「劇場版ヴァイオレット・エバーガーデン」を Blu-ray で見る

5 月ころに予約を開始した円盤。当初 8 月発売予定ではあったものの諸般の事情により 10 月中頃に延期されていた。およそ半年が経過して届いたので見た。映画館では見ていないのではじめて見る。とはいえ、およその内容はいろいろもれてきて分かっていたのではある。

テレビシリーズで余命わずかとなった母親が没後 50 年にわたって娘に送る手紙を書いた話が語り部として機能していて、この演出はなかなかよいのだが、冒頭少しそこに気づきにくかった。が、さほど問題ということではない。その手紙を受け取っていたアンの孫が、アンの葬儀を終えてからその手紙を見つけたことからヴァイオレットの足跡をたどる旅にでる。それと並行するように描かれるのがヴァイオレットのその後本編。

少佐の消息であったり、それでふたりがどうなるのかというのは、少しあっさりしていた。そこへいたるまででまたひとり死期を待つ少年の手紙代筆とそれにかかわる物語が主題。

すでに電話機が少しずつ普及しはじめるという時代設定で、いずれ郵便は廃れるのではという背景が冒頭から語られる。今のこの時代、すでにして電話すらも廃れつつある。そして、だからこそ繰り返しささやかれる手紙の効用。

少年の死をピークにして少佐との邂逅は本当にややあっさりともいえる展開。もちろん、それでよいのだとは思うものの、もう少しふたりのその後についてみたかった気持ちというのもある。

語り部となったアンの孫娘の旅路の終わりはヴァイオレットが晩年まで過ごすこととなるエカルテ島。そこで郵便業務を最後まで続けていて、今では切手のデザインにもなっているという設定。この切手、郵便局でオリジナル切手として作ったらよかったのになあ。ふみの日とのコラボレーションとしては一級品になるのではと思うが、そういうことはなかったようだ。(過去の記念切手履歴にはない)

文字だから伝えられることばがある。それは事実でもあるが、できればもう少しその後ヴァイオレットの幸せな姿もまた見てみたいなと思いつつ。

今後単品で入手することはできないかもと ULTRA-HD 同梱で購入したものの、これを見る環境はないので、はたしていつになることやら。

 

| | コメント (0)

「少女終末旅行」テーマ曲、サウンドトラック CD を買った

今更ながらアニメーションに感動して、怖いものみたさもありつつ原作を読んで結末を見てしまい、そして音楽にも手を出してしまった。いや、後悔なんてないのだ。

テーマ曲としてはオープニングとエンディングとしてシングルが 2 枚でていて、さらに作中音楽のサウンドトラックが 1 枚(とはいえ中身は 2 枚組)。なかでも「雨だれの歌」を全部聞きたくて買ってしまったといっていい。

オープニングテーマもエンディングテーマも軽快さと明るさがあって終末旅行という悲壮さはあまり感じられない。なんだか楽しそうですらある。もちろん、それだけであるはずはないのだが、映像的にはむしろ、あえてというくらいに明るさをもたせているように思う。

一方で作中の挿入歌として使われる(時としてエンディングテーマとしても)「雨だれの歌」もまた心地よいリズムが楽しそうでありながら、その歌詞をよくよく味わうと、この世界の終わりにたったふたりとなってしまったであろう切なさや悲しさまでも漂う。それを知りつつもせめて前向きに生きていこうという強い意志も感じる。そんな歌。

雨だれのリズムが次第に音楽へと移り変わるそのアレンジもまたすばらしく、つい繰り返してしまう。

サウンドトラックも全般にやさしい感じのものが多く、悲壮というよりも静謐という感じが強くて癒される。切ない物語であるのにも関わらず、静かな暖かさにあふれていてなんとも午後の日差しに心地よい。

チトとユーリの未来が少しでも幸せなものでありますように。ふと、そんなことを思ってしまうくらいに。

 

TVアニメ「 少女終末旅行 」オープニングテーマ「 動く、動く 」

 

 

TVアニメ「 少女終末旅行 」エンディングテーマ「 More One Night 」

 

 

TVアニメ「 少女終末旅行 」 オリジナルサウンドトラック

 

 

| | コメント (0)

「少女終末旅行」(コミック)

アニメ放送時だったのか録画しつつ途中から見ていて、結局最後までは見ていなかったのかもしれない。ちょうど生活がいろいろ大変な時期でもあったので。

幸い今回 GYAO! で配信があったのであらためてはじめから見ることができた。とてもよかった。ほぼチトとユーリのふたりしか登場しない終末の物語。時に喧嘩しつつもお互いの存在がとても大切でありがたく思っていることがひしひしと伝わってくる。そんな作品世界がとても気に入った。

原作漫画は 6 巻で完結しているという。見たところアニメ化されたのは 4 巻までのようで、連載中だったこともあってちょうどそこが折もよかったようだ。実際アニメの最後は十分によい終わりだった。

それでもその先が気になったので全巻購入して読んでみた。

アニメは原作者のつくみずさんがシナリオ監修もされていることからほぼ原作に忠実に作られているようだ。各話最後のおまけイラストまで取り込んで。そこに動きがつき、音楽がつき、セリフがはいればもうこれ以上はない。

そして結末。世界観も、途中の描写、展開もそれを予兆させてはいたはずなのに、なんとも切なくて泣けてしまう。けれどもふたりのお互いを信じている暖かさが最後まで作品を包んでいて救われる。

この世界は少しずつこの未来へ進んでいるのではないのか。その時に、自分はどう生きられるのだろうか。「少女終末旅行」は哲学。そう思う。

原作未読だったときには、ぜひとも残りをアニメ化してほしいと思っていた。そういうファンは多いようだ。けれど、この結末をアニメ化してしまうのは、なんとも悲しい。できればアニメはあのままの終わりでおいてほしい。チトとユーリのためにも。そんなふうに思ってしまう。

 

 

少女終末旅行 全6巻 新品セット

 

| | コメント (0)

「エロマンガ表現史」

なにやら英語版が出版されるとかで、この手のは買っておかないと絶版になるかなと思って買ったみたのだけれど、今年 12 刷りがでているというくらいには増刷されているらしい。杞憂か。

内容的にはそこまでという感じはないものの、すべてとは言い切れないものの一通り古い作品までさかのぼって調査をしているところは評価できる(土台、全部を調べるなど不可能に近いのだろうし)。

ただ、考察そのものはそこまで深いとは感じないのはある。なるほど、そういう手法が生まれて広がって変化してってことが系統的に知れるという以外には。

あと、校正があまり機能していない。余計な文字がはいったままだったり、必要な文字が抜けていたり、誤変換されたままだったり。まあ、太田出版というのだからそんなものかもしれない。

類書が少ないので貴重とはいえ、まあ、どうしてもということではなかったかという印象も。

 

エロマンガ表現史

 

| | コメント (0)

「青春ブタ野郎はシスコンアイドルの夢を見ない」

シリーズ 4 作目は、はれて恋人となった麻衣さんの妹でかけだしアイドルの回。大好きだった姉なのに次第に同じ芸能活動をするうちにいつしか比べられていると感じてしまい、なにかとそつなくこなす姉・麻衣への引け目と嫉妬を感じてしまう妹のどか。そんなこんなが高じてか、家出のように姉のところに泊まりにきた翌朝、気が付くとふたりの姿形が入れ替わっていたと。

やむなくお互いに相手のふりをして生活することにするも、麻衣のほうははじめてのこととはいえ、努力でなんとかこなしていってしまう。妹のほうはといえば、むしろプレッシャーにおしつぶされそうで、CM 撮影で撮影中止を起こしてしまう。

お互いに本当は好きだし、尊敬もしているのにいまひとつ素直になれずにわだかまりを消せない。結局、咲太が間にはいるような形にならざるをえずに、それもいささか不条理な応対で。

再婚相手の子ということで異なる母親をもつふたりのわだかまりの原因や、それをとかしていく過程がいじらしい。わかっていてもなかなか行動に、ことばにできないのが人の常というもので。

そして次はシリーズでも屈指の切ない回へと。

 

青春ブタ野郎はシスコンアイドルの夢を見ない (電撃文庫)

 

| | コメント (0)

«「青春ブタ野郎はロジカルウィッチの夢を見ない」