「これからのヴァギナの話をしよう」

たしか年末年始頃の新聞、読書欄でおすすめみたいなのを載せていた中にあった。いささか直接的なタイトルなのでそれだけでなんとなく敬遠してしまいそうなところはある。

たぶんそれは性別や年齢に関係なく「性」に関することというのはなんとなくそういう気分になってしまう。が、それこそが問題の本質を隠しているのだというのが本書といってもいい。

著者は身体上の性別として女性であり、精神的なそれもまた女性であり、自身子供のころから特段の性教育というものを受けていなかったなと記している。初潮を迎えたころからの経験などをまじえつつ、女性というものがおかれてきた立場であったり位置であったり、それをとりまく社会であったりを一方的な視点だけで語るのではなく、多角的にとらえるように常に配慮して書かれている。

男であろうと女であろうときちんと「性」について学んだり、考えたり、それを誰かと話したりということは、考えてみると実に少ない。というかほぼない。誰にでも基本的にかかわることであるにもかかわらず、実はよく知らないしなんとなくですませている。なんとなく話すこと、知ることがいけないことのような意識が誰の根底にもある。

けれど、それでは社会にはびこる多くの問題はいつまでも解決されないままだと。ヴァギナを持つ女性は一生の間の多大な時間を生理とともにすごさなくてはならない。その状況は人によってもさまざまであるし、時によってもさまざまで本当に一様でないことをいろいろな資料をもとにまずは描き出す。

それは、男にとってはじめて知ることだけではなく、女にとっても同じことなのだと。誰かとそれについて話すこと、比べることなどまずないので知りようもない。今のようにインターネットが広く普及したからといってそこから得られる情報が、本当の意味で正しいとは言えないし、それはごく一部の偏った情報でしかないかもしれない。けれど、なんとなくそうした情報でわかったようなつもりになってしまい、そうでない自分を恥ずかしく思ってしまったりする。

それは間違いだと。まずはきちんと知らなくてはいけない。それは、性別やヴァギナの有無とは無関係にすべての人において大切なことなのだと。

もちろん、そんなことを知らなくても、話などしなくてもヒトは、何千年という年月を引き継いできたのだから、問題ないのだという考え方もあるかもしれない。けれど、その陰でつらい思いをしなくてはならない人が多数いる、負わなくてもいい念におしつぶされる人がいる。あきらめて我慢している人がいる。けれど、本当にそれでよいのだろうかと。

繁殖は必要なこと。だからセックスは我慢することでよい、というのは違う。それこそ、どこぞの議員が言った「女は産む機械」という間違った優劣思想だ。

いまだまっとうな性教育が実現できない社会にあって、ともかくもこの書くらいはすべての人が読んでかみ砕きわが物とする必要があるのではないか。子供も大人も老人も若者も、もちろん性差も関係なく。

さすがに小学生にはもう少し違ったテキストが必要かもしれないが、高校生くらいであれば文句なく本書を必修テキストとして授業してよいのではないかと思う。男も女も。

著者のよいところは、自身の体験も赤裸々に語っているところ。そして、一方的な思い込みによる誘導ではなく、どちらがよりよいだろうかとたえず考え続けている視点。

なにより、遅れていると思っていた日本と世界のレベルが、そう違わないという認識を得るのは、大いに驚きだ。

まずは、ここからはじめたい。

これからのヴァギナの話をしよう

| | コメント (0)

「うかる!基本情報技術者 午前編・午後編アルゴリズム」を読んだ

 仕事もなくなって時間はできたので少しは学ぶということもしようかということで読んでみることに。実際に試験を受けるかどうかはわからない。なにしろ、今になって資格をとったところで就職にいかされるという歳でもない。昔むかしに前身の試験を受けてみようかと思ったことはあるものの、結局そのままになってしまった。まあ、普段から使っているのだから一度くらい基礎を学んでおいても損はあるまいというくらいの気持ちで。

 午前編はどちらかというとすでに知っていることも多かった。マイコン時代から触っていた人であれば、自然とそうした知識であったり経験といったものが蓄積されているのだなという感じ。もちろん、試験として出題されて、それをきちんと正解できるかどうかというと、そこはまた違っていたりもするので完全にできているとはいいがたい。

 午後編・アルゴリズムも基礎的なアルゴリズムなので、プログラムを書いた経験が少なからずあれば(とくに先述したようなマイコン時代という不便な時代を経ていれば)おのずと経験したことのある部分は多いので、初学者よりはずっと理解はたやすい。難を言えば疑似言語の読みにくさかもしれない。実際試験にも使われているようではあるし、このあたりは如何ともしがたいところなのか。

 それでも、かつて岩波書店からでていたシリーズのアルゴリズム編は、もう少しわかりやすさを重視した日本語による疑似言語だったのでよかったか。加えて、午後編は脱字などが多くて非常に読みづらいところがあった。ちょっと多すぎる。校正不十分としか思えない。

 紙数の都合もあるので贅沢はいえないが、アルゴリズムについては「数学ガール 乱択アルゴリズム」(結城浩、ソフトバンククリエイティブ)もあわせて読むとむしろ理解が深まるのではないかという感じ。数式を通してクイックソートとかのアルゴリズムを理解できる。

