「青春ブタ野郎はプチデビル後輩の夢を見ない」

「青春ブタ野郎」シリーズ 2 作目。後輩女子、古賀朋絵が引き起こす思春期症候群のおはなし。

麻衣の事件も解決してようやく落ち着くかと思ったら同じ日の繰り返しがはじまる。微妙に違う毎日が繰り返される。ひとり繰り返しているらしい朋絵にたずねるも繰り返してないとはじめは嘘をつく。けれど結局は原因は朋絵にあると分かって解決策を探すが、それは嘘の恋人役を咲太に頼むということで。

人気のある上級生男子から告白されてしまったことで繰り返しをはじめた。クラスの女子グループのトップともいうべき女子が彼のことを好きなのに自分が告白されてしまうとかはまずいという気持ちから。

嘘の恋人作戦はそれなりに成功して、繰り返しは終わったかに見えたが、いよいよ夏休みにはいる(休み明けには別れたことにする設定)というところでふたたび繰り返しがはじまってしまうという事態に。

後輩、朋絵の複雑な女子グループの心の葛藤とか、痛いくらいささってくる展開。青春だね。

「だって、先輩のせいだし」

「理由を聞こうか」

「先輩があたしを大人にしたんじゃん」

「なんか、エロいな」

「先輩って、わかってるくせにいつもそういうこと言うよね。照れ隠し?」

終わりのほうのこういう会話、好き。

 

青春ブタ野郎はプチデビル後輩の夢を見ない (電撃文庫)

 

| | コメント (0)

「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」(小説)

2018/10 から放送のアニメを見てすっかり気に入ってしまい、のちに原作小説のほうを全巻そろえ、その後出た新刊もそろえて、まあ読んだのは 2020 年ころだったわけではあるが、今も続編を心待ちにしている作品のひとつではある。

で、このところ記録をずっとさぼっていたのを思い出したので少し過去のものも順次あげておこうかというところ。細かいところはもはや記憶の霞になろうとしているので、まとめて記録するかとも思ったけれど、諸般の事情によりひとつずつ。

アニメタイトルにもなった一作目は自身の姿が周囲の人間にしだいに認識されなくなっていることに気づいたヒロイン、桜島麻衣が、誰か自分を見ることができる人物を探そうと目立つバニーガール衣装であちこち歩きまわっていたことに起因する物語。

それに唯一気づいた咲太の秘密の一端を知ることになる麻衣と、その現象の意味を知る咲太との逃避行を経ての過激にも思える解決に、青少年ならばワクワクするだろうし、もうすっかりそんな昔のことは忘れた年寄りには、あまりにもむずがゆい感覚とうらやましさとほほえましさを混ぜ合わせ得たような複雑な思いを残していく。そんな物語。

舞台も世界も基本は今この時代、世界。けれど描かれるのはいかにも不条理な不思議な世界。そんな不釣り合いな対比を不自然に感じさせない文章と展開がなかなかうまい。

キャラクターの設定や、入念に練られたより大きな大きなプロット。その大きな渦の中に小さな渦を落とし込みつつ、着実に全体を語り進める技術。SF というべきなのか、ファンタジーというべきなのか、なかなかに難しいけれど、一流の物語というのは間違いないのではないか。もちろん好みというのはある。

TV シリーズと劇場版を使ったアニメーション展開も見事だったが、それはまた。

 

 

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない (電撃文庫)

 

| | コメント (0)

「響け! ユーフォニアム 2 北宇治高校吹奏楽部のいちばん長い夏」

 

アニメからはいったくちなのでようやくではあるけれどテレビシリーズの二期前半を読んだ。関西大会出場を決めて夏の練習が進むなかで、昨年辞めた希美が部活への復帰を認めて欲しいとあすかにかけあう事件から。

その後、夏休みのプールでの出来事とか、花火大会とか、合宿とか、そしてのぞみぞ事件を経ての関西大会まで。

実際読んでみると原作小説とアニメでは少しずつ違う部分は確かにある。ただ、大筋の部分に変更はないし、たとえばのぞみぞ事件が関西大会前日に起きたように原作では書かれているのだが、アニメでは明確ではないが数日前。ここはアニメの変更のほうがなにかと有効に感じる。現に指導の応援にきていた滝の友人、橋本が大会前日の挨拶でみぞれについて「とてもよくなった。なにかいいことあった?」と言う場面が描かれている。みぞれはそれに珍しいくらいの笑顔を見せつつ「はい」と即答する。希美とのわだかまりが解消されて本来の力を存分に伸ばす時間がとれたという余裕がある。原作のほうではその心の余裕が少し忙しい。

合宿のあたりも少し変更されている。眠れない久美子が優子に付き合わされてという場面の描きかたは少し変更されている。ここはどちらがということはさほどない。ほか、いくつかちょっとずつ変化はあるが、概してアニメ化にあたって全体を見直したうえで、適宜場所を入れ替えたりしているものの、エピソードの意味として全体の印象が変わるという変更ではない。より印象的な、効果的な並びを検討した結果という印象。

また、原作では上級生が下級生を呼ぶときにはほぼ名前のほうで呼ぶのだが、アニメでは久美子だけは「黄前ちゃん」と苗字で呼ばれることが多かった。ここはアニメならではの狙いがあったのかもしれない。確かに久美子が主人公ではあるし、ほかの同学年と少し違った印象を持たれているというのはある。

構成や演出を変えるうえで、あるいは一番大きな影響を及ぼしたのは楽曲かもしれない。小説では曲名はあっても実際の音はわからない。アニメではそのあたりを音なしでぼかしてしまう手法もあるいはあったのだろうけれど、京都アニメーションはそうはしなかった。しっかりとオリジナルの楽曲を作品用として用意してきた。そして、その曲にあわせて完璧な運指を作画するという驚異の仕事まで。

実際の音ができたことで、作品に対するイメージというものも大きく影響した部分はあるのかもしれない。二期 5 話の演奏シーンなどは特別な構成にして臨場感まであふれていた。これは小説ではなかなか難しい。逆に、アニメができたことで読み直せば、その音が(あくまでもアニメとしての楽曲ではあるのだが)イメージされてより鮮明なものに変わってくるという効果はあるかもしれない。

さて、ことばの上では少し気になるところはあった。「口端を上げた」と類似の表現が何度かでてきたのだが、おそらく作者は漫画的な表現によくある口の端のほうを上にあげてニヤリとするような表情の意味で使っていたようなのだが、「くちのは」にはそういう意味は本来ない。「口角」というのであれば近いが、やや印象が異なるかもしれない。

プールで希美と話したときの最後で希美が「久美子ちゃん」と名前で呼ぶのだが、名前を教えたという場面がなくて少し疑問には思った。そのときも「ユーフォの子」とか「自分」と呼んでいたのに。仮にそれ以前に夏紀なりに聞いて知っていた、あるいは本人が実は名乗っていたとして、そうであればはじめから名前で呼びかけているのではないかという感じで、やや不思議な感じがする。

 

響け! ユーフォニアム 2 北宇治高校吹奏楽部のいちばん熱い夏 (宝島社文庫)

 

| | コメント (0)

アニメ「魔法科高校の優等生」 11 話のあれこれ

もはやいろいろネタアニメと化している「魔法科高校の優等生」。11 話ではモノリスコード新人戦でノーヘッドドラゴンによる工作のため一校の森崎チームが続行不能となり達也チームが代理として出場というあたりからはじまるが、このあたりは秒殺というくらいに描かれる。さらにはなにやら優等生グループが競技場の点検をしていたので大事に至らなかったなどというオリジナル展開をいれてきたらしいのだが、設定もろもろが原作方面からはかけ離れてしまい破綻した設定になってしまった。

そんな中競技中継映像に「魔法科高校の劣等生」の映像を使っているという話が流れてきたので確認してみた。

「魔法科高校の優等生」 11 話で飛行船についたモニターに映された達也チームの初戦。森林ステージで達也が敵の動きを一瞬封じてから抜き去り、その背後から攻撃をしようとしている相手に対して後ろ手にグラムデモリッションを使おうというところ。

Mahouka_u_11_01_2

一方、アニメ「魔法科高校の劣等生」の 15 話での同じ場面が次の画像。

Mahouka_15_03a

ということで、モニターに使用されたのはこの部分の映像で間違いない。「優等生」の作画レベルからみれば、あきらかにこれを作画するのは不可能。もちろん、了解を得て使用しているのであればそこになんの問題もない。とはいえ、全体を通して素人のようなレイアウトや作画しかできていない今作を見ると、いっそ全部「劣等生」から使ってもらったほうが品質はあがったのかもしれないなどとも思ってしまう。

 

ノーヘッドドラゴンの幹部連中だろうかが集まって密談している場面のモニターに映るマークについても、かなり入り組んだデザインであることからこれもまた「劣等生」のデータをそのままコピーさせてもらっているのかもしれない。

以下が「優等生」の 11 話の画面。

Mahouka_u_11_03_nhd

 

次が「劣等生」の 17 話での画面。

Mahouka_17_01_nhd

 

「優等生」、変なところで原作無視したオリジナルをいれてくるくせに、なぜかこういうところだけは上手に手を抜いているみたいで。ここもオリジナルで独自の解釈をしたらよいのに。

ということで、少しさかのぼって比較してみるかもしれない。深雪のピラーズブレイク初戦についてはいずれ。

 

| | コメント (0)

洋服の前合わせが気になる病。「探偵はもう、死んでいる。」編

Tanmoshi20210724

2021/7 からのアニメ「探偵はもう、死んでいる。」のエンディング。高校生の夏凪の制服姿なのだけれど合わせが右前。私服であればどちらも可というところだけれど女子高生の制服ブラウスで右前はまずありえないので。

余談ながらシエスタの衣装は合わせがわからないようなデザインだし、主人公男子の君塚のシャツはもはやボタンが描かれていないので、合わせ問題無用。とはいえ、登場時は中学生で現状でも高校生なのに、どう見ても社会人にしか見えないそのデザインは、単に大人びているのだでは説明しきれないものを感じるのは失礼だろうか。などとは。

| | コメント (0)

«「せんせいのお人形 7」