« 間違えない | トップページ | VJE使っていたなあ »

「死への準備」日記


4-02-260567-7「死への準備」日記
千葉 敦子


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


千葉 敦子著: 「死への準備」日記千葉 敦子著:「死への準備」日記
文春文庫
税込み420円
1991年5月発行 @niftyBOOKSで

 画像は1989年発行の朝日文庫版のもの。現在は1991年5月発行の文春文庫版になるようです。
 千葉敦子、1987年7月9日死去

 がんの再発から声を失い、体調を崩しては入退院を繰り返しながらも、ジャーナリストとして積極的に仕事を続けていた千葉さんの最後の記録。

 たとえどんなに体調がすぐれないときであっても、それが過ぎたらさっと気分を替えて、ふたたび仕事に戻ったり、街に出かけたりという、その原動力はどこにあるのかと不思議なほど。猛烈な吐き気に襲われ、ひとしきり吐いてきたあとで、これで気分が少しよくなったから続けましょう、などという言葉がどうして出てくるものだろうか。

 単にジャーナリストとしての意識にとどまらず、誰のものでもない自分の人生をいかに充実したものにするか、ということを常に実践しようとしていた、ということかもしれない。常に新しいものに関心を持ち、学習していこうという意欲も。

 見出しのいくつかを揚げてみる。

  • 声の喪に服する
  • 人生に求めたものはすべて得た
  • 映画を見に行く
  • おせちパーティーは楽しかった
  • 日本のエイズ騒動はお笑いだ
  • 超伝導体とは?
  • 引越し先を決めた
  • ともかく、六ヶ月生きた
 など。仕事も楽しみもきちんとわけて、めりはりのはる生活だったことが伺える。

自分の持っていたものを失って初めて、その価値が分かるのだ。人間とは、なんと愚かな存在なのだろう。
あと何度食事をとれるか分からないという状況にあるからこそ、一食一食が祝いごとのように感じられる。
精神生活のない、ただ動物として生きている苦しさは耐え難いものです。

≫千葉敦子の著作一覧

|
|

« 間違えない | トップページ | VJE使っていたなあ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/4908108

この記事へのトラックバック一覧です: 「死への準備」日記:

« 間違えない | トップページ | VJE使っていたなあ »