« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

増えるよ、増えるよ

 [ @nifty:@homepage:ディスク容量追加サービス ]

 [ Mail@nifty > メールボックスの仕様変更のお知らせ : @nifty ]

 どちらも該当する接続コース(簡単にいえば概ねブロードバンドかどうかというところか)だと既存の 20MB から 100MB に拡大されるわけだけれど、これってそれぞれのサービスのトップページの案内からたどらないとまったく案内がないのですよね。

 もちろん、メールで案内があったような記憶もないし。

 別に悪いことやるわけじゃないし、むしろ万一の場合に備えておいてもらうためにも案内は出すべきではないかなと思うわけです。わざわざそれぞれのトップページ見る人はそうそういないと思うのですよね。

 まあ、今に始まったことではないですけれど。

 @ホームページだって、「そうと知ってたら容量追加なんてしばらく我慢していたよ」なんて人もあるのでは(ないかな)。わざわざ追加料金を払って。

 ちなみにどちらも 6/1 の予定なので、対策するかたはお早めに。


#追記:
 などと思いつつ見ていたら、こんなことも。

 [ 【重要】noteブック終了延期のお知らせ ]

 2006/5/31 で終了と言っていたのだけれど、延期するそうな。期限は不明。移行が進んでいないからという事情なのだろうかなあ。

 果たしてどれほどの人がこのページを見るのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

さいき不能

 これは楽勝か、と思ったらおおいに勘違いだったと気づき、ちょっとハマリ中。

 ローカルのディスクではなくて HTTP な世界だったのだと、遅まきながら気づく。あれこれ試してみるも再帰的に拾うことができない。単に方法の問題なのか?

 リファレンスなど見ながらきちんと考えないと駄目そうだ。

#ひとまず、ディスク内でのディレクトリコピーはできたけど。あんまり意味ないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

古い新人さん

 本社から新人さんがやってきた。また一から教えなくてはならないのか。そしていつまで体がもつものやら。

 一年を通じて忙しさもあり、小さなものから重量物まで、細かな包装作業もあるかと思えば、大きな荷物をまとめて作ることもある。そんな仕事なのだが現在は女性のパートふたりだけ。形の上では係長が担当しているはずなのだが、自分がかかわることはまずないし、よって仕事のことも知らない。どんな作業が行われてどの程度時間を要するのかもしらない。

 とても女性のパートだけでこなせる仕事ではないし、以前はきちんと力仕事のできる人が担当してもいたしでよかったのだが、今では来るのはシルバー人材センターから来てもらっているお年よりがほとんど。

 そのたびに仕事を教えたりしなくてもいい、力仕事もできる人をよこしてください、と何度となく伝えているにも関わらず、このところやってくるのは定年になり嘱託として継続勤務することになった元社員ばかり。

 しかも、「これからずっとここで担当してもらって、仕事の手配などもやってもらうことになりましたから」といっておきながら、仕事にもなれてようやく覚えてもらったと思うと半年あまりで別の場所に移されてしまい、また新しい嘱託社員が回される。

 ここは教育所か。そのたびに教えなくてはならない。パートが社員に仕事を教える。別に”ない”話ではないけれど、それに頼っている状況というのはどうなのだと。自分たちが仕事を知らないからといってそれでいいのかと。

 その一方で、はいはいと指示通りに仕事をすすめているのに、ふいにやってきては勘違いして「なんでこれやってるの! これは後だっていったでしょ!」などと言った後で、それが指示通りの仕事だと説明を受けると、「あ、そうか。これでいいんだよ」などと言ってまたどこかへ消えていく。君よりもよほど優秀なのだから、余計な手間をかけさせないで欲しいと願うのはわがままだろうか。

 年金制度が壊れているからって、定年をなくしても、若者の雇用がますます危うくなるだけなのではないかなあ。

 若い者は体も使わず楽な仕事を、年よりは現場で体を酷使。で、使い捨てていくと。なんだかねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

異次元を語る


0060531088Warped Passages: Unraveling The Mysteries Of The Universe's Hidden Dimensions
Lisa Randall
Ecco Pr 2005-09

by G-Tools

 教えてもらったのでメモ。面白そうだけれど、原書はおろか翻訳されてもとても分かりそうにない(汗)。

 インタビュー番組を BS で再放送するらしいのだけれど、BS ではなあ。総合で放送する日を待っています、NHK 様。


 こっちだと安くすみそう。刊行はしばらく先だけれど。

0141012978Warped Passages (Penguin Press Science S.)
Lisa Randall
Penguin Books Ltd 2006-08-03

