« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

滋賀高原(^^;

 とあるクイズの答えのなかで出てきたのですが・・・
 本来はこれが正解となる選択肢なのでしたorz

 ×滋賀高原 ← ◎志賀高原

 今朝の TBS 系「しっとこ」では、

 ×十日山動物園 ← ◎旭山動物園

 気が付いたのか、さっと流してましたけれどね(^^;
 訂正はなかったようです。

 そのセンスに感動します。特に後者。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

傾いた図形の謎


傾いた図形の謎@mine傾いた図形の謎
高野 陽太郎
東京大学出版会 1987-06

by G-Tools


認知科学選書11 傾いた図形の謎
高野 陽太郎
東京大学出版会
本体2200円
1987/6/10 発行 @niftyBOOKSで

 昨夜 NHK 「ためしてガッテン」で、方向オンチについて放送していました。空間認識ということで、ふと思い出すのがこの本。
 図形の傾きがありながら、ある二つが同じであるとか異なるとかを判断するとき、人はどのようにして判断しているのだろうか。図形の傾きは人にどのような影響を与えるのかなど、示唆にとんだ内容で楽しめます。
 残念ながら入手は困難です。
 なお、わたしが持っているのは 1800 円でしたが、消費税導入を機に値上がりでもしたのでしょうか・・・
#アマゾンの画像はわたしが所有しているものの画像です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

スマトラ島募金のその後

 当該記事は都合により削除いたしました。

 トラックバック先から来られた方には誠に申し訳ありません。

 トラックバック先サイト関係の方にはトラックバックの削除をしていただければ幸いに存じます。
 社長ブログのトラックバックは速やかに削除されたようです(5/7現在)が、公式ブログはその存在すら忘れているのでしょうね、なんの動きもありません(^^; というわけで近日記事だけは復活させて記録を残そうかと思ってはおります。



 ということで(上の部分をマウスで選択してください)記事を復活させることにしました。本来であれば再度トラックバックを送ってきちんとした対応を求めるべきかもしれませんが、それにはもう疲れましたので。公式ブログのトラックバックはそのままなのでいずれ誰かがここに来るかもしれませんが・・・、ないかな(^^;
 以下が復活した本文です。(2005/05/11)

 @nifty の募金をしましたが詳細の報告は今もってないまま。ひっそりと社長のブログでユニセフに手渡した記事だけは公開されたようですが・・・
 [ スマトラ沖大地震特集::INTERNET Watch ]
 に記載のあるものの一部の現在を調べてみた。いずれも 2005/04/28 14:00 現在

#[ 古河建純 インターネットBlog: 2004年度下期社長賞 ] を読んだら虚しくなりました。もう面倒はこりごりと思いましたが、やはりトラックバックくらいはしておくべきのようですね。哀しくなります・・・
古河建純 インターネットBlog: スマトラ沖地震支援チャリティコンテンツ
 スマトラ沖地震チャリティー公式ブログ: 最終結果のご報告(速報)
 にトラックバックしておきます。(2005/04/30)もっとも黄金週間で長期休暇中でしょうから反応は忘れた頃でしょうか・・・


■Yahoo!ボランティア
http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/tsunami_2004/
募集は 2/28 まで。
3/1づけで、2005/03/下旬に寄付報告ページを公開する予定との記載があるも、報告ページというのは見当たらない。募集ページは残っているので、結果報告ページだけすでに削除したとも考えにくいのだが。
それとも Yahoo 会員でログインすればあるのだろうか?


■@nifty
http://www.nifty.com/tokusetsu/sumatra.htm
募集は 2/28 まで。
3/1づけで募集ページは終了を記載して存続。詳細は公式ブログでとなっている。

3/1づけ、公式のココログには速報が出たが以後の報告はなし。
スマトラ沖地震チャリティー公式ブログ: 最終結果のご報告(速報)
http://tokusetsu.cocolog-nifty.com/sumatra/2005/03/post.html

4/15づけ、社長のブログで報告
古河建純 インターネットBlog: スマトラ沖地震支援チャリティコンテンツ
http://furukawa.cocolog-nifty.com/blog/2005/04/post_6b18.html

新潟地震のさいに募金者に送られた報告メールはない。


■はてな
http://d.hatena.ne.jp/hatenacontrib/20041228
募集は 1/16 まで。

1/19づけ、最終報告を掲載。
http://d.hatena.ne.jp/hatenacontrib/20050119


■Amazon.co.jp
http://s1.amazon.com/exec/varzea/ts/my-pay-page/P3C9345RXUJQOM/058-0398893-9628658#description

すでにページは存在せず。


■イーバンク銀行
http://www.ebank.co.jp/p_layer/contribution/sumatra/top.html

募集は 3/31 まで。
4/1づけ、結果報告。


■ジャパンネット銀行
http://www.japannetbank.co.jp/aboutus/041228.html

継続中なのか終了したのかも不明。募金についてのページが存在するだけ。


■日本赤十字社/NHK/NHK厚生文化事業団
http://www.jrc.or.jp/sanka/help/news/703.html
http://www3.nhk.or.jp/event/welf/sumatra-earthquake.html

NHK では募集のページは残っているが、これまでの報告についてはなし。
日本赤十字社のページには 4/19 現在の(全体としての)報告あり。


■日本ユニセフ協会
http://www.unicef.or.jp/kinkyu/sumatra/2004.htm

世界中での結果が報告されているが、活動報告の一部として記載されているためややページがわかりにくい。


■セブン-イレブン・ジャパン/イトーヨーカ堂
http://www.sej.co.jp/news/h16simo/122801.html

募集の記事から結果へのリンクがされておらずニュースを検索しなければ見つからない。
http://www.sej.co.jp/news/h17kami/020101.html
に結果報告はある。


■テレビ朝日ドラえもん募金
http://www.tv-asahi.co.jp/doraemonbokin/
結果報告あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

奏功

奏功【そうこう】
・しようと思った事を目的通りに為し遂げること。
新明解国語辞典第4版より

・功を奏すること。
類語大辞典より
功を奏する【こうをそうする】
・目的どおりに物事が成就する。
類語大辞典より

[ @nifty:NEWS@nifty:[市況]ウォークマン大逆転、ついにiPod Shuffleを抜き一躍トップに(BCN) ]
●緻密なマーケティングが功奏か
 「功奏」とは云わないです。それをいうのであれば「奏功か」でしょう。

 もとの記事は
 [ BCNランキング :: 売れ筋速報 :: ウォークマン大逆転、ついにiPod Shuffleを抜き一躍トップに ]
 なのですね。
 トラックバックが使えるようですので送っておきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

失踪日記

失踪日記
吾妻 ひでお


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


吾妻 ひでお: 失踪日記吾妻 ひでお: 失踪日記
イースト・プレス
税込み1197円
2005/03発行 @niftyBOOKS

 吾妻ひでおがこんな過去を持っていたなどとは露ほどもしらなかった。多くの作品を読んだとはいえないけれど絵のタッチと言う意味ではとても好きだったし、SFのパロディものなどは雑誌で目にした覚えも強い。

 ただただ悲惨な生活を描くというのではなくて、あくまでも漫画という視点からそんな悲惨さを笑い飛ばすような描きかたが、その奥にある本当の姿を想像させてゾッとすることも。

 近頃の勢いだけで描かれる漫画と比べて、安心して読めるというのは懐かしさだけではないはず。

#すでにどこかで書かれていたと思うけれど、カバー裏のインタビューを未読の方はそちらもお薦め。習慣というのは時にありがたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

明日発売です

XonWindows 3


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 wema を cygwin + apache で使おうかと思ったらうまくいかない(^^; なんとなく駄目な点は見えてきた。これを使えばいけるだろうか。それとも Win 版の apache 使ったほうが早いとか。FreeBSD(98) で、っていうのもあるか・・・

 印刷や日本語入力機能の強化が売りだそうです。
 メーカーサイト : HOLON Linux

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ハッカーなのかあ

 【あるハッカーの顛末::Matzにっき(2005-04-20)

 L'eclat des jours 経由ですが、面白いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

bk1へのトラックバック

 先の遅れてしまったリニューアルに関しては、遅れたわりには詰めの甘さが目立ったのではないか?という厳しい意見も持ってしまったりするのですが、それはともかく。

 商品ページへのトラックバック機能が実装されているようなのですが、そもそもは一年あまり前からそうした準備というか考えを持たれていたようなのですね。最近になってようやく知ったのですが。

 ただ、実際にいくつかトラックバックされているのを見ていて、なんだか妙な印象を持っています。それは、bk1 へのトラックバックにも関わらず、リンク先のサイトで紹介されているのは Amazon へのリンクだけというサイトも多いということ。

 通常のサイトの記事などをみてリンクをクリックするのなら導かれる先の店がどこであろうと構わないでしょう。けれども少なくとも bk1 を利用していてその本を見、そこからトラックバック先に「どれどれ」と訪ねてみてそれではとそこからクリックしたら今度は Amazon に行ってしまった!というのはどうなのだろう。

 bk1 以外は認めないというのも大人げないでしょうが、少なくとも bk1のリンクも入れてあるべきではないのかなと思うわけです。トラックバックの新しい形の問題点なのかもしれない。

 最終的には利用者の選択ではあるにせよ、なんだかちょっとした営業妨害のようにも感じられるし、少なくとも失礼な使い方のように思うのですよねえ。

 トラックバックの使い方に関しては以前にも【Good Day to Die: トラックバックの作法】経由であちこち読ませてもらったのですが、【「お返しTrackBack」はやめよう::ただのにっき(2004-02-02)】は図解もされていて理解しやすいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

自転車

 今なんと読みましたか?「じんしゃ」?「じんしゃ」?

 正しいとか間違いとかは抜きにして、ふと耳にする音を思い出すと意外にも「じんしゃ」が多かったりするように思うのだけれど、どうですか?

 云いやすさという点では前者の「じんしゃ」かなあとは思うのですけれどね。そのつもりで聞いていると面白いかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ちびくろサンボ

ちびくろ・さんぼ
ヘレン・バンナーマン フランク・ドビアス 光吉 夏弥

瑞雲舎 2005-04-15
売り上げランキング : 23

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ヘレン・バンナーマン 著: ちびくろ・さんぼヘレン・バンナーマン 著: ちびくろ・さんぼ
瑞雲舎
2005/04/15 発行
税込み 1050 円 @niftyBOOKSで


 うっかりしていたら発売になっていました。今のうちに買っておかなくては(^^;

#復刊されたことは嬉しいことでしたが、どうやら期待ほどの動きもないままに終わりそうな気配も感じられます。せめてかつて廃棄してしまった図書館あたりにはこの機会に収めておいてもらえるとよいのですが・・・初回3000部かなあ

つらつらぐさ: 『ちびくろサンボ』復刊

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ココログの記事一覧を作る


*長文注意*
 ココログで過去の記事を見るためには月別や週別といったバックナンバーが用意されています。またカテゴリもバックナンバーの役割を持っています。

 しかしバックナンバーページは基本的にそのすべての記事をずらずらと長く表示してしまいます。ココログのプラスやプロでは「続きを読む」という仕組みを利用することでいくらか軽減することはできますが、それでも分量が多くなれば結構な長さになってしまいます。

 そこで記事のタイトルだけを拾い出してリスト化してみました。

 なお、ここで紹介するスクリプトには制限があります。

  1. 月別のバックナンバーである
  2. ココログを始めた最初から RSS/ping 送信の設定をしている
  3. 記事のフッタ部分に「固定リンク」を表示している
  4. 表示言語は日本語か英語である
 また特殊な文字を使用している場合に文字化けすることがあります。このあたりについてはいろいろ試しているのですが、わたしの今の技量では克服できていません(対処方法もあるのですが現時点では一般的ではないので)。このため文字化けがあるかもしれませんので念のため出来上がったファイルを確認してください。

 Java Script などによって動的に生成する仕組みではありません。
 一覧記事の本文を自動的に生成するだけで、記事の保存は手動で行うことになります。

 必要なものは例によって Ruby とエディタです。Windows 環境であれば ActiveScriptRuby が便利です( AvtiveScript とは無縁なので邪道の邪道になりそうで arton さんには申し訳ないですが・・・)。

 スクリプトの初めの部分で自分のココログのデータを設定します。

host = 'mumrik.air-nifty.com'
directory = '/blog/'
s_date = 200404
@num = 1
base_name = '_idx.txt'

 hostdirectory はそれぞれ次のように色分けされた部分を設定します。
  http://mumrik.air-nifty.com/blog/
 s_date にはココログを始めた年月を設定します。
 @num には一年分をいくつに分割するかを指定します。( 1,2,4 ) のいずれかを設定します。
 base_name には生成する一覧ファイルの年月以降の部分を指定します(ココログで作成するファイル名とは関係ないので自由につけてかまいません)。

 以上が設定できたら「スタート」メニューから「 Ruby console 」を選択し、スクリプトのあるフォルダに移動します。

 インターネット接続が可能な環境で、コマンドラインから、

 c>ruby mkidx.rb

 と入力すれば、指定した分割数のテキストファイルが作られます。
 1 ならば、200512.txt のように
 2 ならば、200506.txt 200512.txt のように
 4 ならば、200503.txt 200506.txt 200509.txt 200512.txt のように
 作られます。

 #ActiveScriptRuby ならスクリプトのアイコンをダブルクリック(環境によってはシングルクリック)してもよいのだと今さらながら気が付いた。

 ブラウザでココログにログインし、新しい記事を作成します。一覧用にわかりやすいファイル名をつけてもよいのですが、先般のココログのバージョンアップで一部仕様が変わっていたりしますので、通常のように「2004年の記事一覧」などとタイトルをつけて作成するほうが問題も発生しないでしょう。

 記事一覧用のカテゴリを作成しておくと、あとでアクセスするときに便利ですが、これはお好みでどうぞ。

 なお、記事の日時についてはココログを開始した前月あたりに設定しておくと、以降一覧を更新する際に邪魔になりません。(2004年1月ならば2003年12月にする。日付はお好みで)

 記事の本文には、先ほど作成されたファイルの中身をそっくりコピー&ペーストします。今後更新したときにも同様にそっくり上書きしてしまいます(あくまでも記事本文だけです。記事そのものは削除しません)。

 こうして分割した分だけ記事の作成を行います。一日一件程度の記事を書いているのであれば分割せずに一年分をまとめてでも差し支えはないかもしれません。左サイドバーにあるサンプルを見ていただけばわかりますが、月ごとにジャンプできるようにはしてあります。

 出来上がった一覧記事のリストでマイリストを作成します。タイプは「リンク」です。これまでのバックナンバーへは archives.html へのリンクを作ることで対応できます。

 また、二回目からは s_date に 999999 を指定しておけば、指定された分割方法にのっとった最新分の一覧しか作成しません。一度作成が完了し、記事の登録もできた後は数字を変更して利用してください。

 標準のスタイルシートの関係で、見出しの「01月」などの文字と、ジャンプ先の日付の部分([04/18])に下線がついてしまいますが、これをさけるためにはどこかにスタイルシートを定義しなければなりません。この場所については過去にいろいろの試行錯誤が行われていたようです (観測気球さんや詩織sioliさんのサイトに詳しいです) が、ベーシックの場合にはあまり選択肢がありませんので、ココログの設定画面のサブタイトル欄に以下のテキストを貼り付けておくと下線は表示されなくなります。下線が気にならないと言う方は行う必要はありません。

<style type="text/css"> <!-- a.idx { text-decoration: none } --> </style>

 プラスやプロで本文の文字サイズを大きく変更している場合には big タグをはずしたほうが良いかもしれません。

#一覧部分にも「年月」の見出しを入れ、ジャンプ先もそちらに変更しました。
#自分のスクリプトに反応してしまうのを修正しました(^^; (2005/04/19)

mkidx.rb



#!ruby -Ks
#mkidx.rb
#2005/04/04 - 18
#
$KCODE = "sjis"
require 'jcode'
require 'kconv'
require 'net/http'
#
host = 'mumrik.air-nifty.com'
directory = '/blog/'
s_date = 999999
@num = 1
base_name = '_idx.html'
#
#
def newchk(s_date)
if 999999 == s_date
case @num
when 1
Time.now.year * 100 + 1
when 2
now_month = Time.now.month
if now_month < 7
Time.now.year * 100 + 1
else
Time.now.year * 100 + 7
end
when 4
now_month = Time.now.month
if now_month < 4
Time.now.year * 100 + 1
elsif now_month < 7
Time.now.year * 100 + 4
elsif now_month < 10
Time.now.year * 100 + 7
else
Time.now.year * 100 + 10
end
when 6
now_month = Time.now.month
if now_month < 3
Time.now.year * 100 + 1
elsif now_month < 5
Time.now.year * 100 + 3
elsif now_month < 7
Time.now.year * 100 + 5
elsif now_month < 9
Time.now.year * 100 + 7
elsif now_month < 11
Time.now.year * 100 + 9
else
Time.now.year * 100 + 11
end
when 12
Time.now.year * 100 + Time.now.month
end
else
s_date
end
end
#
#
@blog_idx = []
cat = []
category = ""
i = 0
#
n_date = Time.now.year*100 + Time.now.month
j = newchk(s_date)
#
direc = []
while j <= n_date do
direc.push((j.to_s)[0,4] + "/" + (j.to_s)[4,2])
j += 1
if ((j.to_s)[4,2]).to_i > 12
j += 88
end
end
#
h =Net::HTTP.start(host, 80)
direc.each do |d|
response = h.get( directory + d + "/index.html")
response.body.each do |line2|
line = Kconv.tosjis(line2)
#
#タイトル
if /\s+dc:title="([^"]+)"/ =~ line
@blog_idx[i] = [$1]
end
#
#日付
if /\s+dc:date="([^"]+)"/ =~ line
@blog_idx[i].unshift($1)
end
#
#カテゴリ
if /^<span class="post-footers">/ =~ line
line.scan(/\/index.html">([^<]+)<\/a>/) do |c|
cat.push(c)
end
category = cat.join("/")
@blog_idx[i].push(category)
cat.clear
category = ""
end
#
#リンクURL
if /^<span[\s\S]+"permalink" href="([\s\S]+)">(?:固定リンク|Permalink)/ =~ line
@blog_idx[i].push($1)
i += 1
end
end
end
#
s = newchk(s_date)
case @num
when 1
s = ( (s.to_s)[0,4] + '12').to_i
ss = 100
when 2
if (s.to_s)[4,2] < '07'
s = ( (s.to_s)[0,4] + '06').to_i
ss = 94
else
s = ( (s.to_s)[0,4] + '12').to_i
ss = 6
end
when 4
if (s.to_s)[4,2] < '04'
s = ( (s.to_s)[0,4] + '03').to_i
ss = 91
elsif (s.to_s)[4,2] < '07'
s = ( (s.to_s)[0,4] + '06').to_i
ss = 3
elsif (s.to_s)[4,2] < '10'
s = ( (s.to_s)[0,4] + '09').to_i
ss = 3
else
s = ( (s.to_s)[0,4] + '12').to_i
ss = 3
end
when 6
if (s.to_s)[4,2] < '03'
s = ( (s.to_s)[0,4] + '02').to_i
ss = 90
elsif (s.to_s)[4,2] < '05'
s = ( (s.to_s)[0,4] + '04').to_i
ss = 2
elsif (s.to_s)[4,2] < '07'
s = ( (s.to_s)[0,4] + '06').to_i
ss = 2
elsif (s.to_s)[4,2] < '09'
s = ( (s.to_s)[0,4] + '08').to_i
ss = 2
elsif (s.to_s)[4,2] < '11'
s = ( (s.to_s)[0,4] + '10').to_i
ss = 2
else
s = ( (s.to_s)[0,4] + '12').to_i
ss = 2
end
when 12
if (s.to_s)[4,2] < '02'
s = ( (s.to_s)[0,4] + '01').to_i
ss = 89
else
ss = 1
end
end
#
#ここから出力
#
def midashi(s,ss)
pmonth = ''
@blog_idx.sort.each do |date,title,category,url|
if s.to_s >= (date[0,4] + date[5,2]) && (date[0,4] + date[5,2]) > (s - ss).to_s && (date[0,4] + date[5,2]) != pmonth
@f.printf "<a class=\"idx\" href=\"#%s\">%s</a> | ",date[0,4] + date[5,2],date[5,2] + "月"
pmonth = date[0,4] + date[5,2]
end
end
end
#
@f = File.new( s.to_s + base_name, "w")
@f.print "<a name=\"top\"><big>"
if @num != 12
midashi(s,ss)
end
pmonth = ''
@f.print "</big><ul>"
@blog_idx.sort.each do |date,title,category,url|
if s.to_s >= (date[0,4] + date[5,2])
if pmonth != (date[0,4] + date[5,2])
@f.print "<div align=\"right\"><a href=\"#top\">先頭に戻る</a></div>"
@f.printf "</ul><big><a class=\"idx\" name=\"%s\">%s年%s月</a></big><ul>",date[0,4] + date[5,2],date[0,4],date[5,2]
@f.printf "<li><small>[%s]</small> <a href=\"%s\">%s</a> <small>(%s)</small>\n",date[5,5].sub(/-/,"/"),url,title,category
pmonth = date[0,4] + date[5,2]
else
@f.printf "<li><small>[%s]</small> <a href=\"%s\">%s</a> <small>(%s)</small>\n",date[5,5].sub(/-/,"/"),url,title,category
end
else
@f.printf "</ul><div align=\"right\"><a href=\"#top\">先頭に戻る</a><br><br>Powered by <a href=\"http://www.ruby-lang.org/ja/\">Ruby</a> %s </div>\n",RUBY_VERSION
@f.close
case @num
when 1
s += 100
@f = File.new( s.to_s + base_name, "w")
@f.print "<a name=\"top\"><big>"
midashi(s,100)
redo
when 2
if (s.to_s)[4,2] == '06'
s += 6
@f = File.new( s.to_s + base_name, "w")
@f.print "<a name=\"top\"><big>"
midashi(s,6)
redo
else
s += 94
@f = File.new( s.to_s + base_name, "w")
@f.print "<a name=\"top\"><big>"
midashi(s,94)
redo
end
when 4
if (s.to_s)[4,2] == '03'
s += 3
@f = File.new( s.to_s + base_name, "w")
@f.print "<a name=\"top\"><big>"
midashi(s,3)
redo
elsif (s.to_s)[4,2] == '06'
s += 3
@f = File.new( s.to_s + base_name, "w")
@f.print "<a name=\"top\"><big>"
midashi(s,3)
redo
elsif (s.to_s)[4,2] == '09'
s += 3
@f = File.new( s.to_s + base_name, "w")
@f.print "<a name=\"top\"><big>"
midashi(s,3)
redo
else
s += 91
@f = File.new( s.to_s + base_name, "w")
@f.print "<a name=\"top\"><big>"
midashi(s,91)
redo
end
when 6
if (s.to_s)[4,2] == '02'
s += 2
@f = File.new( s.to_s + base_name, "w")
@f.print "<a name=\"top\"><big>"
midashi(s,2)
redo
elsif (s.to_s)[4,2] == '04'
s += 2
@f = File.new( s.to_s + base_name, "w")
@f.print "<a name=\"top\"><big>"
midashi(s,2)
redo
elsif (s.to_s)[4,2] == '06'
s += 2
@f = File.new( s.to_s + base_name, "w")
@f.print "<a name=\"top\"><big>"
midashi(s,2)
redo
elsif (s.to_s)[4,2] == '08'
s += 2
@f = File.new( s.to_s + base_name, "w")
@f.print "<a name=\"top\"><big>"
midashi(s,2)
redo
elsif (s.to_s)[4,2] == '10'
s += 2
@f = File.new( s.to_s + base_name, "w")
@f.print "<a name=\"top\"><big>"
midashi(s,2)
redo
elsif (s.to_s)[4,2] == '12'
s += 90
@f = File.new( s.to_s + base_name, "w")
@f.print "<a name=\"top\"><big>"
midashi(s,90)
redo
end
when 12
if (s.to_s)[4,2] == '12'
s += 89
@f = File.new( s.to_s + base_name, "w")
@f.print "<a name=\"top\"><big>"
redo
else
s += 1
@f = File.new( s.to_s + base_name, "w")
@f.print "<a name=\"top\"><big>"
redo
end
end
end
end
@f.printf "</ul><div align=\"right\"><a href=\"#top\">先頭に戻る</a><br><br>Powered by <a href=\"http://www.ruby-lang.org/ja/\">Ruby</a> %s </div>\n",RUBY_VERSION
@f.close

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

メールのお勉強に

 [ 【特別企画】 迷惑メール対処法~ISPに通報して迷惑メールを減らす~::InternetWacth ]

 いわゆる迷惑メール(考えてみるとあまりに直接的で妙なネーミングではありますが(^^;)の対策としての特別記事なのですが、その対策はそれとして、メールのヘッダ部分の仕組みについての解説としてだけ見てもよさそうです。

 「メールは使っているけれど、ヘッダって何?」という人にもそのおおよそが分かりやすく書かれているので、なるほどなりすましとはそういうことかなどと理解が深まると思います。

 何も覚えることはないですが、そういう仕組みがあるということを知るのも大事かと。ほかにも類似の解説サイトなどはたぶんあると思いますが、たまたま出会ったのでご紹介しておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

bk1リニューアルはしたものの

 今年の2月はじめにリニューアルを予定しながら延期していた bk1 ですが、先日突如リニューアルすると宣言して即座に完了してしまいました。もう少し事前に余裕をもって案内して行ってもらったほうがよかったかなとは思いますが、長いことそのままになっていたので少しでも早くにということだったのでしょう。

 とはいえ、問題もあちこちで出ているようです。
 [ bk1リニューアル2005年 04月 中旬:Alisato's 本買い日誌 ]
 経由で、
 [ smashmedia ]
 など読んでいただくとよく分かるかと思いますが、既存利用者への事前の充分な案内などもなく、また充分な配慮を怠っていたことは残念ながら明らかと言わざるを得ないようです。

 ココログ利用者にとっても、ひとつ気づいた点があります。
 これまで画像がない商品は No Image といった画像が表示されていたのですが、リンクが違うせいか表示されなくなっています。bk1 を見ると No Image の画像が表示されているので、リンク関係の変更で対応しきれていないことのひとつなのでしょう。

 商品画像が用意できさえすれば解決することとはいえ、対応はお願いしたいところです。

 なお、ブリーダープログラムをご利用の方は、上記の有里さんの記事にリンクの書き換えの覚書があるので参考になるかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ボーダフォンのメール

 の遅れを心配したり気にしたりという方は多いようですが、少なくともわたしの実感から言ってこのところ目だった遅れはなくなってきています。少なくとも延々と半日くらい遅れたりということはここ数ヶ月はありません。以前にしても稀に起きることであって、通常の遅れであれば 30 分。他社の実情は知りませんが、現状であればことさらに気にすることはないのではないかと思っています。どうしても必ずすぐに連絡できなくてはならない、というのであればむしろ他の連絡手段を使うべきでしょう。

 メールは相手の時間をあまり束縛せずに連絡のとれる手段としてこそ有効であって、即効性だけを期待するのであれば電話したりという手段を選ぶべきです。

 家族割引と指定割引の相手へのメール送受信が無料(一部のメールを除く)となって、ますます悪くなるかと危惧していましたが幸いにも今のところ杞憂に終わってくれそうな気配です。

 契約者数の減少などが取りざたされますが、既存の利用者が機種変更することができないような端末在庫の希薄さ、新規についても選択肢が極めて限定されている現状を改善して欲しいところです。いくらサービスが存在しても商品である電話機がなくては話になりません。料金設定などは自分の使い方にかんして云えばドコモでは却って高上がりになってしまいますので、少なくともドコモに変更する気持ちなどはありませんし(au なら別ですが)。

 出遅れたからといきなり 3G に移行しようなどという無謀なことは止めて、きちんと段階を踏んで移行することを考えるべきでしょうね。新規契約を取ることにばかり躍起にならずに既存契約者の利益を守ることも重要ではないでしょうかねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

グインサーガ 100 豹頭王の試練

グインサーガ 100 豹頭王の試練
栗本 薫

早川書房 2005-04-08
売り上げランキング : 56

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

グインサーガ100
栗本 薫著: 豹頭王の試練(ハヤカワ文庫 JA 789)
早川書房
2005/04/08 発行
税込み567円 @niftyBOOKS

 シリーズ刊行当初(1979年)は確か「全100巻」ということで始められた「グインサーガ」ですが、とうとうその100巻まで来てしまいました。当初は読んでいたのですが、もうすっかりご無沙汰です。来月には101巻もでるそうなのですが、果たして何巻まで続くのでしょうか(^^;

 イラストも加藤さんから代わっていたと思うのですが、最近見ていないのでさっぱりです。作者の栗本さんもすっかり体格が変わってしまっていたような・・・記憶が・・・(^^;

 めざせ「ペリーローダン」<無理

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

TypePad1.5へ

 本日のメンテナンスはこれだったようですね。結果として昨年暮れに変更となってしまって不評を買ったファイルアップデートのディレクトリ指定ができるように対応されたようです。

 また、トラックバックスパム対策としても要望のあったトラックバック一覧などが盛り込まれていて、使い勝手は向上したのでしょう。WYSIWYG対応という画面はタグを打ち込むのはちょっとという向きには便利かもしれません。

 画面の印象がやや異なったりということもありますし、別に隠すようなことでもないので「TypePad 1.5 への変更のためメンテナンスを行います」というアナウンスでも良かったのではないか?とは思いますが。そのほうがログインしてみたらなんだかこれまでと違うんだけれど?と妙な不安や疑問を持つユーザーは少ないと思いますし、メンテナンスの時間も期待して待てると思うのですが、そうでもないのかな。

 ただ、いまだに午前・午後の概念が修正されていないのは残念です。

ココログ(TypePad?)における時系列
午前 10 時
午前 11 時
午後 12 時
午後 1 時
午後 2 時

#記事のフッター部分の「固定リンク」という文字も「Permalink」に変わっていますね。スクリプト修正しなければ。

#「固定リンク」の文字に関してはさっそくにお知らせがでていました。良いことですね。欲をいえば主だった言語別の対応表などがあると、いたずらにシステムへの負荷を増やさずに違いを確認できてよいかもしれません。(2005/04/08)

#なんだか「Permalink」から「固定リンク」へと、標準の文字が変更されたようです(^^; なんだかなあ。というかリロードすると最初は「Permalink」ですが、その後「固定リンク」へと変わります。コメントやトラックバックの文字も同様です。ちょっと気持ち悪いので修正をお願いしたいところですね。(2005/4/8 15:10)

#キャッシュの影響とか他の要因もあったようです。よくわかりません(2005/04/11)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

肉汁

【 にくじゅう 】
3:肉を焼くと出る汁(しる)。
新明解国語辞典第四版より
【 にくじゅう 】
2:肉を焼いたときにしみ出る汁(しる)。
講談社・類語大辞典より

 食べ物番組とか、番組の中のコーナーで食べ物を扱うと必ずといっていいほど「にくじる」といってますが、正しくは「にくじゅう」です。

 そのうちに果汁100%ジュースも「かじる100%ジュース」と読む時代が来るのでしょうか・・・

 先日は「ジャポニカロゴス」なんて番組やっていたのになあ(^^; <昨今はどこの局でもそうですけれどね

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

XonWindows3

[ ホロン、Windows上でLinux/UNIX環境をエミュレートするソフト::PC Watch ]

 時々というかほぼ毎日のように「cygwin アップデート」あたりで検索があるようなのだが、きっと手っ取り早く使うにはホロンの「XonWindows」のほうが環境も整っていて便利なのだと思う。

 自ら苦労してでもお金を使わずに済ませるか、多少の投資をしてでも快適さをとるかは自分次第。試行錯誤も勉強にはなるけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Rubyプログラミング入門


Rubyプログラミング入門
原 信一郎

オーム社 2000-10
売り上げランキング : 310,400
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

原 信一郎著: Rubyプログラミング入門
まつもと ゆきひろ監修
オーム社
2000/10 初版発行
本体2800円 @niftyBOOKS

 ずーっと昔、入門用のプログラム言語といえば BASIC だったりしましたが、今ではいずれも手軽にグラフィカルなプログラムを作れる言語が多くなりました。とはいえ、やはり初心者にとってはなかなか難しい。別にプログラムなんて出来なくてもパソコンを使うのに困るわけではないけれど、ちょっと知っていたら便利になる世界でもあるのは確かなのです。

 そんなちょっとしたものから果ては巨大なものまで、なんとも不思議なくらい便利さを提供してくれるのが Ruby。

 ただ基本としてはコマンドラインから使うということもあって、とっつきにくい印象をもつ人もあるかもしれない。けれども今では GUI 環境を使えるような手段が用意されてきているし、コマンドラインとはいってもそんなに怖がることなどない。

 テキストで書いてすぐに実行して動作を確かめられるという便利さ。可読性のよさ。巨大なものはそれなりに大変が伴うけれど、小さな便利さならばお手軽にあれこれと試すことができる。ちょっと凝った処理をしたいと思っても標準的にもっていることで様々に対応しているので、一から書いていたら大変だろうということまであっさりすっきりと書くことができる。

 たとえば配列データなら、

 array.uniq.sort.each do

 とするだけで、配列のデータの重複をまとめ、並べ替えをし、順に処理していく、ということができたり。もちろん期待通りの処理をさせるには理解しなければならないこともある。

 そんなときには入門用の本を一冊。まったくの初心者にとって完全に「はてな?」がないとはいえないのだが、入門にちょうどよいのは確かです。っていうかわたしの入門書だからというのも理由ではありますが(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

日食のライブ中継

 4月9日に皆既日食が太平洋上で観測されるようですが、インターネットを通じた中継が行われます。金環食もあるので貴重な体験ではあるでしょう。現地で観測できるのが一番ですが、せめてネットを通じて如何。

 とはいえ、05:00-08:00という時間であるというのが一番のネックかもしれませんが。

 [ LIVE! ECLIPSE 2005 HYBRID ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

プラネテス1,2,3,4

プラネテス (1)
幸村 誠

講談社 2001-01
売り上げランキング : 1,556
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



プラネテス (2)
プラネテス (3)
プラネテス (4)
プラネテス公式ガイドブック


幸村 誠著: プラネテス 1(モーニングKC 735) 幸村 誠著: プラネテス 2(モーニングKC 778) 幸村 誠著: プラネテス 3(モーニングKC 863) 幸村 誠著: プラネテス 4(モーニングKC) 幸村 誠: プラネテス公式ガイドブック(KCデラックス)

幸村 誠著: プラネテス 1(モーニングKC 735)
幸村 誠著: プラネテス 2(モーニングKC 778)
幸村 誠著: プラネテス 3(モーニングKC 863)
幸村 誠著: プラネテス 4(モーニングKC)
幸村 誠: プラネテス公式ガイドブック(KCデラックス)

 アニメプラネテスの原作漫画。アニメとは別物という話も聞いているので一度は読んでみなくてはと思うのですが、まだ未読。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

書籍索引スクリプト(2)

*長文注意*
 ココログのバックナンバーではカテゴリ別のページと日付別のページ(設定によって「月毎」「週毎」「日毎」)がありますが、カテゴリで見ようとすると記事の多いカテゴリではどんどん数が増えてページが長くなり、表示にも時間を取られるようになるでしょうし見通しも悪くなります。それぞれの記事のタイトルだけをもった索引を持てると便利だろうと思いまずは書籍の記事のための索引を作ってみました。

 タイトルだけの索引と違い著者名やジャンル分けによるクロスリンクを実現したかったので、記事自体に工夫をしています。そのためできるだけ記事が少ないうちに対処を始めなければ作業が大変になるのでまずこの書籍の分から作成を始めました。

 タイトルや著者名の読みによるソートをしたかったので、記事の先頭に必要なデータをコメントタグで埋め込んであります。このためブラウザで見る分には邪魔なデータが見えることなくページのデザインにも大きな影響を及ぼしません。

 データのそれぞれは半角のカンマ「 , 」で区切り、著者に関しては複数の著者や翻訳者がいる場合には、それぞれの名前を半角のスラッシュ「 / 」で区切っています。また、データ全体を括弧「【 】」で囲っています。

<!-- 【
題名,
だいめいのよみ,
著者名,
ちょしゃめいのよみ,
出版社名,
しゅっぱんしゃめいのよみ
】 -->

 著者名についてはさらに、

著者名/著者名/訳:訳者名
ちょしゃめい/ちょしゃめい/ヤクシャメイ

 のように記述してあります。訳者名の前に「訳:」とつけてあるのは名前のリストの時に区別を付けやすくするためです。また読みでは名前だけを書き、さらに著者よりも名前が先に表示されないようにカタカナで記述しています(ただ、このままだと著者名のリストを作成するときに二重に見出しを作ってしまうので、直前にひらがなに変換しています)。

 ジャンルについてはすべての書籍にまず標準カテゴリの「書籍・雑誌」をあて、さらに内容のジャンルとして独自のカテゴリをひとつだけ作成し、合計ふたつのカテゴリを設定しています。すべてに共通する「書籍・雑誌」カテゴリのインデックスページを取得すればすべての書籍情報を処理することができます。

 索引記事の作成に先立って、それぞれの索引記事用の記事ファイルを作っておき、そのファイルへの固定リンクを決めておく必要があります。ブログ使用開始前の日付でファイルを作っておきます。ここで先の「ココログのファイル名」を参照してわかり易いファイル名をつけておきます。

 スクリプトの先頭部分にこれらのファイルへの URL を指定する部分があるので、そこに記入します。直接ココログに書き込む機能はないので、一旦スクリプトのあるフォルダにファイルを書き出すので、そのファイル名も適宜指定します。

 中ほどに「ネット接続用」としてココログの URL を指定する部分には、「書籍・雑誌」カテゴリのディレクトリを指定します。この部分についてはもっと簡略化や汎用化が出来ると思うのですが、今回は限定した用途なので参考にした藤岡さんのスクリプトをそのまま利用しています。

 ここまでの設定ができれば、後は ActiveScriptRuby の「 Ruby コンソール」を開き、必要に応じてスクリプトを置いたフォルダに移動してから、

c>ruby bkidx.rb

 とするだけでそれぞれの索引ファイルが作成されます(もちろんネット接続可能な状態で)。

 ココログにログインし、記事の編集画面で索引記事を開き、エディタなどで先ほど作成された新しい索引記事を開き「すべてを選択」して、コピー&ペーストしてから保存します。

 なお、UTF-8 文字コードに対応させるために Ruby 1.8.2 を使うのがもっとも手軽なので、ActiveScriptRuby も 1.8.2 を使用します。

#小見出し用文字の変換用ハッシュでカタカナが必要なかったことに気づいたので削除しました。(2005/4/4)
#pre タグを使ったときのコツが分かったので本来のインデント付きで表示できるようになりました。やや見栄えは悪いですが。(2005/4/4)

#カテゴリの切り出しはたまたまうまくいっていただけなのを確認(^^; 現在修正中(2005/4/5)

#カテゴリの切り出しを修正。(限定した使い方なので必要ないともいえるのだけれど、一応)
#4/7のココログのバージョンアップに伴い、記事の固定リンクを示す文字がデフォルトで変更されてしまう場合に対応。(2005/4/8)

#カテゴリ文字の処理部分を修正(2005/4/28)

bkidx.rb



#!ruby -Ks
#書籍索引を生成する
#2005/03/17 - 2005/04/07
#
#データ形式
#<!--【書名,しょめいよみ,
# 著者名/(著者名|訳:訳者名),
# ちょしゃめいよみ/ヤクシャメイヨミ,
# 出版社名,しゅっぱんしゃめいよみ】 -->
#
# よみは基本的にひらがなで。外国人でも。
# 訳者のよみはカタカナで。(訳:)の部分は無視。
# 複数著者や翻訳者は / で区切る。,/ は半角で。
#
$KCODE = "sjis"
require 'jcode'
require 'kconv'
require 'net/http'
#
#ローカルに作成する策引用ファイル名
bk_file = 'book_idx.htm'
wri_file = 'writer_idx.htm'
genre_file = 'genre_idx.htm'
#
#ココログ側の著者名別・ジャンル別インデックスファイルのURL
#wri_idx_url = 'http://mumrik.air-nifty.com/blog/2004/01/wri_name_idx.html'
#genre_idx_url = 'http://mumrik.air-nifty.com/blog/2004/01/genre_idx.html'
#ローカルテスト用
wri_idx_url = 'writer_idx.htm'
genre_idx_url = 'genre_idx.htm'
#
#
b_name = []
w_name = []
p_name = []
g_anchor = []
w_name_list = []
w_yomi_t = []
w_name_t = []
w_anchor = []
cat = []
#
#小見出し用の濁音発音を変換
def del_daku(yomi)
daku_tbl = { "が" => "かka",
"ぎ" => "きki",
"ぐ" => "くku",
"げ" => "けke",
"ご" => "こko",
"ざ" => "さsa",
"じ" => "しsi",
"ず" => "すsu",
"ぜ" => "せse",
"ぞ" => "そso",
"だ" => "たta",
"ぢ" => "ちti",
"づ" => "つtu",
"で" => "てte",
"ど" => "とto",
"ば" => "はha",
"び" => "ひhi",
"ぶ" => "ふhu",
"べ" => "へhe",
"ぼ" => "ほho",
"ぱ" => "はha",
"ぴ" => "ひhi",
"ぷ" => "ふhu",
"ぺ" => "へhe",
"ぽ" => "ほho",
"あ" => "あaa",
"い" => "いii",
"う" => "うuu",
"え" => "えee",
"お" => "おoo",
"か" => "かka",
"き" => "きki",
"く" => "くku",
"け" => "けke",
"こ" => "こko",
"さ" => "さsa",
"し" => "しsi",
"す" => "すsu",
"せ" => "せse",
"そ" => "そso",
"た" => "たta",
"ち" => "ちti",
"つ" => "つtu",
"て" => "てte",
"と" => "とto",
"な" => "なna",
"に" => "にni",
"ぬ" => "ぬnu",
"ね" => "ねne",
"の" => "のno",
"は" => "はha",
"ひ" => "ひhi",
"ふ" => "ふhu",
"へ" => "へhe",
"ほ" => "ほho",
"ま" => "まma",
"み" => "みmi",
"む" => "むmu",
"め" => "めme",
"も" => "もmo",
"や" => "やya",
"ゆ" => "ゆyu",
"よ" => "よyo",
"ら" => "らra",
"り" => "りri",
"る" => "るru",
"れ" => "れre",
"ろ" => "ろro",
"わ" => "わwa",
"を" => "をwo",
"ん" => "んnn" }
if daku_tbl[yomi]
daku_tbl[yomi]
else
yomi
end
end
#
#
i = 0
category = ""
#ネット接続用
#host = 'mumrik.air-nifty.com'
#directory = '/blog/cat771270'
#htmlfile = 'index.html'
#h = Net::HTTP.start(host, 80)
# response = h.get(directory + "/" + htmlfile)
#response.body.each do |line|
#
#ローカルテスト用
file_name = ARGV.shift
File.foreach(file_name) do |line|
line = Kconv.tosjis(line)
#
if /【([^,]+,[^,]+,[^,]+,[^,]+,[^,]+,[^,]+)】/ =~ line
bk_name,bk_yomi,wri_name,wri_yomi,pub_name,pub_yomi = $1.split(/,/)
b_name[i] = [bk_yomi,wri_yomi,bk_name,wri_name]
w_name[i] = [wri_yomi,bk_yomi,wri_name,bk_name]
p_name[i] = [pub_yomi,pub_name]
w_name_list[i] = [wri_yomi,wri_name]
i += 1
end
#
#個別のリンクを取得
if /^<span[\s\S]+"permalink" href="([\s\S]+)">(?:固定リンク|Permalink)/ =~ line
b_name[i-1].push($1)
w_name[i-1].push($1)
end
#
#ジャンルの取得
if /^<span class="post-footers">/ =~ line
line.scan(/\/index.html">([^<]+)<\/a>/) do |c|
cat.push(c)
end
category = cat.join.gsub(/書籍・雑誌/,"")
b_name[i-1].push(category)
w_name[i-1].push(category)
g_anchor[i-1] = category
cat.clear
category = ""
end
#
end
#
#アンカーリスト著者
w_name_list.each do |yomi,name|
if /\// =~ yomi
w_yomi_t = yomi.split(/\//)
w_name_t = name.split(/\//)
w_yomi_t.each_index do |i|
w_name_list.push([w_yomi_t[i],w_name_t[i]])
end
end
end
w_name_list.delete_if { |yomi,name|
yomi =~ /\// or name =~ /\//
}
#
i = 0
w_name_list.uniq.sort.each do |a,b|
w_anchor[i] = b
i += 1
end
#
#
#ジャンル別
g_size = 0
f = File.new(genre_file, "w")
f.print "ジャンル別索引<a class=\"idx\" name=\"top\"></a>\n"
g_idx = ""
g_anchor.uniq.sort.each_with_index do |genre,i|
g_size = g_size + genre.size
if g_size > 40
f.print "<br>"
g_size = genre.size
end
f.print "<big><b><a href=\"#",i,"\">",genre,"</a></b></big>|"
end
#
g_idx = ""
f.print "<hr><dl>"
g_anchor.uniq.sort.each_with_index do |genre,i|
f.print "<div align=\"right\"><a href=\"#top\">索引の初めに戻る</a></div><dt><big><b><a class=\"idx\" name=\"",i,"\">[ ",genre," ]</a></b></big>\n"
b_name.sort.each do |bk_yomi,wri_yomi,bk_name,wri_name,bk_url,genre2|
if genre2 == genre
f.print "<dd><a href=\"",bk_url,"\"><b>",bk_name,"</b></a> ( "
w_anchor.each_with_index do |name,j|
if /#{name}/ =~ wri_name
f.print "<a href=\"",wri_idx_url,"#",j,"\"><i>",name,"</i></a> "
end
end
f.print " )\n"
end
end
end
f.print "</dl><div align=\"right\"><a href=\"#top\">索引の初めに戻る</a></div>\n"
f.close
#
#
#書名別索引作成
f = File.new(bk_file, "w")
f.print "書名五十音別索引<a class=\"idx\" name=\"top\"></a>\n"
#
komidasi = ""
b_name.sort.each do |bk_yomi,wir_yomi,bk_name,wri_name,bk_url,genre|
komidasi_ = del_daku(bk_yomi[0,2])
if komidasi != komidasi_[0,2]
komidasi = komidasi_[0,2]
f.print "<big><b><a href=\"#",komidasi_[2,2],"\">",komidasi,"</a></b></big>|"
end
end
#
komidasi = ""
f.print "<hr><dl>"
b_name.sort.each do |bk_yomi,wri_yomi,bk_name,wri_name,bk_url,genre|
komidasi_ = del_daku(bk_yomi[0,2])
if komidasi != komidasi_[0,2]
komidasi = komidasi_[0,2]
f.print "<div align=\"right\"><a href=\"#top\">索引の初めに戻る</a></div><dt><big><b><a class=\"idx\" name=\"",komidasi_[2,2],"\">",komidasi,"</a></b></big>\n"
end
#
f.print "<dd><a href=\"",bk_url,"\"><b>",bk_name,"</b></a> ( "
w_anchor.each_with_index do |name,c|
if /#{name}/ =~ wri_name
f.print "<a href=\"",wri_idx_url,"#",c,"\"><i>",name,"</i></a> "
end
end
f.print ") "
g_anchor.uniq.sort.each_with_index do |genre2,j|
if genre2 == genre
f.print "<small>[ <a href=\"",genre_idx_url,"#",j,"\">",genre,"</a> ]</small>\n"
end
end
#
end
f.print "</dl><div align=\"right\"><a href=\"#top\">索引の初めに戻る</a></div>\n"
f.close
#
#
#著者五十音別
w_name_list.each do |yomi,name|
yomi.tr!("ァ-ン", "ぁ-ん")
end
w_name_list.uniq!.sort!
#
f = File.new(wri_file, "w")
f.print "著者名五十音別索引<a class=\"idx\" name=\"top\"></a>\n"
komidasi = ""
w_name_list.each do |wri_yomi,wri_name|
komidasi_ = del_daku(wri_yomi[0,2])
if komidasi != komidasi_[0,2]
komidasi = komidasi_[0,2]
f.print "<big><b><a href=\"#",komidasi_[2,2],"\">",komidasi,"</a></b></big>|"
end
end
#
komidasi = ""
f.print "<hr><dl>"
w_name_list.each do |wri_yomi2,wri_name2|
komidasi_ = del_daku(wri_yomi2[0,2])
if komidasi != komidasi_[0,2]
komidasi = komidasi_[0,2]
f.print "<div align=\"right\"><a href=\"#top\">索引の初めに戻る</a></div><dt><big><b><a class=\"idx\" name=\"",komidasi_[2,2],"\">(",komidasi,")</a></b></big>\n"
end
#
w_anchor.each_with_index do |a_name,c|
if /#{a_name}/ =~ wri_name2
f.print "<dl><dt><b><a class=\"idx\" name=\"",c,"\">",a_name,"</a></b> <small>( ",wri_yomi2," )</small>"
end
end
#
w_name.sort.each do |wri_yomi,bk_yomi,wri_name,bk_name,bk_url,genre|
if /#{wri_name2}/ =~ wri_name
g_anchor.uniq.sort.each_with_index do |genre2,j|
if genre2 == genre
f.print "<dd><a href=\"",bk_url,"\"><b>",bk_name,"</b></a><small> [ <a href=\"",genre_idx_url,"#",j,"\">",genre,"</a> ]</small>\n"
end
end
end
end
f.print "</dl>\n"
end
#
f.print "</dl><div align=\"right\"><a href=\"#top\">索引の初めに戻る</a></div>\n"
f.close
#

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »