まさかのマサカメ

 NHK の「マサカメ TV」で蚊をやすやすと見つけ、やすやすと捕まえ、やすやすと、という感じの蚊についての番組を放送するというので楽しみにしていた。幸いにして時間が間に合ったので(間に合わない可能性もあった)見ることができた。

 で、蚊はどのような場所に潜むのを好むのかについては、まあ比較的知られているところ。暗く、暖かいところ。汗や皮脂のむれたようなくさい匂いが案外好きとか。

 壁際とかにピトッととまっていることがよくあるのだけれど、そんなときならばという捕獲方法が透明のコップ(プラスチックとか)を使うというのだった。手でたたこうとかするとその風圧を感じて逃げてしまうのだが、コップの場合に直前までそれが感じられないらしくまずうまくいくと。できるだけ体の後ろ側から近づくほうがよいだろうともいっていたが。

 もっともこのままではどうにもならず、紙をコップのふちにそわせるように差し込んでふたとすることで捕獲完了という。で、それを外に放す。放す? 放す!

 捕殺という手段ではないのか。

 寝ている状態で効率的に捕殺したいということで、はき古したにおう靴下を枕元においてまつと蚊が近寄ってくるのでそれを手でうてばかなりの効率でというのだったが、ちょっと微妙感が。

 それよりもそもそも蚊の繁殖そのものを阻害しようという手段としてラの音を聞かせてオスを集めて捕まえてしまうというのがあった。メスの出す羽音がラの音に近いということで、実際に実験をしたところかなりの効果をあげたという。それによってオスがいなくなるのでメスは卵を産めなくなる。結果的に数を減らせる。さながらラセンウジバエ解決法の逆をいった手段だが、むしろこれこそ大々的にやるべきなのではなかろうかと。

 アフリカ方面ではマラリア対策としてにおいのする靴下を用意してそれを屋外において誘導するということをしているらしい。費用的には安いかもしれないが、ラの音による捕殺も有効になるのではなかろうかなあと。そういう装置を考案したら一発あてられないだろうか?

 などといっている時点でダメか。そもそもコップで捕獲しても放してあげるという動物愛護精神あふれる内容であったのだし。なんだかなあ。

 もっとも、この夏は屋外で蚊の存在におびやかされることはあったものの、屋内ではまったく被害がない。天候のせいで発生することがそもそも少なくなっているのかもしれないとも思うのだが、さて、夏の終わりまでそれが維持されるのかどうか。まだまだ暑さは続くのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

タモリin松江 No Ruby

 NHK ブラタモリで松江。さすがに Ruby の話題はなし。松江ラーメンの話題もなし。

 とはいえ湿地帯だった松江になぜ城下町が形成されたのかという話はなかなかにおもしろかった。山を切り崩して堀を作ったり、縦横に堀をめぐらすことで盛り土としたり。さらにはその堀が排水のために有益であったり。

 けれど低い土地であったということからも水害が起きやすい土地であるということもあって、なかなかそれも悩ましいところであるとか。

 回線問屋さんだったところが今では和菓子屋さんになっているというのだけれど、詳細は不明なれど船がもどってこないので菓子屋になったという話はなんとも悲哀というかおもしろいというか。

 最近はあまりタモリを持ち上げようとしすぎない案内人がでてきていていくらか見ようかという気分にさせてくれる。桑子さんも相変わらずで、「わたしたちなんで船に乗っているんでしたっけ?」とかたずねていて、すっかり船旅を楽しまれていたようで、いやはやらしいです。

 治水のための結果が宍道湖にシジミをもたらしたという話も。松江、いいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ザップニュース集計 7 月まで

 アメリカの独走は相変わらず。フランスは韓国を引き離す。

世界のニュースザッピング 2013/7-2015/07
国名など回数
アメリカ369
フランス211
韓国194
イギリス148
アルジャジーラ125
中国124
オーストラリア117
ドイツ21
ロシア17
スペイン17
フィリピン15
インド13
タイ11
ベトナム10
シンガポール7
香港6
ブラジル5
インドネシア3
トルコ3

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「キューブ」

 ずいぶんと昔にテレビで宣伝とかしていたようなと思い出したので見てみた。まあ、不条理な世界なので理由などないし(設定すらされていないのでは)、ただただそういう状況下にあったらどんな物語ができるだろうという程度のことなので、あまり深く考えるとかえってつまらなくなるのかもしれない。

 気がついたら真四角の部屋にいて上下左右のそれぞれ中央 6 ヶ所に扉があって隣につながっている。ただ、うかつに部屋にはいるとさまざまなトラップがしかけられている部屋もあるので、死に至る場合もあると。次第になぜかはわからないが閉じ込められた人間が集まってきて一緒に行動するようになると。

 その過程でそれぞれが疑心暗鬼になって自分だけが助かればというような雰囲気も強まったり。究極の場面では人間の本性というか愚かさが見えてきたりという点ではおもしろい。

 そのうちに実はひとりがこの立方体の外を覆う構造体の設計だかを頼まれて仕事をしたということがわかり、そこから全体の大きさがわかる。どういう仕組みかはわからないが、立方体は少しずつ位置を移動している。ちょうど 15 パズルのそれの立体版のように移動して位置が変化していく。

 そんなふうにして次第に全体の姿を想像するようになって少しずつその予想が確認されていくと、出口にたどりつけそうな感じになってくるのだが、人間の欲のためにさらなる殺し合いが。結局ひとりだけが脱出できるのだけれど、だからどうということもない映画なのであった。

 いや、そこからなにかを読み取ろうと思えばできるのだけれど、それもあまり意味はないのではないか。わけのわからない怖さ、という意味ではたしかに怖い。おもしろいかというと、絶賛するほどでもないというのも正直なところ。まあ、話の種にというくらいか。

B00FKOU82QCUBE キューブ [Blu-ray]
ポニーキャニオン 2014-01-08

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ジャン・レノ主演ということでドラマ「刑事ジョー」を見る

 「刑事ジョー」とかいうジャン・レノ主演の刑事ドラマを見てみる。なにやら著名な賞をとったことのあるスタッフとかで作ったのだとか書かれていて、なるほどねと思いつつ見はじめたのだった。

 が、なんだかよくわからなくて消化不良なのだった。次々と人物がでてきて画面がスワイプするように切り替えられていって、あれよあれよとなにやら進んでいくのだけれど、見ているこちらはちょっと置いてけぼり。で、顛末はそういうことなの? という感じで。

 あいだに主人公の自堕落な生活と、それによって失った家族との再起動がどうなるみたいな描き方はまあありがちで、最近のトレンドなのかしら。といってこのドラマがいつの製作なのかよくは知らない。

 なによりもパリ警察を舞台にした刑事ドラマで、ジャン・レノ主演というのに、会話はすべて英語なので。まあ、かりに日本で作ったとして日本語になってしまうであろうというようなことで、仕方ないのだろうけれど(どうやらイギリス製作のようだし)、それにしてもならばなぜパリ警察にする必要があったのかと。

 という出だしの違和感もあってますますはいりこめない。二話までは見たものの、さてどうしようかなあというところ。もっとも二話は多少話も分かりやすかったけれど。

 こういうところはアメリカのほうがよいのかなあとも。「クローザー」にしても「コールドケース」にしても話が見えないというようなことはなかったし。長さは変わりないというのに。

 いまひとつ微妙感があって、続きをどうしようかと思ってしまうのだった。(でも、多分見る)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

«星ぼしの荒野から