« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

旅廻り宇野重吉一座

4000080407旅廻り宇野重吉一座
麦秋社
岩波書店 1988-07

by G-Tools

 先日公開された映画も好評な様子の「博士の愛した数式」で、数学者である”博士”を演じている寺尾聰ということでふと懐かしく思い出したのが、この写真集。文章もあったかとは思うのだけれど、舞台の様子などを撮影したモノクロの写真で構成されていたと記憶している。

 宇野さんを知った具体的な経緯はもはや覚えていないのだが、宇野重吉という役者さんのすばらしさは言うまでもないこと。そんな一座の公演の様子などを収めた写真集が出版されると岩波の案内にあったので、少々無理をいって確か 3 冊ほど入れてもらったのだと思った。1 冊はほどなく売れたのだが、残りがなかなか動こうとしない。極端に高い本ではないものの、岩波だけに売れ残ってしまうのはちょっと困ったことになってしまうので、さてどうしたものかな、とも思っていた。

 むろん、自分で買えばよかったのだが、当時の自分にはその値段でもちょっと躊躇する時代だったということもあったか。

 結局、連休になって観光客の目にとまり、程なくそれらも売り切れた。むしろ東京などでは品物がなかったようで、ありがたがられたということだったらしい。

 病に冒されながらも、最後まで役者としてその生をまっとうしたその姿はきっと多くを語っているのだろうなあ。今さらながら、あらためてじっくりと見たいと思ったり。

 寺尾聰さんご本人も仰っているが、最近とみに似てこられたような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

多面的な視点

 [ ただただし@「ただのにっき」のエンジニアいとをかし/Tech総研:企業にはいろんな顔がある ]

 昨今はとかく右に左にと様々な事々を流れのままに流していくことが多くて、昨日までの姿と今日の姿ががらりと変わっていても何の不思議にも思わない、むしろそれがずっと以前からそうだったのだといわんばかりの風潮というのが社会に蔓延しているのかもしれない。

 かくいう自分も果たして適切に物事を判断できているのかという不安を覚えずにはいられないけれど、せめて偏らない多面的な目をもって物事に接していかなくてはいけないのだろうな、とあらためて感じた次第。

 という点ではこちらも興味深いかも。

 [ 13Hz!: なぜ、ライブドアだけが摘発されたのか ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Access Analyzer の使用感

 [ *second message*: アクセス解析を「Acsess Analyzer」に変更 ]

 を読んでから、個別のページの記録を取ってくれ、ページタイトルを取得して表示してくれる、というところに惹かれて昨年暮れに導入してみました。

 全体的な印象としては、ページタイトルごとに表示できることと、生ログでもページの移動の過程が見えることについては面白く重宝に使えています。ただ、全体としてのレイアウト、デザイン、使い勝手などは特に大きなメリットということでもなく、むしろ忍者ツールズのほうがわたしとしては好みで、メインはそちらという使い方が今のところ。

 忍者ツールズでは、どのページを見たのか知りたければ全てのページにタグを埋め込まなくてはならず、それはブログには向いていない仕様です。その意味で Access Analyzer はブログ向きと言えるかもしれません。

 残念なのは、生ログで表示した時にはページタイトルでの表示はできずに、URL での表示となるため、どんな記事を順に見ていったのだろう? という時にはファイル名から辿ることになるのですが、ここでブログで生成する規則的なファイル名の不便さをあらためて確認することに。ココログでいうと「 post_xxxx 」という奴ですね。

 そこでやはりファイル名も自分でわかりやすくつけるのが後々便利なのかもしれません。(どの記事が読まれたのかには興味ない、という場合はあえてする必要などありませんが)

 確認のために手順をあらためてメモ。

  1. タイトルに英数文字だけでファイル名にしたい文字列を入力。
  2. 「下書き」状態で、いったん「保存」(記事本文は書いてあってもなくてもよい)
  3. タイトルを日本語で付け直してから、記事の状態を「公開」にし、「保存」

 このときに、日本語でタイトルを入力したなかに、英数文字が入っていると、それが採用されはするが、恐らくは 16 進数 4 桁と思われる数字が末尾についてしまう。重複を避けるという意味ではそれもよいかも。

 つまり、日本語タイトルの先頭や末尾にでもファイル名にしたい英数文字を入れておいて「下書き」「保存」。その後ファイル名部分の英数文字を削除して「公開」「保存」。これだと勝手に数字を付加したファイル名をつけてくれる。

 もっとも、先の方法でも重複する場合には、そうした処理をしてくれるのかもしれないが。また、バックナンバーとしてのディレクトリ内で重複しない限り発生しない問題であると考えると、あまり心配はないかもしれない。

 こうして個別の分かりやすいファイル名をつけておけば、URL だけを見ていても、どの記事が読まれたのか推測しやすい。

 理想としては、忍者ツールズでこの方法(ページごとの集計)を採用してくれないかなあ。


 [ 忍者TOOLS - 無料ホームページ/レンタルCGI/アクセス解析/掲示板 ]
 [ アクセス解析 [AccessAnalyzer.com] ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

堀衛門狂想曲

 [ 偉愚庵亭憮録: ザ・フール・オン・ザ・ヒル ]

 中盤で語られるホリエモン関連について、いたく同意してしまった。どうしてこうもメディアは情報を偏って流そうとするのだろうなあ。

 「額に汗して」というのに合致するような仕事をしている人が、はたしていかほどいるのかと。いやまあどんな仕事でもそれなりに汗はしているのでしょうけれど、単なるヒガミとかやっかみにしか聞こえないというのもまた確か。

 拘置所に暖房がないってのもねえ。そりゃ個別にはないよね。でも全体としては暖房してないわけがない。この時代に。少なくとも暖房していても 13 度程度までしかない我が家よりは温かいでしょう(笑)。<実際はわからないですが。

 削除されたメールを復活なんて話題も。そんなすごいことができるんですねえ!ってノリで報道されてましたが・・・

 いずれにしても騒ぎすぎだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

すばやい

 [ RetroPC.NET: M88max 20060111 リリース ]

 こうしたソフトはすぐに移植されますね。NP2 とかも移植されたらちょっと気になってしまいそう。

 やっぱり通話するというところから離れたところで話題を集め、おまけとして通話もできる、というような位置付けなんでしょうか。それこそが狙いなのかな。

 [ 小寺信良の週刊「Electric Zooma!」第241回:「W-ZERO3でAVライフ」は成立するか~ ポータブルデバイスの新たな可能性を検証 ~ ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

室内冬日更新

20060125_1_s

 暖房を使っていない部屋とはいえ、この冬一番の最低室温を記録。-2 度

 ちなみに寝るまで暖房していた部屋は 0 度。毛糸の帽子が必需品。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

気象データ

 ローカルで tDiary を使って日記をつけているというのは以前にも書いたけれど、昨年から新聞の気象情報を利用して前日の最高・最低気温を記録していた。いずれそのデータを切り出してグラフにするとか、数年分まとまれば比較したりできるなあと、漠然と思いつつも記録しておかなくては後で調べるのも大変だし、と続けていた。

 ようやく一年が過ぎ、そろそろ一度データだけ切り出しておこうと思い、Ruby でスクリプトを用意して切り出してみた。考えてみれば、初めからエクセルに入力するなりすればよかったことかもしれない。そうは言ってもすでに記載してあるデータはそのままでは使えないわけだし。作業は必要。

 何度か失敗もあって(というのも、厳密に書式を決めていなかったというか、やっているうちに微妙に違ってしまったらしく、切り出しのための正規表現に修正を加えてようやくうまく切り出せた)、出来上がったデータを見ると、なぜかデータのない日付がいくつか存在。合計 8 日分。修正した正規表現からももれてしまうのがあったのかな? と日記データそのものを見ると、どうやら記載もれらしい。

 さて、困った。いや一日ふつかないからといって学術的なものでもないし、そう困るということでもないけれど、せっかく記録したのに欠けているのも悔しい。ひょっとしてと見るとやはりありました。気象庁のサイトに。

 [ 気象観測(電子閲覧室) 気温や雨などの観測データが検索できます ]

 遡ったデータや特定の日付、特定の月のひと月分といった閲覧が可能になっており便利。さらにそれをグラフ表示してくれたりする機能もあって、ということはわざわざ自分で記録している必要などなかったのだろうか?(^^;

 夏休みの子どものために、休み終了間際になってあわてて天気を調べたりという需要が多いということは知っていたけれど、これがあれば随分と係りの方の負担も軽くなるのだろうなあ。もっともサイトの存在を調べるよりも、とにかく電話して尋ねる主義の人もあるだろうから、必ずしもそうとは限らないか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

じゃ、しょうがないな

 [ 古河建純 インターネットBlog: お客様の声 ]

 わたしも少なくない金額を毎月ニフティさんに支払ってはいるのですが、わたしはお客とは呼べないということのようですから、仕方ないですね。いろいろ疑問を投げかけたりしても、聞く耳もたれないのも無理のないことですね。

 でも、わたしの考えはそんなに非常識だったのだろうか?

 と、いまさら蒸し返しても始まりませんね。虚しさを通り越してある種の清清しさを感じてしまいます。

[ つらつらぐさ: なぜ公表されないのか? ]
[ つらつらぐさ: なぜ公表されないのか? (2) ]
[ つらつらぐさ: なぜ公表されないのか? (3) ]
[ つらつらぐさ: なぜ公表されないのか? (4) ]
[ つらつらぐさ: じゃ、しょうがないな ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

賀詞

 [ @nifty:デイリーポータル Z:菓子交換会 ]

 連想としては昔からある気がするし、それはそれで面白い企画なのですが、そもそも二重に間違っているような気がするのですが。

賀詞交歓会(かしこうかんかい)。仕事関係の人々が集まって行うちょっと堅めの新年会といったところだろうか。

 と読み仮名をつけられているけれど、「がしこうかんかい」と読むべきところかと思うのだが。

賀詞【がし】
祝賀の行事の時に述べる、祝いの言葉。祝詞。
新明解国語辞典第四版より

 #ジャガポックルがあったのが気になる(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

安全のため

 の裏に利益のため、というのが浮かびそうなお役所の考え。ソニータイマーを先見の明とは、arton さん、うまいなあ(^^;

[ 先見の明::L'eclat des jours ]

 買い替え需要のために短く設定して、という輩がでてくるのは必定かも、と思ったり。

 ちなみに家のソニー製品は 10 年選手がいるけど、とりあえず動いている。たまたま難を逃れたのか(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

博士の愛した数式


博士の愛した数式博士の愛した数式
小川 洋子

新潮社 2005-11-26
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ベストセラーとかなんとか大賞受賞などというと、とたんに興味がそがれてしまう天邪鬼なわたしなのだけれど、この本だけはハードカバーの時に買おうかと思って手にとったことがある。恥ずかしながら値段におじけて買うには至らなかったのだが(べらぼうな値段ということではなかったのだけれど(^^;)、以来読みたい本として常に頭の片隅にはあった。映画化の話はまったく知らずにいて、今回文庫になったということで、それならと今度はすぐに購入して読んだ。80 分しか記憶がもたない数学者という設定はやや突飛な印象もあったが、そんな違和感などはすぐに消えて一気に読んでしまった。

 誰でも初対面の相手と話すときは、話のきっかけをどうもっていこうかと思うもので(もちろんそういう抵抗のない人というのも存在するけれど)、博士にとってはそれが数学であった。博士のすばらしいところは、決してこむずかしい数学の理論などを持ち出すのではなくごく些細な数にまつわる不思議や面白さを、やさしく語ることができること。とかく学者や専門家は優しいことまでも難しく語ってしまう傾向があるもの。物語のなかで語られるいくつかの数の話にしても、ごく普通に手で計算して確かめることができるものが多い。そうして、試してみるとなるほどと、その不思議な性質をあらたな発見のように感じられる。

 そうかと思うと博士は子どもにたいしてだけは異常なほどの愛情で接する。子どもをとても大切にする。けれど、博士の記憶は 80 分でまたリセットされてしまう。

 同じことの繰り返しのなかから、ほんの少しづつあらたな歴史が作られていく繰り返し。すべてが無駄に見える繰り返し。それでも続けられる繰り返し。繰り返されなくてはならない繰り返し。博士と家政婦親子との日々が淡々とつづられる。そんな繰り返しがなんと素敵で大切なのかと、ふと思いいたらされる。第一回本屋大賞受賞もむべなるかな。

 博士が愛した数式。それは、オイラーの公式。偶然というものなのか、昨年になってようやく入手し読み始めている「オイラーの贈物―人類の至宝eiπ=-1を学ぶ」は、そのオイラーの公式を理解するための独習書として著されたもの。わたしのような一般人にとっては理解するまで読み進めるのは容易なことではないけれど、順を追って読み進めればある程度は理解できるかもしれない。興味をもたれた方は手にとられてはどうだろう。

 映画のできもなかなかよいようで、見てみたい気持ちもあるのだが、昨今の出不精からするとテレビ放映かレンタル待ちということになるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

雑記二題

#未公表と記事一覧ページの追加事項


なぜ公表されないのか?と思うことがそもそもおかしいらしい
年末年始をはさんでいたということもあるにはあるが、あまり反応はないです。ニフティの方も頻繁にご覧になられている様子ですが、だからといって動きがあるというわけでもなく、つとめて静かな状況。

そうしてみるというと、つまりはどうして公表されないのだろう?と考えるわたしの感覚のほうが異常なことのようです。単にひとりが騒いでいるだけなので関係ないという立場なのかもしれませんが。「重い」という苦情は殺到したために何度かコメントをだされてましたものね。どうせ広く知られないのであれば、黙っていたほうが得策というご判断なのかもしれませんが、恐らくはそうではなくて、わたしのような反応が社会一般的にはおかしい反応なのでしょう。まだまだ社会勉強が足りないようです。

記事一覧に概要を追加
年ごとの記事一覧を作っていますが、記事ごとの概要データを追加してみました。記事タイトルの a タグに title= を付け加えてみました。リンク上にマウスを載せると概要がチップヘルプで表示されます。ブラウザによっては表示できないかもしれませんが。
文字数が初期設定の「 40 」文字のままであり、概要を別個に設定できないベーシックプランなので、必ずしも概要として機能している内容ではありませんが、まあ参考程度にどうかなということで。
なお、掲載しているスクリプトにはこの変更は反映されていません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

耐震強度偽装とアメリカ?

 田口さんの書店日記を読んでいて知った「拒否できない日本 アメリカの日本改造が進んでいる」を遅ればせながら読んでいて、ちょうど昨年のマンション耐震強度偽装事件にからみそうな部分にふと想像をめぐらしてしまった。

 昨年の一連の報道では、そもそも民間の検査機関が登場したいきさつというのは、先の阪神淡路大震災を受けて建築基準法の改訂が行われた結果といったことだったと思う。また、それによってさまざまな基準がより厳しくなったという印象を普通は持つし、たぶん誰もが今もそう思っているのだろうと思う。

 ところが、どうもそういう考えは違うのではないかという不安を感じてしまう内容がかかれている。あくまでも「拒否できない日本」の記述からという前提で想像してみたのは次のようなこと(事実でないというわけではなく、他のソースを辿っていないからということ)。

1995年1月17日
阪神・淡路大震災
1995年11月
日本政府は建築審議会に建築基準法の見直しを諮問
1998年6月
建築基準法を全面的に改正

 というのが大まかな流れ。

 この改正は、

それは「約半世紀ぶり」という鳴り物入りの大改正で、建物の安全性などを審査する基準が抜本的に見直された。ひとことで言うとそれは、建築の建て方(仕様)を細かく規制したこれまでのルールを、建築材料の「性能」を規定する新しいルールへと変更するというものだった。これを官庁用語では「仕様規定」から「性能規定」への転換と言うのだそうだ。

 著者は、見直しが諮問されたタイミングから阪神・淡路大震災が原動力になったのだと想像した、と書いている。上の年代順を見ればしごく自然な解釈だ。しかし、建築審議会の答申書を読んでいて困惑させられたとある。 それは、
その答申書には、新しい性能基準は「国民の生命、健康、財産の保護のため必要最低限のものとする必要がある」と書かれているのだ。これは「最大限」の間違いではないか、と私は目を疑った。
という部分。(下線は本書のまま)

 ついでこのオリジナルはどうやら WTO の協定第二条にあるようだと記している。

WTO 加盟国の国内における強制規格(建築基準や食品安全基準などのこと)は、「安全保障、詐欺的行為の防止、安全、気候、基本的な技術上の問題等、正当な目的のため必要最低限のものであること」、そして「国際規格を基礎として用いること」と規定されているのである。
(下線は本書のまま)

 そして、建築審議会の答申書には、建築基準法の改正が必要になった背景には、

阪神・淡路大震災の教訓とは別に、「海外の基準・規格との整合性を図ること」と「我が国の建築市場の国際化を踏まえ、国際調和に配慮した規制体系とすること」が必要である、と書かれていることに気づいた。

 という事情があったようだ。

 そもそもの発端は、実は阪神・淡路大震災の 6 年前に発動されたスーパー 301 条で標的にされた、スーパーコンピュータ、人工衛星、そして木材すなわち建築材料だったという。

 アメリカは日本の建築基準法や製品企画などが、アメリカ製木材の輸入を妨害していると非難。日本は、度重なる災害の教訓から日本の国土の状況に即して定められているので緩和する意思はないと抵抗したが、アメリカは一方的に圧力をかけつづけ、ついには在米日本大使名でアメリカ通商代表部カーラ・ヒルズ代表(当時)宛に「木材製品に関連して日本政府が講じる措置」というタイトルの書簡を提出。

日米両国政府間の合意内容として、「建築基準は原則として性能規定とすることが好ましい」
と書かれていたという。

 こうしたことはアメリカ通商代表部が作成した『外国貿易障壁報告書2000年版に、日本の建築基準法の改正がアメリカ政府の要求に応じてなされたものであると明記されているという。それ以外にも、「定期借家権制度」「住宅性能表示制度」なども同様であると記されているそうだ。

 これらを追加してみるとこうなる。

1989年5月
スーパー301条発動(木材など三品目)
1990年6月15日
在米日本大使名でカーラ・ヒルズ代表に書簡を提出
1995年1月17日
阪神・淡路大震災
1995年11月
日本政府は建築審議会に建築基準法の見直しを諮問
1998年6月
建築基準法を全面的に改正

 震災の反省を受けて建築基準法を改正したというよりは、それを絶好の機会として利用したというのが正直なところというのは決してうがった見方とはいえないのだろうと思う。(ただ、そこへいたる 5 年という年月がはたして妥当な長さであったのかという疑問はなくもない。改正のための充分な準備作業にそれだけの時間を要していたということとも想像はできそうであるが)

 やや飛躍するかもしれないが、そうして考えてみると、そもそも安全面などはあまり重視されていない改正だったのだと考えれば、耐震強度の偽装事件も起こるべくして起きたということなのかもしれない、と。つまり、規制が強化されたのではなく、むしろ弱められていたという状況があったのではないかと。

また、地震が多い日本の建築基準は、海外の基準や国際規格より厳しくなっている。日本の基準を海外に合わせるということは、日本の基準を「必要最低限」まで緩和する、というに等しいのである。

 だからといってアメリカがそれを目論んでいたなどというつもりはないのだが、結果としてあるいは、もっと根の深いところではもっといろいろのことが潜んでいるのではないかと勘ぐりたくなる。

 現行の建築基準法と以前のものとの差異の詳細を知らないので、なんともいえないところではあるけれど、果たしてそれが本当の意味で国民の利益にかなうものであったのかどうかをまず問うべきなのかもしれない。そして、もしもより甘くなっていたというのであれば、耐震強度偽装事件における国の責任はより重く問われるべきではないのかと。


書店日記における「拒否できない日本」をめぐる話題については、 33、34、36、38、のそれぞれの回をお読みください。

#在日米国大使館のホームページから「日米規制改革および競争政策イニシアティブに基づく日本国政府への米国政府要望書 」(日本語訳も含めて)を閲覧することができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

厳冬のぬくぬく

 こう寒くて、しかも連日雪となると(むろんそうでない地域の方々もおられるでしょうが)布団干しもなかなか思うにまかせません。

 晴れているとはいえ、ひんやりした外に干したところで紫外線の効果はあるかもしれないけれど、ふかふか布団になるわけではないです。

 となるとやはりお世話になるのは布団乾燥機。雪に降り込められてもふかふかの温かい布団を維持することができます。

 寝る前に布団を温めておくという使い方だけでも重宝。電気代が気になるかもしれないけれど、せいぜい 1 時間程度なので、週に何度か使うくらいならそうそう困るほどでもないはず。

 冷え込みそうだという夜には布団を温めてから気持ちよく寝られる幸せというのも、ささやかながら嬉しいのです。

 わたしが使っているのは数年前の SANYO 製なのでこれとは違いますが、ちょうどすぐに出荷できるようですし、値段もまあまあ手ごろ。この冬の寒さ対策もかねて使ってみるのも一考です。

SANYO ふとん乾燥機 オレンジ FK-LS3 D
SANYO ふとん乾燥機 オレンジ FK-LS3 D
三洋電機
売り上げランキング :
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

アンド安堵

& (初回限定盤DVD付)& (初回限定盤DVD付)
一青窈 富田素弘 武部聡志

曲名リスト
1. Banana millefeuille
2. ホチKiss
3. うれしいこと。
4. かざぐるま
5. 影踏み
6. 指切り
7. アンモナイト
8. Oh la la
9. ピンクフラミンゴ
10. &
11. さよならありがと

1. 影踏みPV
2. かざぐるまPV
3. 指切りPV
4. ハナミズキ(京都祇園甲部歌舞練場ライヴ)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 先月下旬になってふと三枚目のアルバムが発売になっていると知って、アマゾンを見ると 10% 引き。限定の DVD 付きもあるとのことで、早速に購入したのでした。

 年内配送に関してみると日にちてきに難しいかと思ったのですが、まあ急ぐものでもないので年明けに届けばと思っていたら早々に到着。ただ、夜の時間に玄関のドアノブに黙って下げていかれても気づきませんわな(^^; さっきの佐川さんのトラックはひょっとして? と念のために確認したらあったという。翌朝まで寒風の中下がっていた可能性も大だったり。

 ともかくせっかくならばプロモーションビデオ DVD 付きのパッケージのほうが、楽しい。前回の『一青想(ひとおもい)』の時も「江戸ポルカ」に笑ってしまったし、今回も楽しみです。(一青想 (通常盤)

 「 Banana Millefeuille 」では小気味よい韻を踏んでいるし。「うれしいこと。」では、CM をふと思い出す。

 映画「蝉時雨」で使われた「かざぐるま」は情緒的な日本の風景が浮かぶ。

 「影踏み」などもネットで視聴したときよりも印象がよいし、「さよならありがと」もしっとりと聴かせてくれる。

 「もらい泣き」をラジオかなにかで聴いた当時は、妙に心に残るものを感じて気になり、やがてその歌詞を見ると、どれも散文的な一見脈絡のなさを感じていたけれど、なぜかメロディにのるとそれがまったく違和感を感じさせないというのが不思議。

 初回限定版が終わっていたとか、音楽だけでいいという方は『& (通常盤)』で

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年の黒豆と大根

daiko_mame_06

 遅くなったけれど今年の黒豆と大根を載せておくとしよう。

 黒豆はやや甘さ控えめで、少し硬めで歯ざわりを残してみた。(作り方は一昨年の記事参照)

 大根は例年圧力鍋で煮ていたけれど、今回は耐熱容器に入れて電子レンジで 10 分下茹でしたうえで普通に鍋で煮た。これでもそう時間をかけずに煮込むことができる。だしは煮干と粉末だしの素を使ってみた。もちろん煮干もおいしくいただいた。

 大根はもう終わるけれど、黒豆はまだ楽しめる。冷え込みの厳しいこの冬はまたまた黒豆を煮る機会が増えそうな予感。あ、きび糖買わなきゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

そしてやはり冬

snow_060103_s

 冬とはいえ、やはり雪は少ないほうがいい。この程度はかわいいところであるのも確かだけれど、それでもやっぱり。

 今日は一日こんな調子。週末まで続くようだ。北海道東海上に抜けていった低気圧は発達して台風並みになっている。北海道から東北は大荒れだよね。それを思えば幸せというものか(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

つかの間の晴天

sun_050101_s

 年末は雪ばかりで、真冬日ばかりで、ひたすら寒かったのだけれど、元日は嘘のような晴天になった。

 とはいえ、低温が続いているのは変わらないので寒いのは変わりないのだけれど。気分的にはまだ穏やかな気持ちになれるというもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »