« 書物としての新約聖書 | トップページ | 新潟県はコウモリなのかなあ »

Delphi 2005

 Borland 社の開発言語 Delphi の新バージョン。すでにバージョンアップの通知は届いているのだが、仕事で使うわけでもなくなんとなく楽しみでたまには使いたい程度のわたしには、正直現状で充分。なんたって高い。いや、確かに便利で好きなんですけれど。このところ「年刊デルファイ」みたいになってますし。

 最初のバージョンはたんに「 Delphi for Windows 」でしかなかったのですが、Visual Basic よりも便利そう(ランタイムが必要ないところなんて素敵)だったので買ったのですが、残念ながら使うという状況はほとんどありませんでした。もっともこれがあったおかげで近年作成することになったデータベースアプリケーションを Windows 3.1 でも動作させることができたわけですが。その際にどうしてもデータベースの調整が必要になって当時最新の 7 にバージョンアップ。それ以来、まともには使ってません(^^;

 当然その後の 8 も、今回の 2005 も買うことはないでしょう。今後 OS の変更を余儀なくされてまともに動作しなくなれば考えなくもないですが、何か別のものを考えるかも。そうでなくてもちょっとしたことなら Ruby を使うのが今は楽しいですし<当たり前すぎるかな?

 もっともそんなことを云うと、「Delphi for Windows 」と一緒に買った「 Turbo C++ for DOS 」なんてまったくですし。記念碑として持っているだけかもしれません。

ボーランド、Win32と.NET Framework、C#をサポートするDelphi 2005

|
|

« 書物としての新約聖書 | トップページ | 新潟県はコウモリなのかなあ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/1872278

この記事へのトラックバック一覧です: Delphi 2005:

« 書物としての新約聖書 | トップページ | 新潟県はコウモリなのかなあ »