あなたは本物ですか? 本物ってなんですか?

 NHK スペシャルで「NEXT WORLD」 3 回目と 4 回目。大雑把に言うと 3 回目がサイボーグ化の話で、4 回目が仮想現実や拡張現実の話。サイボーグ化については人工的に機械と一緒になって能力を増強したり、はたまた永遠にも似た命を得たりといったようなことが可能であったとして、それを受け入れるかいなかは人それぞれであるし、はたしてそこまでしてよいものなのかどうかといったあたりをいろいろ。

 失われた機能を補完するものとしての脳と機械との接続例として、体の自由を失っていてわずかに顔が動かせるだけという女性の脳と機械の腕を接続し、思ったように動かすための実験が取り上げられる。かなり意のままに使えているようでそこそこ制御できるようになっていたようだった。が、実験の年齢的制限とかで最終的には外すことになったのだと終わった。そのあたりの詳細はわからない。

 今もある体力を補完するためのアシストロボット装置。重労働や介護現場など体力仕事の現場においていかに負担を軽減するかという目的を持って使われる補助装置。実社会的なものから軍事的なものまでいろいろ紹介されるけれど、常に技術の進化は軍事かエロかのどちらかによっているというところ。

 人が無意識的に見ているものをコンピュータ処理して、危険を知らせたりというのはもはやマンマシーンインターフェースとしてかなり不気味な世界にいこうとしているような感覚も覚える。が、やはり漫画や SF 小説のほうが先に行き過ぎていて少々物足りない感じもしてしまう。

 そもそも 2015 年がすべてのはじまりであった。というフレーズがあまりにとってつけた感が強すぎていやになってしまうのだった。

 機械の腕と脳を接続する話も面白くはあったが、できれば以前見た目の見えない人の脳に機械を接続して映像を脳に送り込むという実験のその後あたりをやってくれたらさらに面白かった。数年前に「地球ドラマチック」でやっていたかと思うのだけれど、当時はまだ大雑把な形とぼんやりした色わけくらいしかできなかったのだが、それでもはじめて”物を見た”という被験者にとっては大きな感動だったのを覚えている。

 わたしたちが普段目で見ているような世界を機械的に脳で見ることが可能になるなら、非常に画期的なことかもしれない。

 4 回目の拡張現実や仮想現実については、歳をとったり怪我や病気で自由がきかないような人にも移動する楽しさを与えてくれたり、懐かしい風景にもう一度出会うことを可能にするという意味では有益なことなのではないかなとは。

 ただ、やはりデジタルクローンとかいうのは果たしてどうなのかというのはある。今それを思っているあなたは本物なのか? という問いはなかなかよいところをついていた。もっとも、その時代がかりにくれば、そもそもそうした質問そのものにもはや意味はないということでもあるのだろうけれど。

 可能であるからなにをしてもよいとは思わないし、というかそうまでする必要などないであろうし、そもそもあなたはそれほど重要なヒトなのだろうかと。すべての生物が永遠に仮想の生を受けるとしたら、それはちょっと困った世界になりはしないかと。

 すべてのヒトがもはや実体のないデジタル世界での存在にすぎない社会。それはある種、映画「マトリックス」の世界にも似て虚しい社会ではないのか。など。

 時代は変わるし技術も変化していく。きっと未来はいまとは違う。それはそれで受け入れるしかないのだろう。ただ、それでもこの 2015 年がすべてのはじまりだったというのは、この番組のための方便でしかないので、やっぱりなんだかなあと思ってしまうのだった。(まあ、面白いのは確かなのだけれど)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ついにやってきた、薄皮つぶあんドーナツ

 ヤマザキの薄皮つぶあんぱんが発売されたのは、記憶としては 1990 年代後半だったのではないかと思う。正確には違うかもしれないけれど、コンビニエンスストアではじめてみかけて、はじめて買ったのはたぶんそのくらいだったかと思うのだった。

 そのときの衝撃というのは「やるなヤマザキ」、という感じだった。アンパンが好きな人にとってなにが不満かといって食べたときや割ったときにアンがスカスカしていることではないかと思うのだった。特に昔のアンパンとかにはよくあったのだけれど 8cm 大くらいのアンパンで中のアンは全体の 4 分の 1 くらいで偏ってひっそりと収まっている。あんぱんとは名ばかりで、大半はただのパンということもよくあることだった。

 その後比較的あんたっぷりといったものもでてきた反面値段は少しあがってきた。まあ、それはパン全体的にということかもしれないが。ところが薄皮つぶあんぱんはこれを逆手にとったという感じ。

 まず、あんぱんそのものを小さくしてしまった。せいぜい二口くらいで食べきれてしまうような大きさ。よってなかにいれるあんの量もそれまでに比べて少なくてすむ。が、ここでちょっと多めにはいるとそれだけでたっぷり感が醸成される。相対的な量としてはそう多くないのだが、食べたときの印象としてたっぷり感を味わうことができるという見事な作戦。

