平安堂が東急へ移転するという

 [ 平安堂など出店発表 ながの東急、大規模改装 | 信濃毎日新聞[信毎web] ]


 飯田の平安堂が長野市に出店したのはもうずいぶんと昔になってしまった。守谷ビルの1 階と 2 階をつかって CD の売り場もあったり、ちょうど時代的にマイコン・パソコンが普及してきたころだったのもあって PC ゲームのパッケージなども扱っていたりしたので、そうした意味でもずいぶんと重宝したものだった。

 その後長野オリンピックを前にして駅前の再開発が行われ、ウエストプラザへの移転をすることになるのだけれど、目玉とするために紀伊国屋書店などがはいるという噂もあった。そうした県外資本よりはという意向を受けて平安堂が了承したわけではあった。

 とはいえ、少々無謀な賭けのような側面もあったのかもしれない。ただ、三階分を使った広い売り場は当時としてはかなり画期的で、ことに専門書の蔵書はなかなか見事なものだった。

 が、わずかでいったん休業して仕切り直しをしたのは先代の社長平野稔氏。再スタートを切ってそこからはそれなりに順調な営業を続けていたやには見えた。社長を息子さんに譲ってからは残念ながら凋落の一途というしかないか。失礼ながら経営に向かれた方ではなかった。そこでいったんは退いた稔氏が復活して采配をふるったのだけれど惜しくも亡くなられてしまった。

 書店のコンビニ版とでもいうようなブックボックスで全国、とくに地方に多数出店し、あるいは沖縄には今も残っているのではないか。それが廃れて、さらには JBC(ジャパン・ブック・センター)構想がとん挫したあたりからなにやら暗雲がたれこめてきたのかもしれない。

 そうして高沢産業の完全子会社となり、東急さんにさそわれて移転と。はじめの出店地にほど近いところにまた戻ってきたわけだ。

 ちなみに先の記事では東急に書籍売り場ができるのははじめてだとあるが、それは間違いだ。長らく長谷川書店が店を構えていた。新館シェルシェができたときにもそちらに移転して営業した。10 年あまり前に事実上廃業したときに東急の売り場も撤退したのかどうかを知らないのだが、あるいはそういう意味で知らない人がそういうことを言っているのかもしれない。

 が、少なくも知る限りにおいては 40 年あまりは営業していたと思うので、さすがにちょっと失礼ではないかとは思うのだけれど。

 さて、平安堂。どこへ着地するのだろうか。ウエストプラザには県外の大手がやってくるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「明暗」

 ちょっと読むものがなかったのでどうしようかと思っていて、ふと昔高橋会長が SONY Reader 用に PDF にした青空文庫の作品があったなと思い出して、それならばと見ていて選んだのが、たまたま「明暗」(夏目漱石)だった。

 で、読み始めると案外長い。しかも、例によって寝る前読書でさして進まない。間にほかの献本とかもあったりで結局二か月くらいかけて読み終えた。しかも、中盤くらいになってからようやく「未完」の作品だと知った。

 なんとなくまだまだページがあるなと思いつつ読んでいたら、ふいに「未完」の文字。Adobe Reader を使っていたのだけれど、どうやらページ位置をしめすマークは必ずしても端から端までではなかったらしい。騙された。

 で、作品。

 主人公はとにかく金がない。金遣いが荒いというわけでもないが、来月の生活費も危うい。仕事はしているようなのに。実家の父親に無心したり、親戚すじに無心したり。そんな中でなにやらよくはわからないが手術をすることになって、親戚筋と妻と妹やらちょっと困った古い友人やらがでてきてごたごたする。

 あげく、今のあなたが煮え切らないのは、かつて付き合っていて結婚するかと思っていた相手の女性とふいにわかれてしまい、別の男性と結婚してしまったが、その理由がよくわかっていないのでまだ悶々と引きずっているのでしょうというのだった。

 で、彼女は今療養のために湯治場にいるから、退院したらあなたも療養という名目でそこにいきなさいと。費用は持ってあげますと親戚だったかなんだかの奥さんがいうのだった。で、そんなことはないというのだが、あながち間違ってもいないかという気持ちもあるらしく、同行するという妻をなんとか言い含めてひとりで湯治場に行くと。

 滞在していることは確かめたものの、そうそう出会えるわけでもないと思っていたら、宿のなかで迷子になっているうちにふいに出会ってしまい、そこから意を決して対面。さて、そこからどうなるのだというところで終わってしまった。

 うーん、なにが明暗だったのだろう。相手の女性とどうしたかったのだろう。謎は深まるばかりで終わってしまった。未完にもほどがある。これをどう評価すればよいものやら。


 ちなみに先の PDF なのだけれど、縦書きではあるものの左とじなのでページめくりが逆イメージになってしまってちょっと不便ではあるのだった。

B009IXL5PY明暗
夏目 漱石
2012-09-27

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

電車の学校が再現された

 [ 松川村に「トットちゃん」の世界 「ちひろ公園」拡充 | 信濃毎日新聞[信毎web] ]

