世界線を狂わせてしまった響け!3期の罪

 「響け!ユーフォニアム」三期、久美子三年生編のアニメが終わった。最後に大いなる改変があったのでやはり書いてはおこう。

 アニメの 12 回と 13 回は基本的にほぼ全部がオリジナルといっていい。原作では、このあたりはほとんど触れられていない。全国大会当日の様子は真由が写真を撮るとか、金賞が取れたとかいうことがあっさりと数ページで書かれているだけ。二話使うほどのないようはまったくない。

 まして、12 回のようにユーフォニアムの最後のソリストをみなで決めるということはない。いつものように顧問たちが選抜して久美子が選ばれる。アニメでは真由にしてしまうし、しかもそれが麗奈の決定で決まるという展開。

 原作未読であったり、原作は読んでいるけれどという層でも、現実的な展開として感動したというような肯定的な意見は多くみられた一方で、ここを変えてしまってはこれまでの物語を全否定するようなもので、どうして変えてしまったのかという意見も一部にはみられた。

 個人的には麗奈というキャラクターからすれば真由を選ぶという展開もありだと思う。ただ、その場合の展開は花田さんの理解とはだいぶ違うものだ。

 麗奈は他人に厳しいだけでなく自分にもとても厳しい。それでいて人一倍甘えん坊なところもある。まっすぐだがまっすぐすぎるところがある。三期でも進路のことになって久美子が音大方面に行かないことをひどく気にしていて、再三こだわる場面が描かれる。ここは原作にもあるところだ。進学先はもちろん方向すら違ってしまったら、もうこれまでのような友達関係でいられないのではないかという不安に常にさいなまれている。(そもそも自分は海外に行くということを隣に置いて)

 久美子はそんな麗奈に、そんなことはない、自分たちは大丈夫だと伝え続ける。その時は、ホッとするもののそんなやりとりは何度か繰り返される。麗奈はそういう性格の女の子だ。

 また、実力としては確かに有能な真由の演奏についても、自分と真由とどちらがいいのかということについて、「わたしは久美子のほうが好きだけど」と久美子の音に絶大な信頼を置いていることを何度となく口にする。最後は一緒に吹こうねと約束もする。

 しかしながら、最後のソリの投票の際、まったくの同数だったという展開にして、最後の一票を麗奈に決めさせるという展開をとる。麗奈にはどちらが久美子の音だったかはよくわかっている。それでいてあえて真由を選ぶ。久美子との約束よりも、たとえわずかでも金をとる可能性が高いと思える、あるいは思いたい真由を選ぶ。滝のために。

 結果、久美子よりも滝を選んだという形になり自責の念にかられてひとり先に帰宅してしまう。その後、大吉山で久美子と再開させての展開は、一期の大吉山の逆再現をしたかったのだろう。(さらにいえばその再現のためだけにおぜん立てを考えたともいえるかもしれない)

 けれど、ここでどれほど久美子になだめられても、久美子のくやしさと部長としての矜持の強さを思えない麗奈ではないはず。ますます自責の念を強くするのが麗奈というキャラクターであるはずなのだが、どうも花田十輝さんのそれは違う。

 すぐに従来の関係に戻って一緒に笑顔で写真にも収まるし、滝を好きだといったからと仕返しのいたずらをするくらいになっているのは、どう考えても麗奈ではない。本来の麗奈であれば、当日までずっと引きずってしまい、久美子のことを避けているような女の子だ。実際、滝の奥さんの話を橋本から聞いていたのに話してくれなかったと怒ったときには、しばらくひとりでぷんぷんしていてあってもくれなかった(理由もいわずに)。そういう子だ。

全国大会本番直前、滝を好きだと言った意趣返しをする麗奈。響け!3公式

 それがすぐに元通りで完璧な演奏を当日してなどありえるわけがない。現実的な展開というのならば、むしろ麗奈がいつもの実力をまったく発揮できずに銀はおろか銅賞どまりだったという展開のほうがふさわしい。

