春、焔立つ

 [ 岡谷 山火事250~300ヘクタール延焼 260世帯 避難準備情報|信濃毎日新聞[信毎web] ]

 夕方になってニュースで知ったのだけれど、かなり広範囲にわたって燃えているようで、鎮火の兆しはあるようだけれど相手が野火であるだけになかなかに油断がならない。

 このところ新聞を見ていても下草火災が頻発しているようで、乾燥注意報もでていた。通常であればそれほど乾燥するようなことがない北部ですらかなりの乾燥状態にはなっていて、普段から湿度の高い土地としては、ここぞとばかりに室内の乾燥に力をいれていたところではある。ようやく湿度 60% くらいを維持しようかというところまできていた。

 中南部では 20% を切るような数値だったらしく、おまけに風も強く吹いていた。お墓参りで線香に火をつけようとして燃えたという話もあるものの、現状では原因として特定されたわけではないので、それ自体についてはひかえるとしても、なぜこういう湿度が低く、風も強いという条件で火を使おうとするのかというのがいつもわからない。

 農作業にかかわることであれば、確かに時期のものとして予定されるのである程度は仕方ないのかと思わないでもないのだけれど、それでもやはり各種気象条件に留意して、可能なかぎり危険な日を避けるということはあってしかるべき。

 まして墓参りとすれば、彼岸もとうにすぎた日のこと。なにも線香やろうそくに火をつけなくてはお参りできないわけでもない。乾燥の度合いや風の強さを考えて、火を使うことはやめてお参りするだけにとどめていれば、なんのことはなかったのではないのかとも。

 それはきっとどれほど情報が伝えられても詐欺被害にあう人があとを絶たないのと同様、どれほど言われても野で火を使いたがる人というのがいるわけだなと。そして、きっと「まさかこんなことになるとは思わなかった」とか言うのかもしれない。危険だと知っていればやらなかったとかいうかもしれない。

 どこまでいってもヒトというのは愚かな生き物なのだという悲しい現実がそこにあるのかもしれないなあ。

 だとしても、失われたものの大きさははかりしれず、自分の行動についてもう少し慎重に考えてはどうなのか? と思わざるをえないなどとも。

 被害が大きくならないことを祈るばかり。

#諏訪湖が近いということが、せめてもの救いなのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ザップニュース集計 2015 年 3 月まで

世界のニュースザッピング 2013/7-2015/03
国名など回数
アメリカ294
韓国183
フランス159
イギリス124
アルジャジーラ123
中国120
オーストラリア99
ロシア11
ドイツ10
スペイン9
インド8
フィリピン8
ベトナム7
シンガポール6
タイ6
香港4
ブラジル3
インドネシア2
トルコ1

 アメリカの独走はあいも変わらず。韓国の追走も同様にて。イギリスをあっさりとかわしてのフランスの追い上げのすさまじさも。下位層はあいも変わらずどんぐりの背比べ状態。

 新年度で終わるかと思いきや、デザイン一新で継続中。集計そのものはいつまで続くか不明。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

冬をしまう

 気温の上がり下がりが激しいジェットコースター的なこの春。ということでここへきて春を通り越して初夏くらいか? というような暖かさになってしまうところもある始末。一週間予報など見ていてもそうそう冷え込むことはなさそうなので、それではということで冬仕舞いを少しずつ。

 まずは灯油ストーブを掃除してしまう。といってもおおむね三月は使っていないというような状況だった。灯油タンクに残っている分を寒くなったときに少しずつ使ってしまうといった使い方で、最後のほうは多少のことならば炬燵でしのぐというありさま。いよいよ使うこともあるまいということできれいに掃除して箱にしまう。

 最低気温が氷点下になるようなこともそうそうないので、水道の凍結防止ヒーターも始末をつける。とはいえこちらも実のところ二月下旬くらいからほぼはずしたままだった。ヒーターと保温材によって経験上では -3 度までならばなんとかヒーターなしでも凍結しないでいけると分かっているので、そのころから気温の様子をみながら運用していた。

 ちょっと怪しいかという夜だけいれておいて、朝になったらまたはずしてしまうということで。なかには一年中つけたままという人もあるようだけれど、確かにサーモスタットでヒーターそのものは制御されているものの、通電はされているのでヒーターそのものが使われていなくても電力は消費されている(はず)。使わない電源ははずしておくに限るわけで。

 ということではずしているととたんに電力消費量が激減するのでよくわかる。

 そんなふうにして少しずつ冬を始末して春へと準備をすすめる。そんな季節。まだ、もう少し冬の名残があるものの(炬燵とか。これはもう少しかかる)、世間はすっかり春の装いにかわりつつあるようだ。わが世の春は、まだまだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

梅よ桜よ、ポレポレで

梅のつぼみ


桜のつぼみ


 桜の開花予想がどんどん早い時期に変わってきていて、なんだか今年は落ち着いて花見ができないような予感までしてくる。あまり急激に咲き出して、ささっと満開! とか言われるともう好機を逸してしまいそう。

 そうはいってもふと見ると梅の花ですらそろそろ咲きますという感じの枝が多い樹もあって、暖かいというのはどこのことだ? と不思議に思ってしまったりも。もちろん、すでに満開というような咲きっぷりの梅の樹も場所によってはあるのだけれど。遅めのやつはちょうどちらほらと咲き始めたというところ。もっとも、この先の暖かさが予想されているので数日のうちには見事な咲きっぷりに変わってしまうのだろうな。

 一方で桜。こちらも確かに急激にふくらみを増しているようで、確かにもう一週間もすれば開花してしまいそうな勢いだ。例年であれば長野マラソンの時期(第三日曜日)に満開というようなところなのだけれど、今年はすっかり葉桜になってしまいそうだ。

 いや、それどころか気がついたら終わっていたなんてことにもなりかねない。4月末くらいに見ごろとなるはずの飯山方面ですら中旬くらいに開花予想となっていて下旬を待たずに終わってしまうかもしれない。

 となれば、菜の花公園で菜の花との競演などというのも難しいかもしれず。いや、そもそも菜の花のほうですら連休前に、などという怖いことまで想像されてしまったり。

 春は待ち遠しくもあるけれど、あまりに性急に進みすぎるのもなんともやるせない。春はゆっくりでいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ミニ回向柱

 [ 回向柱 大都会の善男善女に 本物と同じ杉材 銀座NAGANOに|信濃毎日新聞[信毎web] ]

 御開帳を目前としてミニ回向柱が建てられるらしい。東京は銀座に長野県の情報発信などを目的に開いた銀座 NAGANO に。 2.5 メートルというのでちょっと小さすぎて貧相にも思えるので、ぜひ本物に触れるためにご参詣いただくとよいのではないかと。で、お土産に小さな机上サイズの回向柱でもお買い求めいただくということで(もっとも、今年もあるかどうかは定かではない)。

 しかし、「筆文字を印字」ということは、つまりプリンターでということなのか。それはいささか風情にかけるというか、つまらないというか。善光寺さんにお願いして揮毫していただくことがかなわないとしても、誰かのお手になるものにするべきではなかったのか、などとも。とはいえ卒塔婆ですら専用プリンターがある時代であるのだから、やむを得ないのか。

 なお、昨年大発生したマイマイガの孵化がはじまる恐れも同時期にあるため、市としても駆除を呼びかけてはいるものの、相当数が発生する可能性も否定できず、一応用心しておいでいただければと思う次第。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

«「僕の彼女はサイボーグ」