 どこぞかの古い車両をもらってきて電車の教室を再現することになったというのは数年くらい前のニュースにあった。ずいぶんと長くかかったようにも感じるけれど、車両そのものがようやく運び込まれたというのは昨年くらいだったようにも思うので、そこにいたるまでの交渉が長引いたということなのかもしれない。

 直接的にちひろと関係があるというわけではないものの、つながりを持ったトットちゃんとの縁もあって実現することになったというのは、子供をばかりを対象にして描いてきていたちひろと重なる部分もあって、イメージには合うのだろうなとは。

 考えてみると確かにあれほど話題にもなり、ベストセラーとして広く読まれている作品であるにもかかわらず、映画化されるということもなかったのは、少しばかり稀有なことかもしれない。もっとも、音楽劇として音楽と朗読で構成されたものは、ひところ広く公演されもしたし、レコードなどにもなった。

 なんでも映画化、ドラマ化すればよいというものでもないというのはあるので、こうした形で疑似体験できることがトットちゃんにはよかったのかもしれない。

 話題であった当時に読んではいたけれど、さすがにいまでは詳細はもう忘れてしまっている。ただ、黒柳さんがそれらをどこかにメモしたりではなく、すべてき記憶にとどめていたことでより鮮明に記憶されていたのだといったようなことをどこかで書いておられたような記憶だけは残っている。

 実際として記憶がどこまで正しいのかはなんともいえないところもあるけれど、ただ、昔のことほどよく覚えているということも思えば、非常な時代だったこともあわせて鮮烈な記憶ではあるのだろうなとは。

 一度は訪ねてみたいのだけれど、なかなか無理かな


 レコードのものは既になく、オンデマンド CD という形で原盤から CD-R に焼く形での販売をしているらしい。

B0038002UW窓ぎわのトットちゃん
黒柳徹子
コロムビアミュージックエンタテインメント 2010-02-22

by G-Tools

406145840X窓ぎわのトットちゃん
黒柳 徹子 いわさき ちひろ
講談社 1981-03-06

by G-Tools


 先日 NHK で放送されたドラマ「トットてれび」もすばらしかった。草創期の苦労と楽しさとがつまった時代だったのだなあと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Windows 10 で Cygwin + tDiary

 Windows 10 にするにあたって一番気がかりだったひとつが Cygwin での tDiary 環境。とはいえ、このところそこそこ経験を積んできたので、まあなんとかなるだろうくらいに思っていた。果たして。

 Cygwin をインストールして(apache は標準ではインストールされないのでチェックすることも忘れない)、conf ファイルの修正などもして先の情報を参考にしつつ cygserver がサービスとして実行されるようにしておく。

 さてとブラウザでローカルホストにアクセスするがなにも表示されない。It Works! がでない。

 Skype などがポート 80 を使ってしまっていることがあるというのはすでに知っていたので、大方そんなところなのだろうと調べると Skype ではなくシステムで使っている。PID 4 という早いところで。これはちょっと面倒なのか?

 ひとまず 8080 とかにしてみたのだけれど、apache は起動するもののブラウザにはなにも表示されないまま。

 ということでいろいろ調べているとわかったのは、Windows 10 が IIS だかを標準で機能を有効にしていて、これがポート 80 を使っている。これは必要なければ機能の無効化でよいと。

 [ Windows10にアップグレードしたらApache起動しなくなったので対策に乗り出したっていう話 | Thought is free ]

 ただ、 Windows 10 ではこうした場所へのアクセスがどうもわかりにくい。コントロールパネルを探すだけでも一苦労してしまう。わかってしまえばよいのだけれど、移行したすぐには悩んでしまう。

 そうしてようやく It Works! が表示されるようになったので日記にアクセスするとエラー。これは ruby-list だったかで最近みかけたような気がしていたので Ruby 側の修正を。 win32/resolve.rb で require 'kernel32' だったかを、'kernel32.dll' と拡張子までつけないと探してくれないということらしかった。次で修正されるらしい(と思った)。

 ところがさらにエラー。が、これはどうやら古い tDiary のファイルが残っていたためだったようで、クリーンに入れなおしたら問題なく日記画面が表示された。なんとか日記環境も復活したのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

朝顔の観察記録 その2

朝顔 つるが 50cm ほどになる


 あれから(といっても記事は昨日、撮影は 19 日) 4 日ほど経過したところでつるが 50cm あまりに伸びた。そういえば支柱が必要だったなということで、そこいらにあったものをさしてはみたが、ちょっと遅かったか。さて、どんなぐあいに成長するのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

«朝顔の観察記録(たぶん)