだけれど、以前にもこんなことがあったなあ。

 とりあえず問題なく使えるのだけれど、やはりどこかシステムがおかしくなってきているのだろうか。

 念のためにチェックディスクはしてみたけれど、レジストリ方面だろうか。(再インストールというのが一番確実かもしれないけれど)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

るびま15号

 ようやく「るびま 0015 号」を読んでいる。

 arton さんってわたしと・・・、とか思いつつも、ホワイトボードに書きながらの解説部分はちんぷんかんぷん(これも死語かな)。フランス語もひところ独習したものの、ほとんど身についていないしなあ、とか。あれこれ思いつつ読んでみたり。(読書経験は似た経過をたどっているかも)

 ちょうどプレゼントが出ているのだけれど、さてさてどうしたものか(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

発想としてのパズル

Sfpuzzle


 [ 日刊良スレガイド:【IQテスト?】就活で企業から聞かれた問題 ]

 xiaoxia さん経由で見たら、分かるものもあるけれど分からないものも結構多い。こうしたパズル的な問題というのは総合的な力というか、柔軟な発想力というかが必要なので、マニュアルでしか動けないような人には不向きなのかもしれない、とは思う。

 始めのほうに出てくる、蚊取り線香の問題などは比較的発想で補えると思うのだけれど、ただ現実的なところでは「厳密には計れないという点は考えないものとする」というような了解は前提としてあるなとか。

 で、こうしたパズルでふと思い出すのが「SFパズル」(マーティン・ガードナー、紀伊国屋書店)。IASFM(アイザック・アシモフSFマガジン)に連載された「SFストーリーをまじえたパズル」が収められている。そのシチュエーションはあくまでも味付けでしかないけれど、単に問題として書かれているよりも読み物としての面白さが加わってまた一味違うというもの。先の問題同様になかなか一筋縄ではいかないものも多く楽しめるのだが、残念ながら絶版らしい。

 脳トレが人気の昨今ではあるけれど、単純な作業だけでなくこうした知的な(というとゲームに失礼かしら)脳トレもじっくりと取り組めるという点で楽しいとは思うのだな。

 マーティン・ガードナーといったらやはりこれ、

新版 自然界における左と右
マーティン ガードナー Martin Gardner 坪井 忠二
4314005769

 こちらは未読だけれど、ちょっと興味をそそられたので。

奇妙な論理〈1〉―だまされやすさの研究
マーティン ガードナー Martin Gardner 市場 泰男
4150502722

奇妙な論理〈2〉なぜニセ科学に惹かれるのか
マーティン ガードナー Martin Gardner 市場 泰男
4150502730

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

膠原病・リウマチは治る


4166604643膠原病・リウマチは治る
竹内 勤
文藝春秋 2005-09-20

by G-Tools

 先の「新しいリウマチ治療」よりも新しいということで、より最近の治療薬の情報などもありますが、何よりも価値があるのは「免疫でなにが起きているのか」といった仕組みについて詳しく、けれども素人にもわかりやすく書かれている点。

 どのような病気であれ、まずその病気を正しく知ることが正しい治療への道となることを理解すれば、えせ医学に惑わされてしまうことも減るであろうかと。(もちろん、すべての病気がその仕組みや治療に関して完全に分かってなどいない現状はそれとして)

 ただ、免疫を中心とした病状の解説や現状の治療方法のそれぞれの病気別の解説が主であり、生活面でのアドバイスであるとか、そうした周辺的なことを知るには不向きなため、そうした情報はまた別の方面で得てもらう必要はある。

 とはいえ、現状でこれほど手軽でありながらきちんと解説されたものを読めるという意味で大いに価値のある一冊かと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

つぎ?それともその次?

 [ @nifty:フォーラム@nifty:フォーラム@niftyからのお知らせ: 「フォーラム@nifty」は、2007年 3月31日をもって終了します。 ]

 当初から”早く止めてくれないかな”という声なき声がニフティから聞こえていましたが、そんなことなら面倒なことなどせずにきっぱりと止めていたらよかったのに。

 ユーザーが離れたのは決してネット環境の変遷だけではないのは自明のことなのですが、そんなことは感じていないのでしょうね。昨今のニフティには虚しさがつきまといます。

 次は”ココログ”でしょうか? それともその前に”@ホームページ”でしょうか(笑)


#こんな動きはあるらしい。
http://bbs.com.nifty.com/mes/cf_wrentT_m/FWEBKK_B001/wr_sq=FWEBKK_B001_0000000208

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

核先制攻撃症候群


20060709_s

 メンテナンスやら何やらでしばらく後回しにしていたので、いまさら感があるものの一応載せてはおくとしよう。

 先のミサイル発射に関して、ふと思うのはオルドリッジさんの著書。別に今に始まったわけではないのだが、やや遅れて時代を追随しているのがこれらの国の核開発なのではないかなと。

 かつては”保有することに意義がある”という感じでいわれたものの、随分昔からそれは”確実な第一撃を与えること”に変わっていた。現実的にはいまでも使うことを積極的に想定してはいないのだろうけれど、その目的や趣旨・意味は間違いなく変わっているはず。

 訳者あとがきの次の一文が端的に本書の主題をあらわしているかと。

アメリカの核戦略は、表向きは核抑止力といっているが、じつは抑止力どころの話ではなく、相手に反撃を許さぬ核先制攻撃能力を目ざしているのだという点を明らかにしています。なるほどこれならばいくらでも強力な核戦力が必要なわけです。

 残念ながら現在絶版の様子。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

参りました、CS-X

 [ そこが知りたい家電の新技術::松下電器 新・フィルターお掃除ロボットエアコン「CS-Xシリーズ」~10年間メンテナンスフリーのエアコン ]

 テレビ CM を見ていて、「で、一体そのゴミはどうするの? その掃除は必要なんでしょ?」と思っていたのだが、それすらも必要ないらしい。それは画期的。

 もっともエアコンも扇風機も使わない生活をしているわたしには、まったく無縁の商品であるのは間違いないのだけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

スパムではありません(汗)

 [ [観] 自分の記事が他人のココログに出現する現象 ]

 みごとに取り込まれています。わたしも一度反映後に表示された記事一覧に、まったく違うタイトルが並んでいるのを体験したことがありますが、実際ページになったのは初めて見ました。

 しかも 7/4 の正しい記事の後に 5/29 の tsupo さんの記事というのは一体どういう結果なのだろう。

 今日もどこかでこうしたページが多数存在しつづけているのかもしれないわけですねえ(たとえ直しても、また別のどこかで発現する可能性を否定できない以上)。

 来週に予定されているプログラム更新のためなどのメンテナンスで果たして起死回生となるのかどうか。はたまたこのまま末期症状を突っ走ってしまうのか。スタッフの方としてはそれなりに大変な苦労はあるのでしょうけれど、やはり一抹の不安は拭えないのですよね。過去が過去ですので。

 ユーザーとしては、今はただ祈るばかりなのでしょうか。

#おかしいのはトップページのみの様子。個別ページやバックナンバーは間違っていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

明暗

B000F8O5N0Home (通常盤)
アンジェラ・アキ
ERJ 2006-06-14

by G-Tools

 番組開始当初は断片的にしか見たこともなく、その後さっぱり見ることもなかったアニメ「 BLOOD+ 」。この春くらいから時々見るようになったら結構いい感じ。さすがに夕方という時間帯に似合わない、あまり子供向けとはいえない映像だったりはするのだけれど、つくりはなかなかいい印象。

 で、現在エンディングテーマになっている「 This Love 」という歌がなかなか聴かせる。というよりもアンジェラ・アキの声が耳に心地よいのだろうなと。

 実際、昨年デビューというのにすでに人気も高く、先ごろ発売のアルバム「 Home 」も好評らしい。

 意外といってはなんだが、この春先にさかんにテレビ CM で流れていた「ファイナルファンタジー12」の挿入歌も彼女の歌だったのだそうで、「あー、あれもいい響きだったなあ」と改めて思ったり。

 その一方で(と比べるものでもないだろうけれど)、ゲーム「ファイナルファンタジー12」の受けは必ずしもよくないような印象。

 前評判こそ良かったものの、どうももうひとつ賞賛する声が聞こえにくいような様子も。もちろんそれなりによい出来ではあるようだけれど、これまでの作品の完成度であるとかから過度の期待をもっていたせいなのか、どうも芳しくない声の方が多いような。

 それを受けてなのかどうかはわからないけれど、アマゾンでは今現在 60% OFF という値段にまで下がっていたりするし。在庫一掃セールという趣にすら思えてしまったり。

 ここまでくると「このくらいの値段ならやってみようか」という気持ちと「もはやいいか」という気持ちと両方のあいだで、さてどうしようかなと思ってしまうもの。

 アンジェラ・アキの CD を買っておくというのが間違いのない選択かもしれないなあ。

B000EOVS08ファイナルファンタジーXII(特典無し)
スクウェア・エニックス 2006-03-16

by G-Tools

Kiss Me Good-Bye(初回生産限定盤)(DVD付)
アンジェラ・アキ Keith Reid Gary Brooker
B000E58FBC

This Love (通常盤)
アンジェラ・アキ 松岡モトキ Samuel Sealhenri
B000F8O5M6

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

小女子

Konago

 昔から小女子の佃煮を常備して食べていたのだけれど、いつも買っていたものがなかなか買えなくなってしまったので、それではと加工されていない小女子を買って来て自分で作るようになった。安いものだったので節約家のみなさんがこぞって買われたのかもしれない。

 といって、佃煮だからこんな感じであろうという作り方なので、正しいかどうかは分からないけれど、自分で食べるのだからあまり気にもとめずにいる。

 とにかく同じくらいの値段で買って来て分量はおよそ倍はあるわけで、これを箸休めに食べていると適当にカルシウムも取れるだろうし、自分で作るから味付けも若干薄めにできるのが何より嬉しい。

 もっとも、きちんとした分量の目安がわかっていないので、その時々で出来栄えに差が出るのが難ではあるけれど、まあご愛嬌ということで。

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »