2014.07.24

勝てる気がしない・・・

広報の無敵さん


 先日ファーストリテイリングさんが地域正社員の募集を長野で行ったというときのニュース。広報の方が登場されたのだが、素敵な女性というのはそれとしてお名前があまりに印象的でつい。「無敵」さんという苗字ははじめて見たけれど、どちらのご出身のかたなのだろう。

 なんだかこうこれ以上ないってくらいに安心感あるよね。もっとも、ご本人はそれが逆にプレッシャーになるかもしれないけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.07.23

Libre Office を使い始めた

 いまだに Office97 など使っているのはどうなのだというのはあるので(わたしのことです)、そろそろ考えようと思ったのです。先日の Photoshop Elements の古いやつ(たぶん 1)が Internet Explore のバージョンチェックでインストールできない問題なども受けて。

 さらには、今は使っていない Avast! Free がやたらとそうしたソフトウェアを危険なファイルが見つかったといってはチェストに移動してしまい、使えないという不便があったりもしたので。(もっとも、Avast! Free のあまりな挙動に疲れて削除した)

 とはいえ MS 謹製の Office はやはり高いのでちょっと無理。正直なところ、機能的にはそんなにあれこれいらないユーザーのほうが大半なのではないかと思うので、かつての MS Works レベルで十分だからもう少し手軽に買える値段ならよいのにとは思う。

 まあ、それは無理なので Libre Office を使ってみることに。日常的に使うのは Excel だった。家計簿ファイルを作っていた。マクロを使うとかでもないので、機能は本当にシンプルでよいのだが。

 それはともかく。これまではその家計簿ファイルを検索するために Ruby を使っていたのだった。Excel を仲介させるという手法だったのもあって、とりあえず目的を達せればよいというレベルでしかなかったものの、ときどきあれを買ったのはいつだったかとか、過去の値段の推移とかを見るには重宝していたのだった。

 ということで Libre Office の集計表カルクのファイルでも使えるようにしたい。xml ファイル群を ZIP アーカイブしただけらしいので調べてみて作成した。ひとまず問題なく使えているようであるし、以前は行数のカウントがちょっとずれていたのだけれど、そのあたりも改善できている様子。ということで Libre Office を使っていこうかと。

 ただ、Libre Office を使ってみて思うのは使い勝手が少しばかり違う。当然とはいえ、文字入力していて予測するタイミングとかも違うのでちょっと使いにくい感じがまだしてしまう。また、セルの書式についても日付のデフォルトが異なってしまっているのをうまく直せないとか、日付の書式を直したのに普通の数字まで日付書式にされてしまうとかあって困っている。手順を間違えているだけなのかもしれないけれど。

 コードは Gist に。RubyZip が必要。Ubutu で試そうと思ったら rubygems をうまく入れられない。Windows7 で動作確認。家計簿ファイルを検索する目的なので検索結果は行単位。

>ruby odsgrep.rb '検索文字' filename.ods

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.07.22

夏。 プログラムしましょ

 [ 【案内】中高生向け「Rubyプログラミング」講座 | 塩尻インキュベーションプラザ ]

 小学生向けの Ruby の本が出たとかで話題だけれど、新聞には塩尻方面で中高生向けのプログラミング講座がはじまったととの記事。今後 4 回かけてゲームプログラムを作るのだとか。詳細はでていないものの DXRuby あたりということなのかも。(記事そのものは WEB にないので開催施設のリンクのみで)

 県内における Ruby 関連の話題だと比較的中信方面が多いような印象はあって、例の図書館システムを導入しているのも同様だったかと。ずいぶんと前のまつもとさんの講演は松本だったし。

 小学生に限らず、中高生であろうといろいろ体験するのに便利な時代になったものだなあと。北信ではこういう動きというのはあるのだろうか。

 おじさんはちまちまとやります。

4822297470小学生から楽しむ Rubyプログラミング
(株)まちづくり三鷹 高橋征義 池澤あやか
日経BP社 2014-07-19

by G-Tools


 Android ならおすすめ(ただし小学生からというわけではないです)。

4844331132Androidゲームプログラミング A to Z
Mario Zechner 安生 真
インプレスジャパン 2011-11-25

by G-Tools

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.07.21

春アニメをちょっと振り返ってみる

 一応春という区分で見たアニメのことをちょっと記録しておく。実ははじめは見るものはないかなあと思っていたのだった。そもそもこちらではほとんど放送がない。あるのは定番で続いている金曜夜とか土曜夕方とか日曜朝とかが民放ではあるくらいで、新番組なんてまずお目にかかることがない。NHK を除けば。

 ところがたまたま目にした「一週間フレンズ。」が思いのほかよくて、同じくたまたま見た「極黒のブリュンヒルデ」もなかなか面白かったのだった。どちらもはじめのほうを見られなかったのだが。

 「一週間フレンズ。」は原作が基本四コママンガという不思議さ(前後には普通のコマ割のマンガもついてはいる)をうまくアニメにまとめたのだなという感じと、不思議なありえないような設定にもかかわらず、まあそういう精神的な負担からくるなにかというのは案外ありそうだよねという切なさとか素直さとかが、青春時代と重なって妙にグッときてしまうという。

 1 クールで終わってしまった割には終盤になって急いでことの発端などを盛り込んできてしまったので、やや忙しない感じが強くなってしまったのは残念な感じも。とはいえ終わり方そのものはさほど悪くはなかった。

 「ブリュンヒルデ」のほうはいろいろとネタが小出しに明らかにされてきて、さてさてと思っているうちに、終盤になって次々と最強レベルな魔法使いを投入しては負けてしまいという展開が続いて、決着がつくでもなく終わってしまうという展開。終盤になってオープニング曲が変わったので、あるいは 2 クールやるのかと思ったらそうではなく、なぜそこでオープニングを変更しなくてはならなかったのかという疑問もあったりで、なんとももやもやしたまま終わってしまった。

 原作ではもっとずっと後になってバルキュリアと対決するようでもあるし(未読なので新刊案内からの類推でしかないけれど)、まだ連載は続いているということと、原作の序章を見ると物語りはまだまだとても終わらない。次期を予定しているということかもしれないけれど、であればなおのこと急いでバルキュリアなど投入しなくてよかったのではないのかとか思ってしまう。なんとも中途半端な感じになってしまってもったいない感じ。いっそ 2 クール目に継続してから終わるほうがよかったのではないかという。まあ、面白かったからこそなのだけれど。

 たまたまこれまでの一挙配信があったので見たのは「それでも世界は美しい」。マンガ雑誌「花とゆめ」の 40 執念記念だかで作られたマンガらしいのだけれど、そのアニメ化。雨の降らない晴れの公国に嫁ぐことになった雨の国の末娘のニケが繰り広げる物語なのだけれど、王様はまだ 10 歳くらいかという子供で(とはいえちゃんと国を治めるだけの技量はあるという不思議な子供)ニケのほうがはるかに(といっても 5 歳とかそのくらいかもしれない)年上なので、そのギャップが面白さを出しているのだった。

 そんなデコボコな感じが次第にきちんとした恋愛になって愛になっていく過程がなんともほほえましく、切なくさせるあたりが心憎い。ただ、原作がどうかは知らないものの、アニメ全 12 話については物語の序章くらいで終わってしまっているところがあって、もちろんそれでも十分まとまっているのだけれど、ちょっと物足りない感じがあったりする。逆にいえばいくつかのエピソードは省いてしまってもよかったのかもしれない。とはいえ、ニケがとてもかわいいので許せるレベル。

 さらに。実写映画化されたということで見たのが「好きっていいなよ。」。これは新しくはないのだけれど、青春時代をはるかに過ぎた今のほうがかえって見られるようなという印象。友達なんていらない、彼氏なんていらないというめいに興味を持って接近する大和の不思議さはあるものの、めいだけでなく周囲の(のちに友達となっていく)学友たちの成長が実にいい感じなのだった。あー、青春しているねえと。若ければただ没入してしまうだけかもしれないけれど、いまならある種保護者的な目線で見るのかもしれないけれど、来し方を思い出したりもして暖かく見られるというのはあるかもしれない。

 たまたま 1 巻無料ということで原作マンガも見た。絵柄としては大変申し訳ないけれどアニメの洗練さには負けてしまうなというのが正直なところ。まあ絵柄というのは好みの問題でもあるのでお許しを。

 「魔法科高校の劣等生」も途中から見てみたのだけれど、こちらは 2 クール目に突入しているのでいずれということで。

#どこが「ちょっと」なんだか。

475753633X一週間フレンズ。(1) (ガンガンコミックスJOKER)
葉月 抹茶
スクウェア・エニックス 2012-06-22

by G-Tools
408879348X極黒のブリュンヒルデ 1 (ヤングジャンプコミックス)
岡本 倫
集英社 2012-05-18

by G-Tools
4592188721それでも世界は美しい 1 (花とゆめCOMICS)
椎名橙
白泉社 2011-12-20

by G-Tools
B009KYBW8G好きっていいなよ。(1) (デザートコミックス)
葉月かなえ
講談社 2008-08-11

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.07.20

バニラおばさんのなぞ

 まいんちゃんがすっかり大人びてしまったので打ち切りになった後釜にはじまった「すすめ! キッチン戦隊クックルン」ですが、たまに見るとなんとものんびりした感じがなかなかよろしいようです。で、最近になって知ったのですが、バニラさんというおばちゃんがいるわけです。下の画像の左端がバニラおばさん。

バニラおばさんとクックルン三兄弟


 で、このバニラさんも変身するそうで、なんでも初代クックルンなのだとか。真ん中が変身したバニラ、さん。
変身したバニラさん


 で、さらに変身したバニラ、さんの実写が、下のお姉さん。中学三年生か高校一年生かというくらいに若返り。これはいったい!
実写、変身したバニラおねえさん


 ずっと見ているわけではないので、とても気になるのですが。謎です。

 番組としては子供むけの調理番組でもあって、簡単な料理をこどもが作って食べて、「あー、おいしかった」という満腹の力で怪人を吹っ飛ばしておしまい。食の大切さもアピールしているようです(本当か?)。

 バニラおばさんは、なぜ変身すると若返るのか。それが気になってついつい見てしまうのでありました。


 [ すすめ!キッチン戦隊クックルン - キッズワールド NHK Eテレ-こどもポータル ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«群青の夜の羽毛布 【映画】