 このため 5 ついり(近年は 3 つ入りとかもあるみたいだが)とはいえ、ついついふたつみっつと食べてしまうという罠が待っている。気がつけば全部食べていたなどという経験がある人も少なくないのではないか。

 これは見事な罠だ。

 その後、薄皮の名を冠したさまざまなパンが登場した。ジャムパンであったりチョコパンであったり、クリームパンであったり。なかにはほどなく姿を消したものもあるし、いまひとつという感ながらいまも残っているものもある。けれど、やはり一番人気は純粋なつぶあんぱんなのは疑いようのない事実ではないかと想像される。データはないのであくまでも想像。とはいえ、その店頭にしめる割合であったり、多種類にも関わらずまずほとんどの店で売られているなどからもそれはあきらかではなかろうかと。

 そしてこのごろついに登場したのが「薄皮つぶあんドーナツ」。あんぱんファンに勝るとも劣らない人気商品(と思う)あんドーナツをシリーズに投入するとは。というか、なぜいままでなかったのだ? つぶあんパンとしての人気は不動のものだし、ゆるぎないのになぜあんドーナツに手を出さなかったのだ。

 ということでついつい手をだすと間違いなくおいしい。これは決して「SHIROBAKO」効果ばかりではあるまい。気がつけば全部なくなってしまっている。あんぱん以上に誘われるつぶあんドーナツの引力。つぶあんパンをそのままドーナツにしたかのような味わい。唯一の問題は粉砂糖だ。これがあるからドーナツなのだろうけれど、ぽろぽろと細かな砂糖がこぼれてしまうのでちょっと食べにくい。これはちょっと切ない。このあたりが解決されたらもういうことないのだが。なかなか難しい。

 ということでしばらくは薄皮つぶあんドーナツにはまってしまいそうなのだった。まあ、安上がりなことではある。

薄皮つぶあんドーナツ


つぶあんドーナツ。中の餡もなかなかたっぷり


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

イシクラゲには、まずはお酢で

 案外イシクラゲについての検索があるので忘れないうちに書いておく。現在も大量発生中・増殖中で困っているのも確かなのだけれど、駆除の方法としてあれこれ試したひとつの結果として。

 安上がりにするならばやはりお酢に限る。そしてお酢は確かに効く。醸造酢、穀物酢など大容量で安く買えるタイプでよいのでまずはそうした大きなものを買う。スプレー容器もあるとよい。別にあらたに買う必要は必ずしもない。なにかで使い終わった容器があればそれでよいし、買うとしても 100 円ショップあたりでもよい。

 で、原液そのままをスプレー容器にいれてたっぷりとイシクラゲに噴霧しておく。乾燥状態よりは、多少雨にあったりしてぶよぶよしているくらいのほうがよいかもしれない。乾燥状態で危機的状況に会うと胞子を出して増殖しようとするというのもある。

 ここでたっぷりと吹き付けておけばしばらくすると(数日から一週間程度)もすればすっかり色が抜けて薄茶色といった感じになり、やがては朽ちてしまう。

 ただ、広範囲であったりすでに大量に増殖していると相当な量のお酢を必要とするのでなかなか大変。それでもそうして地道に行えばかなり駆除の効果はでると見られる。(まだ途中)

 土壌改良としての鹿沼土ではあるが、大量に混ぜ込んでみたところでも増殖は見られるので十分な効果があるのかどうかはなんともいえない。価格としては高くはないのでその点ではさほど困らないが、作業としてはやや大変かもしれない。まいておいくだけでは雨のときに靴の裏などに付着して困るので、できるだけ混ぜ込むようにしたほうがよさそうだ。その上でお酢を使って集中駆除すれば今後安心なのかもしれないが、十分な効果はまだ確認できていない。強い酸性の土であるのは確かなので、時間をかけて効果があらわれるかもしれない。

 専用の薬剤は非常に高価なのと手軽に入手できるという状況にはないようなので、あまり実用的ではないと思う。

 よって、イシクラゲの駆除にはまずは安いお酢を大量にふりかけておく。ということに尽きるような気がする。

 タマノイさん、お世話になっています。(食用としても)

B004LWEC48タマノイ ヘルシー穀物酢 1.8L
タマノイ酢株式会社

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

バニシング IN 60"

 ニコラス・ケイジの「60 セカンズ」だったかの元になった映画らしい。限られた時間のなかで大量の車を盗まなくてはならなくて、特定の車種だけはいつも鬼門でケチがつく。さあ、間に合うのか。という大筋の設定が同じものの、ずいぶんと違う感じの映画で、見ごたえという点ではこちらのほうがあるかもしれない。

 リメイクでは現在では足を洗っているかつてのすご腕の車泥棒に、弟がへまをやって車を用意しなくてはならなくなって仕方なくかつての仲間を呼び寄せて盗みを働くことにしたといった内容だったかと思う。こちらでは現役バリバリで、その中で大きな仕事としてこなそうとしている。そもそもが事故現場に赴いて事故車両を預かっては車を作り変えてしまう(事故車が事故車でなくなってしまう、みたいな)ことをして儲けを出しているという仕事をしているのだった。

 数人の仲間が組んでとか紅一点の美人さんがいてとかは同じだけれど、あとは結構違う。盗んできたという一台には麻薬らしきものが大量につまれていて、これはヤバイから戻して来いなどとやっているところになじみの警官がやってきてひやひやする、なんてところは同じ演出が使われているけれど。

 で、すごいのは後半ほとんどカーチェイスが続くというあたり。例のいわくつきの車種を盗んだものの、警察が別件だったのか目を光らせているところで見つかってしまい、パトカー総動員での追跡になってしまう。ハイウェイは爆走するち、市街も爆走する。店らしきところも走り回る。もう駄目か、と思わせつつ、そんな手が! という手段でうまくかいくぐって逃げ回る。

 普通にカーチェイスといってもせいぜい 10 分程度がよいところかと思うのだけれど 30 分 40 分と延々続く。普通なら飽きてしまいそうだけれど、意外とこれがそうでもない。いよいよこれで駄目かという最後になっても包囲されたところをぐいぐいと逃げ回ってしまう。

 実のところ最終的なきちんとした結末はでてこないのだけれど、一応うまく逃げおおせてしまったというところで終わる。基本的なアイデアということでいえばリメイクはそれを超えることはできていないともいえるかもしれない。というくらいにハラハラさせる後半のカーチェイスがとにかく面白いのだった。

 あ、ゆえにカーチェイスになるまえにトイレとかすませておいたほうが吉。

B00JOBHFHMバニシング IN 60" HDニューマスター版 [DVD]
Happinet(SB)(D) 2014-08-02

by G-Tools
B00005IX2T60セカンズ [DVD]
ブエナ ビスタ ホーム エンターテイメント 2001-05-18

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

住所録

 群ようこさんの手帳にまつわる話を読んでいて、ふと自分のことを考えた。そもそも手帳は昔からほとんど縁がない。仕事にしろ私生活にしろ。まあ、つまりはそういう生活だったのだ。ゆいいつあったといえば仕事の作業記録をメモするのに手帳というか、その類を使ったということはあるくらい。また、むかしもらいものの手帳に年度とか関係なく、いろいろ気になったことなどをメモしておいたというようなことはあった。ゆえに何年も同じ手帳がカバンの中に入っているといった状況だったりした。(実際、現状では使っているわけではないけれど数十年前の手帳がそのまま残されていたりする)

 で、住所録のことだ。今では手帳の住所録がおまけていどになおざりなものになってきているという話なのだった。確かにペラペラのものしかついていないというのは見かけたことがある。で、人数が多いとそれではとても足りないと。

 友人に話すと今では携帯電話なりにいれているから必要ないのじゃないかと。群さん自身は携帯はどうも苦手なので所持していないということだった。自分でも確かにそちらにはいってはいるが、紙に書かれたものもあるにはある。が、よく考えてみるとずいぶん古いものしかなかったかもしれない。

 むしろ、最新という意味においては PC のはがき印刷ソフトの住所録にはいっているものが一番新しいのかもしれない。そうして考えると形の違いこそあれ、確かに携帯電話なり PC なりが駄目になったらわからなくなってしまうのだなと。

 いや、群さんのほうの話では、万一紛失した場合に、携帯電話のほうが紙の住所録よりも安全ではないのかという声だったらしい。ロックされれば簡単には閲覧されないが、紙では誰でも見られるからと。そこからその住所氏名がなにかに使われたらどうするの? みたいな話だったらしい。

 確かにそうかもしれない。けれど、携帯電話のロックくらいなら、そのつもりの人にとってはさほど面倒なことでもないのではないかという思いもある。むしろ紙の住所録など今時見向きもしないのではないか、などとも思ってしまう。

 どちらにしても紛失してしまったときに代替がきかないというのはバックアップを取ってなければ同じことではあるし、現状の PC 内の住所録だけというのはよろしくないなとあらてめて思ったり。バックアップそのものはあるので代替手段があるとはいえ、やはりもう少し考えておくかというところも。

 結局紙の手帳であろうと携帯電話であろうと、紛失したら同様に不便をこうむるであろうし、仮にそれがなんらかの不本意な使われ方をしてしまう可能性も同様に確からしいということではあるのではなかろうかと。どちらがよりよいということでもなく。

 逆に携帯電話でかけている相手の電話番号はすっかり記憶から抜け落ちてしまっているが、手帳を見ながらかけているような番号は、いつしか記憶に焼きついて手が覚えているというものになっていたりする。かつてはだいたいそうだったのだ。そう思うとはたしてあながちデジタル全盛の時代ばかりがよいともいえないのかもしれないなあと思ったりもする。

 まあ、いずれにしても紙の住所録を一度更新しておくべきだなと、あらためて思うのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

«ココログのデザインテーマを変更しようと思ったのだが・・・