 そうしてそれは麗奈に二重の意味で枷をかしてしまうことになる。久美子を裏切ってしまったこと。にもかかわらず滝へも金賞を与えることができなかったこと。これはもう立ち直れない。

 仮にここは金賞はとったという展開に戻したとしよう。けれど、久美子と一緒にではなかったことの取り返しのつかないという思いはますますつのるだろう。金はとれた。それは確かにうれしい。けれど、なにか違う。そう思うはずだ。滝への思いははたせたが、もっと大事な久美子との友情にひびをいれてしまった自分にますます思い詰めてしまうのではなかろうか。

 結果、大会後引退してからは久美子とは距離を置くようになるだろう。クラスは違うので普段会うことはほぼない。部活ももうないのだ。そうして年が明けたくらいに誰にも告げずにアメリカの留学先に向かってしまうくらいはある。卒業式にももちろん戻ってなどこれない。どの顔をして戻ればよいというのだろうと思い詰めるだろう。(「みんなの話」には次期幹部を決める話その他があるが、それら一切も不可能な展開になってしまう。そこに麗奈が以前のようにいるから)

 そうこうして麗奈とだけは音信不通のまま 2024 年春を迎えることになるほうが、よほど現実的な展開だと思うのだが、それは改変というものだろうか?

 さらには、改変したことによって、では真由の抱える問題についてしっかりとした解決がなされたのかというと、そんなことはまったくない。一年生編のときのあすかのようなことでもない、香織と麗奈のときのようでもない。12 回 13 回とまるまる二話分オリジナルだったので時間がなかったとはいわせない。むしろ、どう収めてよいのかわからなかったというしかない。原作でもそうだ。そのあたり真由の面倒な性分はそのままで終わる。

 そこが、もしも描かれているなら真由に変更したことはそれなりに意味があるだろうが、そうしたことがないままではなんのために変更したのかがまったく見えてこない。決定の際の久美子の最後のことばで救われたのだといいたいかもしれないが、あまりに弱い。

 そもそも、これはフィクションなのだ。現実的な展開を優先するのではなく、理想をつめこめばそれでよいのではないか。まして、社会派のノンフィクション的な映画というわけでもない。苦楽はあれど高校生活というものをフィクションしたアニメーションなのだ。最後は理想的なおとぎ話でなにが悪いのか。

 努力は報われなかったが結果オーライなのだといってよいのだろうか。この展開で久美子と麗奈のしあわせな現在は思い描けない。先のような音信不通の今しか、少なくともわたしには思い描けない。そのくらい罪深い変更を作品スタッフはしてしまったのだが、そういう認識などないのだろうな。

 京アニにしては、2019 年の事件によって多大な人材を失っており、いまだ一期・二期のような作品クオリティーは出せないためにこうなったのではないかという意見も見聞きする。それは、確かにそうかもしれない。最終回の演奏シーン。もう少し演奏風景が作画されるかと思ったら、これまでのシリーズからの回想カットばかりだった。それくらい技術が不足していると見る向きも正しいのかもしれない。

 けれどおよそ 10 年にわたった大きな作品。多大な評価を得ていた作品の最後がこれでよかったと本当に思っているのだろうかと。今できる最善がこれだと胸を張って言えるのだろうかと。技術的なことは置くとしても、作品としてこれでよいのかと。

 幸せな世界線を破壊してしまった責任はだれも感じていないのだろうかと。

 原作者の武田さんは、別物として楽しんでもらえたらというようなコメントをされている。では、これまではなんだったのだろう。これまででもっと大きな変更がされなかったのはなぜだろう。最後の最後、尺的なものもあり、また原作ままだけではつまらないのでなにかやりたいという変な欲のために下手な改変がされたということではないのだろうかと。

 なんともやりきれない。

 個人的にアニメ三期は封印するしかない。原作の追加で発売された短編集で少し正しい歴史の余韻にひたるくらいしかできそうにない。

 どこかよその制作会社で、まったく別のスタッフで、いちから作り直してくれないものかと切実に思う。リメイクばやりではないか。端折られてしまった二年生編も含めて、どこか意気のあるところで作り直してはくれないものか。

 少なくともこれは、わたしが見たかった響け!シリーズの最後ではない。久美子と麗奈がほんとうに素直に抱き合って金賞を喜べる、そういう展開の最後をアニメーションで見たかった。

 そう切実に願ってやまない。

 残念ではあるけれど、今後の京アニには以前ほど信頼は置けないし、花田十輝脚本作品ということならば見ることを遠慮することになると思う。ご本人もオリジナル楽しいといわれているので、今後は原作ものはやめてオリジナルだけにしていただくのがよいのではないかと。「小市民」シリーズが他社になったのもよかったと今なら思える。(あ、立華編もよそでお願いしますね。間違っても劇場版総集編とか言い出さないようにもお願い申し上げます)

 

追記:

 そもそもでいえば大人である顧問の滝が責任を放棄しているというのも問題で、一年生のときの麗奈と香織の問題は、当時二年の優子が滝にいちゃもんをつけたことを発端に希望者にはもう一度全員による投票で決めましょうと言わせたもの。基本的に責任を放棄したものではない。それを生徒にはじめからおしつけてしまうようなオリジナルの展開はそもそも無責任。

 このタイミングで発行された「みんなの話」を読み進めていたら、そこには本当に見たかった世界線があった。全国大会終了後のバスを待つ空白時間。奏の元にやってきた真由との短い会話を描いた掌編。そこに真由の心のうちがようやくといっていいほど描かれ(その前にも以前の真由の体験の短編もある)、そしてようやく奏が「真由先輩とお呼びしても?」という件が描かれる。真の和解。

 けれど、アニメの世界線でそれはありえない。あったように描かれたエンディングはまさか妄想の世界だ。続く、顧問たちの慰労会。次期幹部を決める短編たち。いずれもアニメの世界線ではありえない展開。もう、そこにこうした物語は描けない。麗奈が久美子と一緒にいるという世界があの世界ではもう想像できない。想像したとしたらそれは妄想でしかない。それは先に書いたとおり。

 まして、卒業旅行なんて。世界を狂わせてしまった責任は重い。

 だからこそ、今少しだけこの短編集に救いを求めるしかなさそうだ。

 

|

4. ゲーム(本体、セーブデータ)のバックアップ・リストア

 CMA が使えないとなればゲームのバックアップなどは VitaShell を介して行うしかない。

 NoNpDrm を利用する。

 https://github.com/TheOfficialFloW/NoNpDrm

 ux0:tai/ 以下に nonpdrm.skprx ファイルを置いて、ux0:tai/config.txt の *KERNEL 項目として定義を追加。

 再起動ののちに一度それぞれのゲームを実行して偽ライセンスファイルを生成する。

□ バックアップ

 NoNpDrm 使用中であれば偽ライセンスファイルができているはずなので、基本はそのままコピーするだけ。

 ゲーム本体:

ux0:app/TITLE_ID 以下をフォルダごと

 ライセンス:

ux0:license/app/TITLE_ID/6488b73b912a753a492e2714e9b38bc7.rif をフォルダごと

   6488b73b912a753a492e2714e9b38bc7.rif を work.bin とリネームコピーしたものを、

   ゲーム本体の TITLE_ID/sce_sys/package/work.bin として置く

 セーブデータ:

ux0:user/00/savedata/TITLE_ID/ 以下の data.bin, system.bin を△メニューの「複合化して開く」でコピー

   エミュレータで利用したりしないのであれば、複合化せずにそのままコピーでも可

 

□ リストア

 ゲーム本体:

ux0:app/ 以下に TITLE_ID フォルダごとコピー

   Vita3k のデータを上書きしたいときには、VitaShell で△メニューから「複合化して開く」を選んで開いてからペーストする


 ライセンス:

ux0:license/app/ 以下に TITLE_ID フォルダごとペースト


 セーブデータ:

エミュレータでデータが変更されているデータを戻すのであれば、
ux0:user/00/savedata/TITLE_ID/ 以下に data.bin, system.bin を△メニューの「複合化して開く」からペースト

   バックアップまま(暗号化されたまま)を戻すのであれば、そのまま上書きで可

 

| | コメント (0)

3. Video, Music, プレイヤーとしての PSVita

 もはや本体もゲームソフトも新規に発売されることは基本ないので、ビデオや音楽プレイヤーとしての位置づけというのは案外正しいかもしれない。

 ことに SD2Vita カードを使用していれば容量にはそこそこ余裕ができる。

 ただし、メディアファイルを本体に転送するには、基本ソニー謹製の専用ソフトウェア(コンテンツ管理アシスタント(CMA))が必要。変革導入機では使えない(そもそも Windows11 での検証がされておらず、実際インストール不可能だった)。クロスプラットフォームとして開発された homebrew アプリの QCMA もあるが、こちらにしても PSN アカウントが必要。

 専用ソフトを使用して本体の SQL データベースに情報を登録しているらしい。このため、単純に VitaShell でファイルコピーしても再生アプリから認識されない。

 ということで現状ある手段で可能な限り快適な環境を用意してみる。

 

□ Media Importer をインストール

https://github.com/cnsldv/MediaImporter

 

□ メディアファイルの要件

 Media Importer で扱えるのは、動画(MP4)と音楽(MP3)ファイルのみ。

 MP4:

  H264 (Baseline, Main, High) AAC 1080p

  (最新ファームウェアでは字幕再生にも対応らしいが、変革を使っているので使用できない)

   (Vita-Media-Player という homebrew が字幕対応をうたってはいるが、アスキー文字を表示するだけなので UTF-8 などには非対応)

  (音声の切り替えにも対応していないので複数音声をいれても無意味)

  (1080p に対応しているが、画面は 540 なので 720p くらいが適当)

 

 MP3:

  ID3Tag は Ver.2.3 で

 

□ 手順

 Media Importer は、動画と音楽とを一括して登録・削除する機能しか持っていない

 が、両方一緒に処理するとよい環境に持っていけないので個別に処理する必要がある

 一度に大量のファイルを処理すると失敗する可能性があるので、少しずつ処理するほうが問題が少ない

 

 1.音楽ファイルを ux0:music/ 以下にコピーする

   (アルバムごとにフォルダ分けしておいてよい)

   (動画ファイルはまだコピーしない。すでに実機にある場合はいったんよそへ退避させる)

 2.Media Importer で登録(×)する

 3.この段階では「曲」に登録されているだけで、「アルバム」「アーティスト」といった情報は登録されない

 4.電源を落としてからセーフモードで起動

   (電源 + PS ボタン + R ボタン の同時押しで起動する)

 5.セーフモードメニューの「2.データベースの再構築」を選ぶ

 6.再起動後にデータベースの再構築処理が行われる。

 7.ミュージックアプリを開くと「アルバム」などにも登録されている

 8.動画ファイルを ux0:video/ 以下にコピーする

   (退避していた場合は戻す)

 9.Media Importer で登録(×)する

   念のために再起動しておくほうが安全

 以上

 

 これで動画は「フォルダ」で閲覧ができるようになる。

 

 動画ファイルを追加するときには、そのまま 9 の実行でよい。

 音楽ファイルを追加するときには、はじめに動画ファイルを一時別の場所に退避させてから手順をすすめる。

 動画ファイルを Media Importer で登録した状態のまま、データベースの再構築を行うとなにも登録されていない状態になってしまうが、データベースには登録されているようなので再度 Media Importer を実行しても何も処理されない。

 音楽を処理してから動画、という順序を守ればそれなりに快適な再生環境が得られる。

 

| | コメント (0)

2. SD2Vita カードの使用

 パッケージゲーム提供メディアである Vita カードを記憶領域として利用するためのもの。

 専用のアダプタが各種でているが、PCH-1000 だけ対応だったりするので確認して購入。

 microSD カードをセットして大容量のメモリーカードのように使える。

 ゲームをまとめていれておいたり、動画などを多数いれておくなら必須。専用メモリーカードは高価で容量もあまり大きくない(現状は中古と中古を流用した怪しい偽オリジナルしかない様子)。

 現状では 400GB まで対応のアダプタがある様子。

 

 詳細は、https://vita.hacks.guide/yamt.html

 

 ・VitaDeploy で YAMT のインストールもしてあれば、あらたなインストールは不要

 ・VitaShell で ux0:tai/config.txt を確認して、YAMT 関連の記載があればおおむね大丈夫

 ・マウント先が ur0: だったら ux0: へ変更しておくこと

 ・SD2Vita セットの microSD のフォーマット

 ・ドライバインストールがまだならインストール

 ・[設定] - [Strage Devices] - [Use YAMT] をチェックして有効に

 ・ux0: => Default    uma0: => SD2Vita それぞれ設定

 ・VitaShell で ux0: の内容をすべて uma0: にコピー

 ・ux0: を SD2Vita に、 uma0: をメモリーカードに設定変更

 ・VitaShell の設定メニューでの USB 接続先として SD2Vita を指定

 ・本体を再起動して VitaShell を起動し、見えている ux0: が SD2Vita 内であれば問題ない

 

 

| | コメント (0)

1. PS Vita + HENkaku (Enso_ex)

 PS Vita 後期(PCH-2000 + メモリーカード 16GB)に HENkaku を導入し、状態維持のための Enso_ex も導入する。

 HENkaku については、henkaku.xyz を参照。

 基本的な手順については、

https://azablog.blog/ps-vita%E3%81%A7henkaku%E3%82%92%E5%B0%8E%E5%85%A5%E3%81%99%E3%82%8B%E6%89%8B%E9%A0%86%EF%BC%88pc%E4%B8%8D%E8%A6%81%EF%BC%89/

 を参考にした。

 全般の作業で注意したいのは、ボタンの意味の認識が海外では違うということ。

   △
  □ 〇
   ×

 黒画面で操作する場合、メッセージを読めばわかるが、ほぼ YES/OK は「×」位置のボタン、NO/CANCEL は「〇」位置のボタン、なので日本的感覚だと逆になるので注意。

======

□ HENkaku インストール

 ・[設定] - [リスクのあるユーザープログラムの有効化] をチェックして有効化

 ・[deploy.psp2.dev] へブラウザでアクセス

 ・Unlock My Vita

 ・Unlock

 ・Install HENkaku

 ブラウザ作業終了

 バブル(アプリの絵などが描かれた円)のなかから VitaDeploy を探して実行(おおむね一番下のほうのライブエリアに配置されたはず)

 ・[App Downloader] で [VitaShell] にチェックをいれて [Download the selected apps]

   (ほかの YAMT などもろもろ一緒でもよいのかもしれない)

   (SD2Vita を使いたいなら YAMT は必須)

 ・[Install a defferent OS] -> [Quick 3.65 Install]

 

 以下は [設定] バブルで

 ・[設定]-[HENkaku の設定]-[偽装バージョンの確認]

 ・3.74 と設定

 ・[設定]-[システム]-[システムソフトウェアのアップデートファイルをダウンロード] のチェックをはずす(アップデートさせない)


□ ENSO インストール

 デフォルトでは、再起動すると HENkaku の設定を引き継げないということで、それを自動的に継続させるツールが必要。h-encore なども同様のものらしいが ENSO を利用。実際には enso ではうまくいかなかったので enso_ex を使用した。

 ・https://github.com/SKGleba/enso_ex/releases/tag/v5.0 から enso_ex.vpk v5.0 をダウンロード

 ・VitaShell から enso_ex.vpk をインストール

 ・ライブエリアの enso_ex を実行

 ・YES は [x] ボタンであることに注意

 ・ur0:tai/ のすべてを ux0:tai/ に vitashell でコピーしておく

 ・ux0:tai/config.txt を開き、ur0: => ux0: に変更しておく

 ・再起動して起動画面で PS マークと PlayStation ロゴが出るようであれば、まず機能している

    (PS マークのみの場合は、最新ファームウェアである可能性)

 ・[設定] - [システム] - [システム情報] で [システムソフトウェア 3.65 変革-2] と表示されていればきちんと機能している

 

 システム情報で「3.73」などと表示されている場合(変革は機能していて VitaShell も使えていたりはする)、起動に使っている ux0:tai/ に各種ファイルがなかったり、あってもドライブ指定が ur0: である可能性がある。

 ur0:tai/ をまるごと ux0:tai/ にコピーした上で、tai/config.txt 内のドライブ指定を ur0: => ux0: に変更しておくほうがよい。

 

| | コメント (0)

「響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部のみんなの話」を読んだ

 アニメ三期が最終回を迎える直前に、その三年生編の空白を埋めるかのような短編集が発売になるという絶妙のタイミング。

 とはいえ賛否はあろうけれど、個人的には世界を破壊してしまったのでもはやアニメではありえない世界線が続く世界の物語で、ある意味こうあるべきであった真実の物語たちがそこにあった。

 新一年生のある意味お騒がせ四人組の物語であったり、緑によって素直に成長した求の物語であったり、大学生となったなかよし川のぞみぞの遅い夏の物語があったりとバリエーション豊かだ。

 重要なのは、たとえば奏と真由の掌編だったりする。はじめから真由のもつ不穏な空気に敏感だった奏は終始真由から一定の距離を置こうとしているわけだが、そのあたりのわだかまりがきちんと解消されて「真由先輩とお呼びしても?」と言わせるまでを描く。

 全国大会でのユーフォソリが久美子になったからこそ描けた掌編であり、真由の生い立ちを描いた短編と合わせると真由自身の悪意のない悪意とでも呼ぶべき性格や行動と含めて、すべてがしっくりと氷解していくさまがある。

 アニメ三期の結末にファンが求めていた本当の展開は、これだよなあとあらためて残念に思う。一度、あのような改悪をしてしまったら、とってつけたようにこれらを導入してもそれはどうみても嘘にしかならない。本心の物語にはどうしてももう見えない。上っ面だけとりつくろって見せているだけにしか見えない。

 けれども、ここには、正しい幸せな世界線が続いている。

 次の部長ほか幹部を決めるという短編群。もちろん、麗奈も一緒だ。けれどもアニメの展開ではたしてそれが実現しうるだろうか。アニメスタッフとしては何の問題もなく実現できるという考えのようではあるが。

 まして、卒業旅行をかねての沖縄での演奏遠征の中編をどうあっても想像できない。

 たぶん、原作の奏であれば、仮にアニメのような状況になっても久美子に泣き顔を見せたりしないのではないか。すっかり久美子べったりになった奏ではあるが、香織に対する優子のそれとはたぶん違う。

 最後にはすっかり、いやもともとそうであったのであろう副部長としての奏がそこにいる。

 もはやアニメ世界線では描けなくなってしまった世界のしあわせな未来も過去も。

 むしろ、こうした短編群を今後も適宜書いてくれたら、原作ファンは報われるかも。

 

響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部のみんなの話 (宝島社文庫)

 

| | コメント (0)

«世界線を狂わせてしまった響け!3期の罪