« ラリーの成績集計プログラム | トップページ | ななつのこ? »

上司は思いつきでものを言う

 なんとも魅力的なタイトル。おおっ、と思う人や、「そうなんだよ」と賛同しながら手にとるひともありそうだ。昨年の「バカの壁」にすっかりだまされてしまったので、やや懐疑的な気持ちであとがき・はじめに・本文をぱらぱら見るとどうやら安心してよさそうだ。なにしろ著者が橋本治さんなのだから、「こういうものも書くのか」、という驚きが正直ありました。桃尻娘の印象ばかりが強すぎたのが原因でしょう。「窯変源氏物語」は知ってはいますが開いたことはないので(^^;
 印象的なタイトルでひきつけただけでなく、内容もまた魅力的です。つねづね「会社というおばけ」にうんざりしていたので、そうかそうかと頷ける文章が続きます。「総務は専業主婦のようなもの」であるとか、「会社はその大きさゆえにより大きくなる」とか(さながら恐竜の宿命にも似ている)。
 そしてそれらがタイトルへと導いてゆく。対処法についても書かれてはいるが、効果のほどは難しいかもしれない。最善の策のひとつではあると思うのだが、所詮だめなものは駄目。けれども少なくとも、そうだよな、と理解しあきらめるきっかけになることは間違いない。


上司は思いつきでものを言う」集英社新書0240C
著者:橋本 治
発行:2004/4 集英社
価格:693円(本体660円) @niftyBOOKSで詳しく見る


上司は思いつきでものを言う
橋本 治

集英社 2004-04
売り上げランキング : 6,609
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|
|

« ラリーの成績集計プログラム | トップページ | ななつのこ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28835/710296

この記事へのトラックバック一覧です: 上司は思いつきでものを言う:

« ラリーの成績集計プログラム | トップページ | ななつのこ? »