ストレンジャー

 さびれた田舎町。年老いて少し元気をなくした老女性が管理するいまは使われていない倉庫。かつて夫が事業をしていたなごりらしいのだが、もう使われることもなくそのままになっている。家屋敷はひとりで暮らすにはやや大きすぎるが、思い出のつまったところでもあり、容易に手放すという決断もつけられずにいる。それでも、不動産屋にそんな話をもちかけてみたりはしている。

 そんな倉庫を使いたいととある男がやってくる。ある物を保管するのに使いたいとひとまずひと月の契約を結ぶ。実は老女性はもうお金の工面が難しく、このままでは生活できなくなるというので渡りに船と契約を結んだのだった。ゆえにどんなものを保管するのかなど詳しいことには興味がなく、聞かないままに契約したのだった。

 そんな老婦人がなにかと頼りにしているのが、姪だかになる女性。話しているうちにその契約に不審を覚えるようにもなり、一緒に確認にいくが、見張りに立っている男たちが入れてくれない。言葉もわからない振りをしている。契約した男がやってきてようやく中を確認したりいろいろ話をしてわかってきたのは、実は持ち込んでいるのは処分に困っている放射性廃棄物だった。

 ドラム缶に入れられ特長的なマークがつけられたそれらの数々が並ぶ様は、整然としつつもやや異様な空気を放っている。とはいえ契約は契約であるし、そもそも物についての説明を拒んだのは老女性のほうなのだった。現状では正当な解約理由が見つからない。

 一方で男は経済的に苦しむ町にたいして話をもちかける。廃棄物を保管する事業を大々的に行いたい。まだ最終的な処分場のあてはないが、一時的なものだからと。金は十分に出すし、雇用も生まれる。町の財政はうるおうはずだと、町長や議員らを招いて演説する。厳しい財政事情の関係者は、この話に大いに色めき立つ。

 ところがそんな矢先に運搬していたトラックが横転事故を起こしてしまう。幸いにして廃棄物の漏洩はなかったものの、それによって不安感は増していく。ついには、計画は頓挫する。

 とまあ、それだけといえばそれだけの映画。放射性廃棄物の処分問題を提議しているのかというわけでもなく、それで? と思ってしまうようなところはあって、ちょっと肩透かしな感じではあるのだった。うーむ。

 原題は「MAIN STREET」。

B00B4HR5DSストレンジャー [DVD]
ダグラス・セーラ・Jr.
アルバトロス 2013-04-02

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ラットランナーズ

 本が好き! 経由で献本していただきました。ありがとうございます。

 超監視社会となった未来のイギリス。なにか不穏なことがあると判断されると行動を逐一監視する者たちがやってきて、すべての行動をつぶさに監視されるようにもなってしまう。危険な物(刃物や銃器など)を隠し持っていてもそれを検知することができるということで、表立った犯罪は少ないのかもしれない。が、個人の生活は後ろ暗いことさえなければ別だが、やや緊張を強いられたはりつめた空気の漂う社会になっている。ただ、子供はその監視からは一部除外されるような法律となっているらしい。

 そこで子供ギャングとでもいうラットランナーズというものが登場するようになったらしい。地下組織の仕事を請け負うのは子供。そんなひとりのニモに舞い込んだ仕事が、実は自身にかかわるようなものであったと。ただ、そのあたりの関係を依頼主はまだ知らない。が、ゆえにニモはその依頼を利用して事件の真相にせまろうと動くことにすると。

 まあ、そういう物語。結末はあまりにも突拍子もないところに行ってしまうので、ちょっとやりすぎという全能感を覚えてもしまうので、評価はわかれるかもしれない。わたしとしては少々都合よくやりすぎたのではないかという印象が残ってしまった。ただ、物語の展開そのものは面白く読んだのは事実だ。

 なぜ、どうもいまひとつに感じてしまうのかといえば、これがいわばイギリス版のライトノベルのようなものだからかもしれない。

 作者はもともとイラストを描くことからはじめていた。絵本などを描き、そこから児童小説などにも進んだらしい。そして、おそらくは一応一般向けということでだされた SF 小説が本作という位置づけかと思われる。

 ただ、どうもいまひとつ洗練された感じに弱く、児童小説の延長にとどまっているような印象がしてしまう。いや、そこにも収まらないというか。子供向けとしたらややグダグダしすぎているかもしれない。それでいて文章が細切れで短いセンテンスが大半であるとか、情景描写がやや弱く、単純な単語の羅列的な文章になってしまっているあたりにライトノベルというかケータイ小説というか、なんとなく今風の素人が軽く書いてみましたといった雰囲気のようなものを感じてもしまうのだった。

