「セーラー服の誕生」

新聞の書評欄で見てメモしておいた本。日本にセーラー服がはいってきたのは、いつ、どのような経緯で、そしてそれはどのようにして広がったのかを調べた本。

著者冒頭のことばによれば、これまで類似の本では十分な調査が行われないままに特定の学校が発祥であると記載されていて、それはまことにけしからんと。まあ、このあたりの件は、それら著者を名指しして結構けんか腰で文句を言っているので、さすがにそれはどうなのかと思ったりはする。

著者は全国にあった大正から昭和初期の女子学校 900 あまりを調査したうえで、結論をだしている。その姿勢には頭が下がるし、なかなかできることではない。

さて、結論的には、大正初期ころまではいまだ着物に袴というスタイルが高女の服装として一般的だったらしい。「赤毛のアン」翻訳で著名な村岡花子を題材とした NHK の朝ドラ「花子とアン」でも学校へ通うはなたちの姿は着物に袴だった。

大正の時代ころから服装改善運動というものが起こり、女子生徒の制服というか学校での服装として着物が本当によいのか、洋服を採用すべきではないのか、といった議論が起きたらしい。

日本全体でどこがはじめというのは決めかねるところはあるようで、全国的活動の早かったところ、あるいは、外国人校長を擁するところなど海外での制服事情に通じたところがまずは導入し、それが広まったというところのようだ。

とはいえ、一気にということではなく、それぞれの地域特性もあってその伝播の仕方はそれぞれに趣きがあるようだ。

ただ、セーラー服になった理由としては、

  • 洋服へのあこがれのようなもの
  • 着物や制服を指定しない場合、家計の裕福な者が次第に華美になっていくことを避けたいこと
  • 安あがりであること
  • 生徒自身の手によって(比較的)縫製がたやすいこと
  • (追記):運動時に着物では不便。

などがあったらしい。

当初セーラー服の導入に否定的であったりしても、実際に着ている姿を目にするとなんとも華やかであこがれる気持ちは強かったようだ。

また、ほかの制服が指定されたところでは、さながらそれがバスガイドの制服のようで、修学旅行先で間違われたり、揶揄されたりしてとても悲しい思いをしたといった証言も多数あったようだ。

セーラー服であれば、そういうこともなく、清楚、簡素でありながら華やかな印象もあったようだ。

また、当初は全生徒が学校備え付けのミシンを共用して手作りしていたが、これは洋裁の勉強にもなり、やがては最上級生が新入生のセーラー服を縫製し、それを入学時に手渡す儀式もあったとか。百合物語にありがちなお姉さまと妹といった関係のはじまりのようなものが、ここにあった。

費用としては、ブレザータイプでは高すぎるし、素人が縫製することはほぼ不可能。セーラー服であれば冬服は別として夏服はシンプルな一枚布なので縫製も簡単。購入する費用の半額以下で手作りできたという。

今もセーラー服のプリーツスカートは悩みの種らしく、アイロンがけが大変らしいが、当時も敷布団の下に広げて寝押ししては学校へ行ったという思い出がいくつもでてくる。襞の数も今に通じるものがすでに決まっていたようだ。

スカートの長さについてはひざ丈くらいに規定されていたが、当時の流行はより長くすることだったという。今はより短くすることが流行というか好まれるようで、その違いも面白い。

そして、そのころから服装規定による服装検査が行われるようになっている。ふいうちで検査して長さを計る、着こなしを確認するといったこと。校則のはじまりといってもよいのかもしれない。

セーラー服の型については、なかなか定まらない。現在も地域による特色が残っているが、当時からということでは必ずしもないようだ。このあたりの系統だった分析はあまりなされていない。

さて、本書全般について。

著者はやや攻撃的な書き方があってそこはあまりよろしくない。冒頭の同業他社への悪口雑言はいささか短慮にすぎる。たしかに著者は膨大な数の資料にあたっているが、個々について考察を述べる段で、はっきりしないことを断定てきに書いている場面も多々ある。少々思い込みがすぎるのではないかという印象はぬぐえない。

また、文章で解説されるだけの各校のセーラー服。ときおり写真がはいるのだが、いつのころのどこのものなのか判然としないものも多く、写真については場合によって掲載の許可を得られないということはあろうが、であればカバーにイラストを用いたようにイラストで比較できるようになっていたら、なるほどそれぞれの学校のもののここが違うのかと一目でわかりよりよかったのだが、とは思う。

著者が所持しているという多くのセーラー服の実物写真が口絵にあるのだが、これもおそらくは著者自身の撮影なのか詳細が判然としない撮影なのでいまひとつわかりにくい。こういうものはやはりプロに頼むべきだったのでは。あるいは、これがプロの手によるものだったのなら、なおのこともう少しなんとかするべきだったのではとは。

都道府県ごとの解説は、実のところ大筋ではどこも同じようなことしか書かれておらず、あまりに退屈してしまったので半分ほどとばしてしまった。どこを開いてもほぼおなじエピソードの羅列なのだ。広がっていく過程や、それぞれの地域による事情そのものはなかなか興味深くはあるのだけれど。そのあたりもう少し編集が欲しかったようにも思う。

とはいえ、これだけ膨大な学校にあたって訝しく思われながらも地道に調査を行った実績はみごとなもので、ひとつの歴史的資料としては十分価値があるとはいえる。ただ、その考察にはさらに多くの人の手や目がはいるほうがよりよいものになるかもしれない、とも思う。

 

 

セーラー服の誕生: 女子校制服の近代史

 

| | コメント (0)

「ALIVE」ClariS リコリコバージョンを買った

物語はもちろん、オープニングもエンディングも気にいってしまって、ついつい CD を買ってしまった。

ノンクレジットオープニング動画はなくてもよかったのだけれど、リコリコバージョンはこれだけなので、こちらを。

で、取り込みましょうかとよませたら、タイトルほかがおかしくなった。

20220809-084633

アルバムタイトルも曲名もアーティスト名も全部違う。

ためしにこの「Honeydrop Miu」で検索しても該当するものが見つからないという恐怖。

ClariS バージョンでどうかはわからないけれど、こちらは型番も違うのであるいはデータベースへの更新がなされていないとか、遅れているとかなのかなあ。

しかたないので手動で修正。

あるいは、本当に中身が違うのかと不安に思ったけれど、再生させると問題はなかった。よかった、よかった。

が、老人には歌詞の文字が小さすぎて読めないという哀しみ。

 

 

ALIVE (期間生産限定盤)

 

リコリス・リコイル関連はどれも人気すぎて一時的に在庫がなくなったり、円盤も早期全巻予約特典付きとかが完売状態だったりしてとんでもないことになっているけれど、この CD も同様で在庫がちょっと不安定。とはいえ今年の 11/30 までは再生産する予定のものなので、人気のほども考えれば、仮に今在庫がなくて買えないと思っても、少し待てば在庫が間に合う可能性は十分あるとは思う。とはいえ、早いに越したことはないか。

さて、円盤をどうしたものか。

 

| | コメント (0)

クルミの PC で動いているもの(リコリス・リコイル)

5 話でそこそこはっきりした画面が映ったのでなんとか文字を拾ってみると、どうやらこれは mac 方面のインストーラらしい。

20220804-200417

 

O/T/com.rq.form-tmpv4J6Xvcb9
/Suite Installer.app/com.rq.shared-assets.zip"

O/T/com.rq.shared-assets-tmpnmqnSpYIG

0O/T/com.rq.particular-tmprLfnaXatN
T/Suite Installer.app/com.rq.form.zip"

おおよそ上のような感じの文字列で、installer.app というのは macOS とか iOS 方面で使われているらしい。

com.rq.xxx.xxx のほうはなんとなく Java っぽい雰囲気もあるのだけれど、検索してみても文字列ではヒットしないので既成のなにかではないのかもしれない。

ただ、まあ、assets とか form とかの zip を展開してもあまりという感じがないではない。

ま、これは雰囲気のための文字列だからあまり細かいことを言ってはいけない。

 

| | コメント (0)

レーザービームプリンターを買った

印刷するといってもおもには年賀状を印刷するくらいで、ごくまれに文書印刷することがあるかないかということでもあったので、世間の認識というかメーカーの認識に違わずに家庭用インクジェットプリンターを長らく使ってきた。

とはいえ、インクジェットプリンターは使える状態になるまでが異様に長いうえに、その作業中にヘッドクリーニングとかノズルクリーニングとかで貴重なインクを使ってしまい、いったい印刷に使われた量と失われた量とどちらが多いのかなどと考えてしまいたくなるほど。

さらには、値段の高さから(インクセット2回分くらいで本体が新調できるという値段設定)互換インクを使っていたものの、透明な容器だったのが幸いして古いものと比べてみると、いよいよインクそのものが節約されてしまい、ますます印刷できる枚数は減るばかり。

これで印刷開始まで延々と待たされ、なんだかよくわからない操作でインクを消耗され、ではかなわない。

ということで思い切ってレーザービームプリンターを買ってみた。

たまたま、大量の文書が必要になる可能性もあり、それをちまちまとインクジェットプリンターでなどやっていたら時間もインク代も無駄遣い以外のなにものでもなかろうというのもあって。

あいにく、新型コロナウィルス時代にロシアによるウクライナ侵略戦争真っただ中という影響もあって、電子機器の調達がきびしくなってきていて、注文当時も二か月待ちということだった。それでもなんとか二か月ほどして入手はできた。いまでは六か月待ちを経ての販売休止中となっている。めどがたたないということなのだろうな。危なかった。

Canon のスタンダードタイプなのでやや動作音はうるさい。値段がちょっとよさめのインクジェットプリンターと同等くらいなので文句はいえない。夜中に使うということでもないし、使う時だけのこと。

テスト印刷したり、必要に応じてなんどか使ってみたけれど、印刷そのものは特に問題もなく、電源をいれたらほどなく使える。スタータートナーとはいえおよそ 1000 枚くらいは使えるということなので、当面そちらの心配も不要だ。

もちろん、替えのトナーカートリッジの価格はそこそこ高い。セットにしたら本体同等くらい。インクジェットプリンターのインクセットとトナーカートリッジひとつが同じくらい。ただ、はるかに印刷できる枚数は多い。というか比べ物にならない。

問題は、個人使用でふだんはまず使わないためにこのトナーがおそらくは数年はもってしまうであろうこと。はたしてそれでトナーの状態が維持されるのかどうかが心配ではある。そのあたりさえ問題なければ、むしろたまにしか使わない個人こそインクジェットプリンターではなくレーザービームプリンターを使うべきなのではないか、とすら思えてしまう。

メーカーとしても個人の家庭で使うということはあまり想定していない感はある。個人事業主とかは別として、家庭ではインクジェットプリンターでしょ、という雰囲気はどうにも強い感じ。トナー問題がないとしたら本当にまれにしかつかわない環境でこそレーザービームプリンターという感じなのだがなあ。

導入に関しての問題として PC との接続問題があまりよろしくない。というか説明不足。

本体を起動してネットワークにつなげるまでは、簡単接続機能があれば対応しているので問題はない。ルーターがちゃんとアドレスを振ってくれる。

で、PC にドライバをインストールというところでプリンター本体が見つからないという状況になる。あとでわかったが、ここは Windows FireWall を一時的に無効にしておくべきところだった。そういう説明はマニュアルには一切ない。それができていればちゃんとプリンターが見つかるので適当なドライバを勝手にいれてくれるのだが、ここでつまずいている人はレビューを見るに多く、やむなく USB ケーブル接続で使っている人も多いようだ。

また、トナーカートリッジはどこのメーカーも無料の回収サービスをしているのだけれど、ユーザー登録したマイページから申し込むことができないというのがなんとも不便な感じ。まあ、まだまだそういう状況はないのだけれど。

さて、とにもかくにもトナーがはたして数年というスパンで問題なく使えてくれるのかどうか、そのあたりが今後の確認事項。

印刷は本当手軽にできるようになって快適。

スキャン機能はないタイプなのでインクジェットプリンターのスキャン機能を使っていて、もはやすっかりスキャナーになりさがってしまった。

| | コメント (0)

リコリコオープニングの 64 秒からが好き

2022 年夏アニメでは、もうこれが一番好きなのだけれど、オープニングのこの 64 秒あたりからのちさととたきなを交互に、それぞれ回り込みさせながら私服姿をいろいろに見せてくれる映像が、本当におしゃれで好き。

作品世界の重苦しさとは違って、今できる精一杯を楽しもうとしているちさとと、少しずつそれに感化されていくたきなの姿にほっとしてしまう。百合とは少し違う。

ガンアクションとかにも手を抜かない姿勢も好感が持てるし、円盤の事前全巻予約が埋まったということにも人気のほどがうかがえるよねえ。

とはいえ、終わってみないことには最終的な判断はわからないけれど。

 

| | コメント (0)

«VLC でほぼ解決した