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

再帰的

 「Rubyプログラミング入門」を見ていたら、find.rb を使って簡単にディレクトリの再帰的な処理ができるとあったので、試したら本当に簡単だった(笑)。

 これなら GetHTMLW を使う必要もないかなと。もとより、そのほうがすっきりと使えるだろうとは思っていたのだが。ことに、サイトのイメージをそのまま保存するというツールなために、アマゾンの画像であるとか、そのディレクトリにはない様々なファイルまで保存していくので時間も容量も相当に使ってしまう。

 保存したいのはブログの自らのテキストや画像を保存しているディレクトリの構造だけでよいので、シンプルなツールで充分だったのだ。

 ファイル名のリストは出来ているので、これで内容を書き出せばよいのだな、ということで後日テストということに。(サクッと出来ないあたりにレベルが現れている・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

寺村輝夫さん


4834003787おしゃべりなたまごやき
寺村 輝夫 長 新太
福音館書店 1972-12

by G-Tools

 寺村輝夫さんが亡くなられた。77 歳。やっぱり「王様のシリーズ」が代表作かな、とも思うが、最近ということでいえば「こまったさん」のシリーズとかになってしまうのだろうか。

 調べていたら、いくつかの出版社で出されているらしい。

 ご冥福を祈ります。

4652006624おしゃべりなたまごやき
寺村 輝夫
理論社 1998-05

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

るびま0014号

 [ Rubyist Magazine - Rubyist Magazine 0014 号 ]

 とりあえずとっつきやすいインタビューをざっと読んでいたのだけれど、ちょっとあちこち流し読み。

 相変わらず「Rubyist Magazine - Ruby ビギナーのための CGI 入門 【第 3 回】 エラーの修正」は、Ruby 入門にもうってつけな部分が多くてうれしいです。

 さらに、「Rubyist Magazine - RubyOnRails を使ってみる 【第 7 回】 RJS を使ってみる」で紹介している見積書関連の話は、できたらいいなあと思っていたあたりの内容なのでちょっと試してみなくては。

 Rails のデモを見て、こんなふうにデータベースを使ったアプリができるのなら、顧客管理や注文処理、在庫管理などを処理させるのによいかも、などと思っていたので。もっともイメージだけなので右も左も五里霧中。

 などなど、今号も読み応え充分かと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

わにさんどきっ はいしゃさんどきっ


4033303308わにさんどきっ はいしゃさんどきっ
五味 太郎
偕成社 1984-01

by G-Tools

 まもなく 6/4 ということでもあるので、こんな本で子供の虫歯予防にひとやくというのはどう。

 いやまあ、そんな高尚な理由なんてなくても楽しめるのがこの絵本。虫歯のわにが治療に行かなくてはということで歯医者さんに行って治療してもらうことになるのだけれど、なんとも絶妙なのが「わにの台詞」と「はいしゃさんの台詞」がまったく同じであるということ。

 立場が違うはずなのに、なぜ同じ台詞が、と思うのだけれど、これが実にうまく作られていて虫歯治療の痛さというイメージをちょっと柔らかくしている。

 といって”歯医者さんは怖くないから行こうね”といっているというのでもなくて、それよりも”歯磨きしようね”ということで終わる。

 幼稚園とか保育園とかで使えば、子供は楽しみながらも歯磨きしなくちゃな、という感覚を持てるのではないかなあと。

 とにかく、その台詞のさながら掛け合い漫才のような面白さが光る絵本であるので、大人にも楽しい一冊。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

そぅふぉん?

 [ 買収のボーダフォン新社名「ソフトバンクモバイル」に - CNET Japan ]

 「”ソフトバンク”はケータイのホームラン王です」  みたいな(汗





 なんだかなあ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

次回はどのディレクトリに保存されるのでしょう

 管理画面の記事の作成で、画像の挿入ボタンをおしてこれまでのように画像を入れたら、保存先が変わってしまっている。

[ 画像/ファイルアップロードにディレクトリ指定ができなくなります::お知らせココログ: 3月28日、ココログベーシック/プラス/プロ機能概要 ]

 ということのようだが、どうだろう?