 日本のライトノベルがそうだというのではなく、それはもっと読むに耐えるものだと思うのだけれど、これを普通に一般に読まれることを目的とした SF 小説というのであれば、少し違うところにあると思ったほうがよくはないか、ということからあえてイギリス版ライトノベルと表現してみた次第。

 そして結末の全能的な展開はあまりにも激しすぎてちょっとやりすぎではないのかと思ってしまう。とある技術を人体に埋め込むだけで、人体内のあらゆるところ(希望するところ)に、あらゆる機械装置や機能が実現してしまい(カメラであったり分析装置であったり、レーダー的な装置であったり)、しかもそれらをまた分解して監視から逃れることまでできてしまうといったことをやられてしまった日には、もうなんでもできてしまうだろうと。まあ、それがこの作品の世界なのだといえばそれまでではあるのだけれど、それを許容できるような作品にまでは仕上がっていないのではないかと思ってしまうからなのだった。

 いっそディック的な世界にまでいってしまえばよかったのではないかと思うのだが、そこまでブッ飛んだ世界を描くには力不足は否めない。あくまでも児童小説レベルではないかという感じなのだ。(児童小説をおとしめる意図はないです)

 それは章立てが非常に多いことからも言えるかもしれない。細かく場面が変わるのだ。設定は面白いし、展開もそれなりではある。ただ、児童小説にも一般小説にもなりきれないままの作品に終わってしまったというのが、個人的な感想なのだった。

 ひところ時代を牽引したサイバーパンク的な SF を期待して読むと、正直がっかりするかもしれない。あるいは「長文を読むのはどうも苦手だ」という現代のニュータイプ向けとするならば、それはそれでありなのかも。

正誤情報:

「肌の色は白でしたでしたか、黒でしたか?」(P.111)

4488754015ラットランナーズ (創元SF文庫)
オシーン・マッギャン
東京創元社 2015-04-20

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

舞台「プルートゥ」を E テレで見る

 たまたま E テレで舞台「プルートゥ」を放送するというので見てみた。冒頭少しだけ見逃してしまったのだけれど、その後は最後まで見た。 2 時間半というのはやはり長い。まあ、舞台というものを見ないので、一般的な長さなのかどうかもわからないのだけれど。

 漫画のほうも存在は知っていたし、はじめのころにパラパラと見てみたこともある。ただ、通して読むということもないままに過ぎていたし、よって結末がどうなのかもまったく知らないままに見ているという、ある意味しあわせな状況ではあったかもしれない。

 ごくごくギュギュッとまとめた内容なのであろうから、物語としたらもっといろいろ細々とあったのではあろうけれど、なるほどそういう話なのかと思うくらいにはよくまとまっていたのではないかと思う。もちろん、原作漫画を読んでいないので、それが必要にして十分だったのかを判断する術はないのだけれど。

 また、舞台ということでその演出方法が面白かった。プロジェクターなのだろうか、原作の絵を投影することや、さまざまな状況を映像にして流したりしてそれを役者の動きと合成したりというのも面白かった。なんとなく漫画のコマ割を意識した演出をしていたのだろうかという感じではあった。

 舞台というダイジェストであるからなんともいえないけれど、それだけを見ての感想は「なんだかモンスターの焼き直しみたいだな」というものだった。なんとなく直感的になのだけれど。

 いずれは原作漫画も読んでみたいところかな。

4091874312PLUTO (1) (ビッグコミックス)
浦沢 直樹 手塚 治虫
小学館 2004-09-30

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

山は緑

緑に染まるエムウェーブ


 山並みに緑映える。来年の全国植樹祭はここで行われる予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ねこあつめが停滞中

ねこあつめの2


 ねこあつめ。そこそこやってきて残り 9 種くらいにはなったのだけれど、なかなか新しい猫がこない。まろさんみたいな猫はきっと蹴鞠とかだろうからと鞠を置いておいたら確かにやってきた。鍋のやつは当然鍋をおけばと。

 が、あとはどんなのがいるのか知らないので、いろいろ置いてはみているけれど、このところさっぱり。基本、餌の補充をするくらい(餌の種類をたまに変えるとか、おもちゃグッズを入れ替えるとかはあるが)なので、そろそろ飽きがきたかなあとも。

 この手のアプリは瞬間湯沸かし器的に、いかに瞬間的に爆発的なヒットを起こして、いかにさっと手を引くかというところか。

 そもそもゲーム性としては高くないわけで、面白いというよりはかわいいというのが一番であろうから。まあ、熱帯魚を飼うだけというゲームもかつてはあったわけであるし。

 全部そろわないうちに、そろそろ止めるかということになるかもしれないかな。いくら放置とはいえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

«メモ:「失敗から学ぶユーザインタフェース」