 まだ、通読しただけであるし、試験についてはわからないので、この本がよいかどうか、おすすめかどうかということはなんとも言えないけれど、とりあえず基礎知識を読むという点においては必要十分かもしれない。いずれ、再読して理解を深めることができればとも。

うかる! 基本情報技術者 [午前編] + [午後・アルゴリズム編] 2021年版 2冊セット

| | コメント (0)

PC を初期化した

使い始めて 4 年になる PC 。初期と比べたらやはり起動に時間がかかるようになっていたとはいえ、さすがに 10 分もかかるようになってしまうとちょっと問題だ。

原因としたらその間にアップデートが繰り返されていることで余計なものが残ってしまっているということなのかもしれないけれど、ことに 20H2 にしてからはついに 10 分あまりかかるようになってしまったのでこれはよろしくない。

ということで思い切って初期化することにした。

データバックアップをあらためてとって、必要な設定もいくらか保存したりしてから初期化をはじめる。初期化の準備にしばらく時間がかかった。最終的にはインストールが終わってというところまでで 3 時間ほど。ただ、以前の感覚でそこからようやく Windows Update と思っていたのだが、いきなり 20H2 だったので助かった。

余計なものはないので起動も実に早い。データを戻したり、プログラムをインストールしたり、いくつか設定を直したり。むしろ、そうした作業のほうが手間をとったかもしれない。

ただ、この 4 年の間に試しにインストールしたり削除したりといった痕跡がきれいさっぱりなくなったので、ディスクスペースも広くなったしなかなか快適にはなった。ことにはじめから 20H2 をインストールしてくれるのはありがたい。

PC そのものの寿命的なものを除いても、さすがに使い続けるといろいろゴミが残ったり予期せぬ不具合が発生する余地が生まれるかもしれないので、数年おきくらいに初期化するというつもりのほうが快適なのかもしれない。

| | コメント (0)

「IPv4 接続中」になってしまう

IPv4 で接続中

ADSL サービスが来年で終了というので光に変更した。IPv6 サービスは無料だが申し込みが必要ということで、一応申し込み。

今年は新型コロナウィルスの関係で在宅勤務などが増えたこともあってか、新規に光回線の工事を申し込むとかも多いのか、ともかくも工事までひと月くらいかかるという状況らしい。

というのを経て無事に開通し、IPv6 対応無線ルータをつなぐと特に問題なく v6 接続ができた。

ところがこの頃になってふと見ると「IPv4 で接続中 v6接続するには」という表示がニフティトップページに表示されるようになってしまった。これまでは「IPv6 で接続中」だった。

機器設定をやり直してみたりもしたのだが、ダメ。二日ほどその状態が続いたのでニフティに連絡したところ、v6 サービスの登録・解除を代理でやる了解を得て調査したいとの返信が。

が、問い合わせた翌日になったら IPv6 接続できていて、そんなときに返信メールがきたのだった。ということで、このままいくならまあよいかと思ったのでその旨をいったん連絡。

と思っていたのになぜか今日になったらまた v4 になってしまった。なんだろうねえ(^^; やむなく調査を再依頼したところ。

回線としてはつながっているので困るということではないのだけれど、無料とはいえ申し込んだサービスが安定していないのは、あまり心地よくはない。局舎とかのほうでの問題なのかしらねえ。

| | コメント (0)

炊飯器を新しくする

 実はまだ壊れたわけではなく、使える状態ではあるのだけれど、毎日使っていて使えないと困る状況になるのでそろそろということで買い替えることにした。

 

 実のところ購入から 10 年あまりにはなっており、内釜の塗装もかなりはげてきている。内蔵の電池はとうに切れていて、毎度時計合わせをしてタイマー予約していた。

 

 仮に壊れても一日くらいなら鍋で炊くとか、パンやその他で済ますということも可能であるものの、次第に最寄りの家電店とかも不便になるこのごろ、買い替えるといってもすぐ間に合うかどうかも微妙。まして、三合用などというのは通年ではあまり置かれなかったり種類も少なかったり(なかったり)。

 

 ということで、まだ使えるうちにこのあたりで新調。これまでは安いマイコン式だったのだけれど、たまにはとちょっと奮発して圧力 IH にしてみる。使用感としては特においしくなったという風ではない。圧力鍋式なので炊飯の佳境にはいると「ゴボゴボ」と音がするので、使用状況や人によってはうるさく感じるらしい。

 

 炊飯時間はやや長めかもしれない。また、圧力がかかるのでうち蓋の構造が丈夫になっていてやや重い。ということで、次回は圧力鍋でなくてもよいかなとも。

 

 古い炊飯器は念のために予備として残してある。運よく長持ちすれば次の 10 年後の買い替えでめでたくお役御免ということにしようかなと。

 

 タイマー予約が楽になったのは実にありがたい。

 

 昨今の家電はおおむね 10 年くらいが買い替え時という印象であるし、日進月歩が激しいので省エネだとかいろんな技術的なメリットとしてもそのくらいで買い替えるというのが、おそらく正しい方向なのだろうなと。もちろん、懐具合との相談ではあるのだけれど。

 

象印 圧力IH炊飯ジャー(3合炊き) ブラウンZOJIRUSHI 極め炊き NP-RL05-TA

| | コメント (0)

«ようやく手回し充電式ラジオを用意した