« 再現性 | トップページ | ムジナは貉? »

EDLIN の悲劇

 [ 放送・通信の在り方に関する、私見その5::古川 享 ブログ ]

 EDLIN という言葉にちょっとした懐かしさをもって読み始めたのだけれど、とてつもなく重いものを感じさせる内容だった。EDLIN がひとりの人間に及ぼした悲劇は尋常ではないのに、ということを思うに、昨今の社会や報道に見え隠れするものがだぶるような。

 前後して語られる審議会に関する私見を読むにつけ、著作権を守るということは大前提であろうけれど、また別の視点から考えるべきことがらもあるのではないかなという思いも。

 確かにかつての番組や、つい先日の番組であっても再放送がなされない限り(あるいはドラマなどなら DVD 化されるとかが無い限り)は二度と目にすることができないというのは、なんとも残念ではある。

 決して充分とはいえないまでも青空文庫などという例もあることであるし、きちんとしたアーカイブがあってくれたらもっと有効な活用というものもありそうではある。まあ、クリアしなくてはならない問題もあるでしょうが。

#ちなみにわたしは EDLIN というよりも ED はそれなりに使った記憶があったりする(笑)

|
|

« 再現性 | トップページ | ムジナは貉? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/10508534

この記事へのトラックバック一覧です: EDLIN の悲劇:

« 再現性 | トップページ | ムジナは貉? »