« 再検診が必要です。 | トップページ | ココログブックスに登録 »

あっぱれ Works 8

 Microsoft の Office は今ではほとんどの人が使っているのではないかと思うほど、広く使われている。だいたい新品のパソコンを買ったら初めから入っているのだし、なにもわざわざほかのものにしようかと考える人のほうが少ないでしょう。一般的には。もちろんそれは昔よりもワープロや表計算といったソフトの種類が淘汰されすぎてしまったというのも一因でしょうけれど。ただ、Office は巨大です。非力なマシンには重いです。さらに最近はそうでもなくなったようですが連携が悪い(悪かった)です。

 そんなこともあって Windows 使うようになってからも愛用していたのが、「 Works 」でした。Dos 時代の話でいえばフロッピーディスク一枚にすっかり収まってしまうのに、ワープロ・表計算・データベース・通信ソフトが全部そろってしまうのでした。しかも統合ソフトという名前がついているだけあって、それぞれのツール間の連携がとてもスムースで便利。ワープロに表計算の表を貼り付けて、データベースの住所録を使って差し込み印刷するなんてことが簡単にできてしまうわけです。

 もちろん、機能的には Word や Excel には劣ります。といって使えないというレベルではもちろんなく、実際に使ってみたら個人が使う分には必要充分と思うはずです。はっきりいって今の Office ツールは巨大に、機能てんこもりになりすぎではないかと思うのです。ましてや初めてパソコンを購入したという中高年の人が家庭で使いたいというレベルならまったく問題ないです。いやいや「書類は Word 文書で提出」なんてことをいわないかぎり会社でだって問題ないです(もっとも最新に近い Word 形式で保存することは可能だと思いますが)。

 あえて残念なことといえば相変わらず Excel のブック形式に対応できないことでしょうか。作業できる表はひとつに限定されます。複数の表を串刺しにして統計をとったりといった用途には使えないために、わたしも Excel だけは早くから使い出しましたけれど。

 そんな便利な Works ですが、ここまでパソコンの性能がよくなり、さらに Office の普及が進んでしまうともはや切り捨てられるのではないかと思っていたのですが、2 年ぶり(?)で新バージョンが発売になるそうです。

 マイクロソフト、統合ソフトウェア「Microsoft Works 8」~ジャスコ限定で先行販売

 実際売れるんだろうか?という心配もなくはないのですが、最近の OS で動作する Works を持っていないわたしにとってはちょっとうれしいニュース。そうでないと昔のファイルを開くツールがないのですよね(^^; もちろん古い Windows95 マシンには Works95 が入っているので、こちらでテキストに落とすとか、Word 文書に変換するとかすればよいわけですが、やはり Works には Works のよさがありますから。

 残念ながら一般の店頭販売は来年になるようですが、そろそろ検討しようかなと思うわけです。本音をいうとこの次はないかもしれないからなんですけれどね(^^;

B000BNQ1OUWorks 8.0 はがきスタジオ2006 同梱版
マイクロソフト 2005-11-18

by G-Tools

|
|

« 再検診が必要です。 | トップページ | ココログブックスに登録 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/1728862

この記事へのトラックバック一覧です: あっぱれ Works 8:

« 再検診が必要です。 | トップページ | ココログブックスに登録 »