 というのも、当初は「自分でディレクトリを作って保存してください」というような仕様だった。

 それが、/blog/images/ 以下に固定され、ずっとそうして保存してきたというのに、

 今回の仕様変更で、/photos/uncategorized/ 以下になってしまっている。

 遡って確認してみたら替わっている。気づかなかった。

 画像やファイルを一括して管理しやすくしたいという考えは分かるけれど、それではいったい今まで保存してきた分はどうなるのか? あのお知らせ文では説明が不充分だと思うのだがなあ。

 仕様変更はあってもよいけれど、なんだか闇雲にいきあたりばったりにやっているのではないかと思われても仕方の無いやり方なのでは。

 そのあたりをココログスタッフ様はどのようにお考えなのでしょうねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

デスクトップ操作を録画

init_d

 HTML で作った古いマニュアルの改訂作業に伴って、デスクトップでの操作を動画にしたいと思い、あれこれ方法を探った結果。ただし、Windows 限定。

デスクトップ上の操作を記録する:
Windows Media エンコーダで、「画面の取り込み」を使う。

WMV → AVI :
Windows Media エンコーダでの保存形式は WMV だけなので、AviUtlds_input プラグインを入れて変換する。

WMV,AVI → MPEG1 :
他の環境での使用も一応考慮して、一番無難かと思われる MPEG1 ファイルに変換。DVD ドライブに付属していた VideoStudio7SE を使用。TMPGEnc 4.0 XPress なら可能とか(フリー版でもいけそうな感じもあるなあ)。(ダウンロードなら TMPGEnc Plus 2.5 という選択もある)

 これまであまり使うことのなかった VideoStudio が、結構役にたった。DVD ドライブの付属ソフトだからまったくのフリーというわけでもないが、あるものでもなんとかなることもあるのだなと。ありがたいことです。

TMPGEnc 4.0 XPress
B000FBH3FE

Ulead VideoStudio 9 通常版
B0009NZTE0

 こっちのふたつなら安いから買ってもいいかも。古い版だけど付属版では使い勝手とか良かったので。
VideoStudio7
B0009UMD3I

DVD MovieWriter2
B0009UMD38

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

近頃めっきり体が・・・(笑)

 [ 高木浩光@自宅の日記::■ 編集長が見て見てと言うので買ったネットランナー5月号の仰天内容 ]

 たぶん真面目にだと思います。こほっ、こほっ。

 「すまねえなあ、おめえにばっかり迷惑かけて」

 「おじいちゃん、それはいわない約束でしょ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

それはちょっとねえ

 [ diary.yuco.net::Amazonアソシエイトのtakochu04-22って何? ]

 Firefox に Greacemonkey をインストールして、当該のスクリプトを入れている場合にだけおきる”不当な”働きなので、使っていない、もしくは他のブラウザの人には影響はない。

 とはいえ、ちょっとこれはねえ、という事態だなあ。大体、自分が使うといっても自分のアマゾンアフィリエイト ID になっても、自分にはなんの得もないということを考えると、”悪用”を前提としていたと思われても仕方ないのではないかという。まあ真意がどこにあったのかは知る由もないけれど。

 当該の機能を使っているという方は、ご注意を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ゆたかな社会


4002600114ゆたかな社会
鈴木 哲太郎 J.K.ガルブレイス
岩波書店 1990-03

by G-Tools

 ガルブレイス氏が 4/29 夜に亡くなられたそうだ。97 歳。

 「不確実性の時代」のほうがあるいは著名かもしれないけれど、天邪鬼なわたしは手をだしていないのでよく知らない。1990 年頃の”豊かさ”関連のブームとでもいえるときに、「豊かさとは何か」を読んだ勢いで、ちょうど刊行が始まった同時代ライブラリーのなかにリストされていたので、こちらは購入した。(はたしてそれは天邪鬼なのか)

 残念ながら詳細はすでに記憶の彼方になっているので、パラパラとめくって当時の赤い線引きを見ていくと、やや少なめながらいくつかの部分が残っている。

雇用しえない人、困難なしには雇用しえない人、労働すべきでない人にとって直接的な解決策は、生産に関係ない収入源である。 (中略) これらの提案に共通する原則は、一般的な権利として基礎的所得を与えるものとし、その金額は所帯の大きさに関係するが、他の点では必要とは無関係なものにする、ということである。( p.356 )
概して、賃金労働者にとっては、たのしい労働条件をもつことはたのしい家庭をもつのと同じくらい重要であるように思われる。( p.395 )

 訃報を受けて再刊・復刊されるとよいのだが、現在入手困難なようだ。

#「不確実性の時代」も講談社文庫版であればなんとかマーケットプレイスで入手可能か。
不確実性の時代 (上)
不確実性の時代 (下)

Galbraith_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »