« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

ウィルスバスター2006の不安な挙動

 [ ウイルスバスター2006はトレンドマイクロの定義で言うところのスパイウェアである::高木浩光@自宅の日記 ]
 [ ウイルスバスター2006は存在しないサーバ名もトレンドマイクロに送信する::高木浩光@自宅の日記 ]

 知識にかけるので、正確なところを読み取るのは難しいのだけれど、なんだか嫌な匂いだけはする。わたしも先ごろウィルスバスター2006にしたところ。ツールバーの類は好きになれないので(多くの場合に、このように勝手に情報をサーバに送ろうとするのが嫌)、使っていなかったのだが、URL フィルタ機能にもデータを送信する仕様があるようにも読み取れる。

 もちろんこれらの記事やそれを受けて急遽だされたトレンドマイクロの Q&A 記事によれば、それが大きな問題を呼ぶということがすぐさまあるということではないようなのだが、やはりちょっと気持ちの悪さは拭えない。

 現代のネットワークがいろいろと対策をしても、様々な要因でなんらかの危険性をはらんでいるというのは認識すべきなのだと思うので、あとはそれに対しての対処の問題なのか。

 トレンドマイクロ側にしても、この件に関してのインストール時や使用時の説明不足などは否めないわけで、対策方法そのものに問題がないというのであれば、それらをきちんと説明し安心してユーザーが利用できるようにするのが責務ということなのでしょう。

 昨今はホームぺージで公開すれば、それですべての人に対して情報を公開したということと同義に扱われることが多いような気がするが、さながら先のハリケーン被害の時の情報提供にも似ています。

 いたずらに危機感をつのらせるのもどうかという面はむろんあるけれど、ウィルスバスター2006利用者は少なくとも上記の記事やそこからリンクされている当該記事によく目を通した上で、判断されたほうがよさそうではあるでしょう。


 [ 星澤裕二メモ - ウイルスバスター2006のフィッシング詐欺対策ツールバー ]
 [ セキュリティホール memo ]

 [ トレンドマイクロサポート情報 ]


 この件とは関係ないけれど、以下の比較記事はなかなか興味深いです。あくまでも別件ですが。

 [ rootkit入り環境で各種セキュリティソフトを試す::元麻布春男の週刊PCホットライン ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

盛況の白石さん

 テレビで紹介されるときには、どこの局も決まって「盛況の白石さん」というアクセントで云っています。

 まあ、アクセントは地域によって違いや特徴があるのでどれが絶対的に正しいとか間違いとか云うつもりはないのですが、わたしとしてはちょっと耳障りが悪いなあ、ということ。

 生活協同組合のアクセントのまま縮めると「盛況」と同じアクセントになるかと思うのですが、大学生協とか学校生協とかいう時のアクセントで読むほうがしっくりくるのですよね、わたしとしては。普通の人は後者のアクセントで呼んでいませんかね?

 確かに好評でよく売れているようですから、「盛況」というのもなかなか含蓄のある表現かも、と思ってはいますが(^^;

 誤解のないように、正しく書いた書名は、
 「生協の白石さん
 です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ムック

 この秋話題になった「大人の科学マガジン Vol.9 」。11 月増刷分も予約で完売という勢いのようで、12 月初めの更なる重版がされているとか。

 ちなみにわたしはポリ袋をかぶせてしまったまま。作ることに意義があったというのも確かなので、まあこんなものでしょう。ただ、時々は折に触れて投影してみることもあろうかと。

 ところでこの雑誌は分類として「ムック」。Magazine + Book からの造語です。書店流通上の扱いは雑誌ですが、通常の月刊誌などと違って返品期限がゆるいというのが特徴(他にもあるでしょうが)。月刊誌などは新しいものが発売になれば入れ替えて、それまでのものは返品します。返品期限としては多少の猶予はあるものの、たいてい即入れ替えて返品になります。ムックの場合は基本的にそれがないと云うわけ(昨今事情が変わっていれば別ですが)。

 そうした意味では、大型書店に在庫がなくても個人経営の小さな書店を回ってみたら在庫があったなんてこともおこりやすい商品かもしれません。

 出版側にとっても、長く置いてもらえる可能性もありながら、あくまでも雑誌としての扱いであるという気軽さがあるでしょうか。

 ちなみにムックであるかの判断は、雑誌コードでわかります。表四に印された、

雑誌62549-56 (大人の科学マガジン Vol.9 のもの)

 という数字の先頭が「 6 」であるものがムック。参考までに月刊誌が”0”、旬刊誌が”1”、週刊誌が”2”。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

プログラマ度診断

 [ アナタのプログラマ度を診断::女プログラマってどうよ? ]

 ということで、普段はこの手のはやらないのだけれど、やってみました。お遊びだからってのはありますが、笑うしかないような結果になってしまったのは、複雑なものも(^^;

一つ目::「プログラマ度診断 Ver 1.10

プログラマ度診断結果
あなたのプログラマ度は以下です。
75%
あなたのプログラマ適正は RANK B で現在の適正としては やや適正あり となります。

解説
あなたは「できるプログラマレベル」です。現段階で適性は十分あります。普通にプログラミングをするのであれば、問題が起こることは少ないでしょう。しかし、今のレベルよりも少し難しいことをしようと思えば苦労することがあるかもしれません。常に腕を磨くといった、精進を怠らないようにしましょう。また、自分より圧倒的にプログラミング技術がある人は存在します。周りにできる人がいないからといって「井の中の蛙」にならないように。

二つ目::[ プログラマ度診断Ver.1.1b ]

あなたのプログラマ度結果(V1.1b-3)
あなたのプログラマ指数は97.5です。
【判定】
 普通のプログラマとして充分な知識と経験と素質を持っているように思います。 これから研鑽を積んでスター・プログラマ(笑)を目指すもよし、足を洗って規則正しい生活を送るもよいでしょう。
 でも足を洗ったからといって、豊かな生活をしていけるかというと、現在ではyesと簡単には答えられませんね。 それならば好きな道を進めばいいんじゃないかな?

 職業にしたことはないのに(^^; 単にいまだに 8bit マシンが残っていたり、やむなく 8080 アセンブラいじったりしたってのが影響しているんでしょうね。ゲームにしてもむしろマイコン時代のほうが遊んでいたような気がするし。

 これを機会に転職なんてバカなことはもちろん考えませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

最善を尽くす

 三週間待たされた結果がこれだったのでしょうか・・・

 今のところ説明はないですが、改善されたのでしょうか。そもそも改善の予定などなかったのでしょうか。それともまだ着手されておらず、今後改善されるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

天文年鑑2006年版


4416205198天文年鑑 (2006年版)
天文年鑑編集委員会

誠文堂新光社 2005-11
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 長年購入していたのですが、ここ数年はちょっとご無沙汰しています。星は好きなのだけれど、かつてのような情熱はちょっと冷めてしまっていて、さりとて日常的に目にする夜空にはそれなりの関心はあるので、見上げることはよくあるわけです。

 昔とったなんとかで、それなりに星はわかるけれど、惑星の位置であるとかはやっぱりわからないし、天文現象などはわかるべくもない。

 先日も最接近の火星があまりに明るかったので、木星だとばかり勘違い。さすがに宵の明星は間違えることはなかったですが、ステラナビゲータで確認して冷や汗三斗。

 日々の天体の移り変わり、日食月食などの情報、天文の基礎資料としても有用な天文年鑑。今年は久しぶりに手元に置きましょうか。

 小さい文字はちょっと、という向きには、
  天文年鑑 (2006年版)ワイド版
 というのも近年は出版されていますので、おすすめです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ほんじょの眼鏡日和。


4838716338ほんじょの眼鏡日和。
本上 まなみ

マガジンハウス 2005-11-16
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 いつの間に、と思ったら昨日の発売だったようで。たまたま手にした「ほんじょの天日干。」以来、そのほんわかした文章に惹かれています。

 人柄ってやつは文章にすらでてくるもので、不思議な視点とか、発想の面白さとか、そんなことまで感じさせる柔らかい文章とでもいうのでしょうかね。

 もっとも読んだからといって、自らの駄文がよくなるというわけではないのが残念。精進したいけれど、こればかりはなかなか難しい。

| | コメント (1) | トラックバック (1)
|

ユリイカ2005年11月号


4791701402ユリイカ 2005年11月号 特集 文化系女子カタログ

青土社 2005-10
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ひさしぶりにユリイカを買ってみようかと思います。昔買ったのはディックの特集だったか? バラードの特集だったか?

[ 青土社-ユリイカ 2005年11月号 ]

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

CPCD

 [ 元麻布春男の週刊PCホットライン::コピープロテクションCDが招く災い ]
 [ 元麻布春男の週刊PCホットライン::続・コピープロテクションCDが招く災い ]

 音楽著作権を守るためにひそかにシステムの奥深くに眠るプログラムを仕込み、システムを変更し、見張っているというのは、ちょっと理念からしても行き過ぎてしまっていると思わざるを得ないです。

 しかも、それによってシステムに様々な障害を引き起こす可能性や、そこをついたウィルスが作成されるにいたっては、もはや小手先の対策では許されないのでは。ファイルを見えるようにしました、とかいうレベルの話ではないでしょうね。

 いまだに根本的に削除する手段がないというのはなんとも哀しい(作成(する|している)ということではあるようですが)。昔ほどは再インストールすることがなくなってきたので、その手間をかけるのも大変でしょうし。

 報道そのものは少し前からありましたが、ちょうどまとまった記事になっていたので、メモがてらということで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

たいした問題ではない?

 [ @niftyの「常時安全セキュリティ24」、不具合で1,518名がSasserに感染::INTERNET Watch ]

 @nifty のトップはもちろん、常時安全セキュリティ24 : @nifty のトップにもそれとわかるほど注意をひく案内はないのですね。

 「ご注意ください」と書かれた下の、トラブルに関するお詫びとお願い を開いてようやくでているのですが、さらりとした内容。

 利用者や関係者にはメールで知らせるなりしているから、ということなのかもしれませんし、いたずらに不安をあおりたくないという心情も分からないではないですが。

 かれこれ二週間。例の件はどう解決されるのか、不安を禁じ得ません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

単体が欲しいだけなのに

 QuickTime 7 を入れようかと思ってダウンロードページに移動すると、なぜか iTuens のダウンロード画面になってしまう。QT7 は含まれています、ということらしい。いろいろ見ても単体ではないようなので、ひとまず落として実行してみると、選択できるようにはなっていない。

 確かに iPod とかを使って音楽など聴きたいという向きには、あればよいのだろうが、わたしは今のところそういう予定もないし、だから単純に QuickTime を新しくしたいだけなのだがなあ。

 連携して動くソフトだからセットにしてあるというのはわかるけれど、必要ない人だっていると思うのだけれど、そういうものでもないのだろうか。なんだか新手の抱き合わせみたい(^^; いや、そういうつもりはないのでしょうけれど。

 以前にも FlashPlayer だったかで、インストールの最後に何かの「ツールバーをインストールしますか?」というので、キャンセルするとスキップできない。インストールを終了できないのだ。そんな検索エンジン提供のツールを入れないと使えないってどういうことさ、って思ったので結局バージョンアップは諦めたことがあった。

 なんか変だなあ。

 面倒でも単体でも用意しておいて、セットのもありますがどうですか? ってくらいでよいのではないかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

キューブ

 [ @nifty:デイリーポータルZ:ルービックキューブに再挑戦する ]

 まずは「 IQ とは?」から調べようというところで、「オイラーの贈物」がでてくるあたり笑えましたが、ルービックキューブの完成のためにということであれば、やはり調べるべきは「群論」なのでしょう。

 当時( 20 年以上前ですね)新聞に解説記事があって、理論としては群論に基づいて解法が導きだされるようなことが書いてあったと記憶しています。もちろん、そんな小難しいことはわかりませんから、単純にこういう手順でまわすと、こことここが入れ替わる、なんてのを覚えてやっていたわけですが(^^;

 というわけで、もしも完成させるためのマニュアル本などを見ずに完成させたいというのであれば、群論を勉強してみましょう。それがどのように関係してくるのかは知りませんが、きっとヒントがあるはず(^^;

 ちなみに xiaoxia さんが先日紹介していたフラッシュでお手軽に挑戦というのもありです。動かすのにけっこうコツがいりますが(^^;


# やっぱり難しくてわからない(^^; [ 群論 ( Wikipedia ) ]

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

イーヤマ倒産

 東京地裁への民事再生法にもとづく申請が受理されたとのニュースで、負債はおよそ 175 億円あまりとか。

 海外から日本に逆戻りするように有名になったくらいに頑張っていたけれど、さすがに第二のエプソンとかにはなれませんでしたか。

# 終わったわけじゃないですから、再生して復活されることを期待しています。

# あまりにアクセスが多いので、リンクくらい置いておきます(^^;
  [ イーヤマ、民事再生手続きを申し立て::PC Watch ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

アフリカポレポレ


4022554010アフリカ ポレポレ―親と子のセレンゲティ・ライフ
岩合 日出子

朝日新聞社 1985-09
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 クロミニさんが岩合光昭さんの写真展をご覧になったというので。

 今では動物写真家としてあまりにも有名な岩合さんですが、当然ともいえますが撮影はたいていお一人で出かけることが多かったのですが、ある日「三人で一緒に行こう」との話からいきなりのセレンゲティ暮らしが始まりました。

 光昭さんご自身は撮影で何度か訪れているし、ひとりでどんどん仕事に出てしまいますが、残された日出子さんと娘さんは大変。いきなりアフリカ。言葉はもちろんだし、右も左も見渡す限りの平原。水道ではないが貯水タンクはある。電気はきていないが発電機が動けば明かりはつく。とりあえずないことはないが、それまでの生活から比べたらあまりに違いが大きくてとまどうのも無理も無い。

 けれどもそんな中で生活をしていくうちに、これまでの都会生活では決して気づくことの無かった様々なことを家族みんながみつけていく。そんな記録がつづられている。

 きっと、ほんの少し昔には身近にそうした生活があったかもしれない。不便なのが良いのだと、声高にいえるような時代ではもはやないのは確かなこと。それでも、ほんの少し物事を見つめなおすことも必要なのでは。そんなきっかけがこの本にはあるような気がする。

 残念ながら絶版のようで、後年出版された文庫もまた絶版の様子。(それにしても親本は朝日なのだが、文庫は新潮だなんてね。よくあるとはいえ、なんとも・・・)

# アマゾンには画像がないので、手持ちから。

# ちなみにアフリカといえば「アフリカの日々( Out of Aflica )」なんかも思い出します。映画もなかなか良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

表札

 久しく行ってない方面へでてみたら、不思議な表札を見つけた。さすがに個人のお宅でもあるので写真に撮るのは憚られたので、画像はないのだけれど、

 ××家(仮)

 と書かれていて、下に所番地が書かれていた。

 いやまあ、家を建て直すので一時的に借りて引っ越しているとかだったら、そういうこともよくあります。ですが、そこは昨年くらいにあらたに造成した分譲地で、現在 3 棟あまりが完成して住まわれています。そのうちの一軒。今年の夏あたりに建築していたのを覚えています。

 新築です。賃貸ではないです。

 というのに仮住まい。

 何のために建てたのだろう(^^;

 いやいや、きっと複雑な事情があるのでしょう。ぜひ知りたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

安い!・・・かも

price_

 おー、なんという安さ! しかも税込み。
 でも、一円未満のお金なんてどうすんのかねえ?
 ん?
 まてよ?
 よ~く見るってえと、”円”とは一言も書いてないわけか・・・
 ってことは、ドル? フラン? ウォン?
 え、それも違うの?
 なんだって?単位が違うの?
 ”万円”なの!!
 まさかねえ。”千円”でしょ?
 え、? 終わってからのお楽しみなの?・・・

 なんてことだったら、嫌だなあ(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

人を増やさない

 [ パート社員な毎日: 人を増やす? ]

 単純作業でその物理的な量だけがひたすらに多いという作業をこなすのであれば、それこそ人海戦術というのは有効で、とりあえず人手がありさえすれば片付けることができます。とはいえ、それはむしろ突発的な事態に対する手段であって、そうしたことのないようにはかっていくのが管理する立場の人間の仕事であり、責任というもの。

 なにかあったらいくらでも安い人手を確保できるんだからそれでいい、と考えていると、そのうちにとんでもない事態の発生に対処できなくなるということは考えないのでしょう。

 ある職場では現在いる正社員は高齢率が高く、3 年もすれば定年退職によって現在の半分くらいになってしまう。けれども会社としては正社員の補充は考えていないそうです。現在もそうですが、シルバー人材センターから 70 前後のおじいちゃん、おばあちゃんたちを常時 10 人前後雇っています。忙しくても暇でも。プラス女性のパートさん(このパートさんの処遇にもいろいろ問題があるのですが、今回はおいておいて)。安いとはいえ人件費があまりにかかるので、本社サイドから「削減しろ」とのお達しがあると、必要な人員まで削減するので仕事がきつくなる。まあ、仕事に対しての必要な人員の感覚や管理が欠けているわけです。

 しかしながら、その残った正社員が優秀であればよいのですが、先に触れたようにまるで仕事を管理できない。人員も管理できない。それでも仕事の情報は(いやがおうでも)もっているので、とりあえず役に立たないわけではない。まあいないよりはましというレベルかも知れませんが。そんな社員ですらどんどん減っていく。足りないとなったらおじいちゃんたちを動員。これってリストラのために優秀な人材やノウハウを切ってしまって、そうした技術の継承が途切れてしまった昨今の事例に酷似しています。(先の東証システムダウンとか)まあ反対の意味でというのは哀しい部分ですが。

 まともな社員でなくとも、まだいるうちはよいというもので、いよいよ目をつけたのが派遣社員。ゆくゆくはそうして派遣社員とシルバーさんで運営するつもりなのかもしれません。しかしシルバーさんたちにさせているのは重労働。しかも段取りが悪いので無駄な動きを強いられる。それで作業効率が悪いからといってさらに人数を増やす。泥沼です。

 仕事の全体を理解していて、また人員の全体も把握してそれを割り振ることができる人間は必要です。場合によってはそれは、ひとりではなく、全体の下にさらに分かれた小さな単位でのそうした人間が必要な場合もあるでしょう。それこそが正社員としての仕事のひとつ、とも言えるはず。(むろん、それだけではありませんが)

 いたずらに人を減らせばよい、という考えも危険であるし、そうかといってとにかく人を増やせばよいというのも愚かな発想でしかありません。全体の仕事の流れから何が必要であるかをきちんと考えることが大切なのですがねえ。

 無能な社員に高給を払いつづけながら、安い賃金の使いやすい人手をケチる。本末転倒もよいところ。きちんとした仕事をしようと思ったら、立場や賃金はそれぞれの事情があるのでおくとして、それぞれにおいて優秀な人材を確保、あるいは育てることがなにより必要なのではないかと。

#優秀とはキマジメということではないのは、既知のこと。

#「不測の事態には人海戦術で対処すればよい」としか考えられないのだとしたら、まあお気の毒にと思うだけだが、「で、それがなにか?」というのであれば、単なるバカとしか云えないですね・・・

 なんだか、とりとめもない内容になってしまったけれど、ちょっと日ごろから感じていたのでトラックバックもしてみます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

テーブル作成でとまどったところ

table_edit_2

 チュートリアルのフラッシュでは、右の赤い枠で示した部分に「 NULL 」と表示されるのだが、同じようにやったつもりなのだが、これが出ない。いや、よく考えれば左の赤枠は「 NOT NULL 」のチェックであるし、両方ついていたらちょっと変という感じもしないではない。

 NOT NULL = YES & Default = NULL

 てのは、ちょっと不思議な感じ(^^; <あくまでイメージとして

table_edit_4

 そこで、下のタブから「 Column Details 」を選択して、右側の「 Default Value: 」右にある「 NULL 」と書かれたボタンを押して設定。同時に、左の「 NOT NULL 」のチェックは自然に消える。そして「 Apply Changes 」したらテーブルが作成された。

 「 NOT NULL 」のチェックだけ外せばよいのかどうかは未検証なので、どうするのが正しいのかはわかりませんが、わたしはこうしてみたという報告を兼ねて。(だいたい MySQL なんて知らないし(^^;)

 使用したのは、
 mysql-essential-4.1.15-win32.msi
 mysql-administrator-1.1.4-win.msi
 Win2kSP4
 ASP 1.8.2.6
 rubygems-0[1].8.11.zip

 などなどmasuidrive on railsにトラックバックしようかと思ったのですが、個別ページが開けない(^^; JAVAScript 切っているからかなあ、と思ったけれどそうでもないみたいだし(^^; コメントも同様。トラブッているのでしょうか? こちらの環境かな?

 ということで記事のみだしておけばきっと捕捉されるでしょう。

# Firefox で開いたら表示された。どうも Sleipnir での設定の問題かも。ということでトラックバックしてみます。

# IE エンジンがダメみたいな様子。Gecko エンジンに切り替えたら表示された。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

アラビア語 ミニ通訳13 テキスト


4876158568アラビア語 ミニ通訳海外旅行会話13 テキスト

語研 1992-06

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 アラビア語の学習テキストというのはあまりなくて、これは数少ない旅行用のパンフレット的なテキスト。うす~い文庫本サイズです。ちなみにカセットとのセット版もあるのですが、さすがに結構なお値段。(当時の価格で税抜き 6900 円 )

 まあ、メジャーでない言語というのは出版数も少ないですし、値段も高いのは当然ではあります。いまならまた別のものが出ているのかもしれませんが。ちなみに事実上絶版かと。

 実のところ、それは本題ではなく、次の写真が本題です(^^;

mini_trans_arabia_2

 日本新党で当選されたときから、おやおやと思っていたのですが、ちょうど思いだしたのと時期もよいので(?)ご紹介まで。アラビア語をあやつるという技能をイラクの復興に向けていただくのがあるいは国際貢献にとっても非常に有益なのではないかと思うところですが、そんな危険なところにはやれないという慈愛というものかも(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »